40・50代向け海外エンタメ&身だしなみレビューサイト

洋楽と映画&身だしなみブログ

男性シンガー

レディーガガとトニー・ベネット「The Lady is a Tramp」レビュー

今朝たまたまCNNのピアース・モルガンの「トゥナイト・インタビュー」(いわゆるトークショー)を見たら、この人がゲストで出ていた。 実はこれまで全然知らなかったのだが、フランクシナトラを髣髴とさせる懐か ...

【スライ・ストーン】スライの髪型に驚いた!『サンキュー』

スライ・ストーンのン十年ぶりの新作album「I'm Back! Family & Friends」から。 ジョニー・ウィンターをフューチャリングしたというので取り上げてみた。 ジョニーウイン ...

スライの突き抜けた表情にある種の狂気を感じる「フリスキー」

スライ&ザ・ファミリー・ストーンの1973年のアルバム「フレッシュ」からの一曲。 僕がこのアルバムを初めて知ったのは、知人が持っていた一枚のアルバムからだった。 この知人は親しくしていたファン ...

偉大なるアーティスト、デビッド・ボウイの「ブルー・ジーン」と死去の報

84年発表のアルバム「tonight」からの先行シングル。 リリース早々に大ヒットとなったこの曲は、日本のCMにも使われた。(多分ノエビアだと思う) 僕自身がこの曲を始めて聞いたというか、見たのは、例 ...

帝王ジェームス・ブラウンが吠える!「アイ・フィール・グッド」

ジェームス・ブラウン、それは・・・・・・ファンクの帝王、キング・オブ・ソウル、ソウル界のゴッドファーザー、そしてJBを示す世俗の名前。 あらためて説明するまでもないほど、世界的に有名なファンクシンガー ...

「ネバーエンディング・ストーリーのテーマ」を歌うリマールが実は・・・

前々回のコメントで、リマールへの失われた熱い思いを切々と語られた方がおられたので、まずはその方へのオマージュから。 なんだか微妙に単語の使い方を間違えているような気がしますが(オマージュ)、基本的に感 ...

伝説のブルースギタリスト、ジョニー・ウィンターよ永遠に

「魂のブルースギタリスト」 その一言が似合うほど、この人のギターには魂があると思う。 別に音楽に精通しているわけではないので、オープンなんちゃらとかフィンガーなんちゃらとかなどの”それらしい”説明が全 ...

マイケル・ボルトンが聴かせる大人の恋愛ソング「男が女を愛する時」

メグ・ライアンとアンディ・ガルシアが共演した、同名映画のサントラでも有名です。 友人に借りたアルバムで初めて聴き、「なんてアダルトな曲なんだべ!」と感心した覚えがありますね~ 甘く切ない、大人の愛とい ...

チャートを席巻したロビー・ネビルのその後は・・「セ・ラ・ビィ」

1987年にリリースされた、自身の名前をつけたデビューアルバム「ロビー・ネビル」からのヒットシングル。 妙に耳の残るまったりとした、それでいて官能的なこの曲「セ・ラ・ヴィ」は、当時よく聞いていたAMラ ...

キーボードの魔術師ハワード・ジョーンズの意外なる転身

懐かしのハワード・ジョーンズ。 これもPOPベティハウスで見て記憶しているものです。 当時のPVはミュージシャンと作品中の俳優がコラボレートしてるのが多いですね。 このころのファッションなのか、チェッ ...

error: Content is protected !!

Copyright© 洋楽と映画&身だしなみブログ , 2024 All Rights Reserved.