音楽・映画・英語・デジタル・副業・健康情報の総合ブログ

イジ―ルブログ

キーボードの魔術師ハワード・ジョーンズの意外なる転身

2010年2月8日

懐かしのハワード・ジョーンズ。

これもPOPベティハウスで見て記憶しているものです。

当時のPVはミュージシャンと作品中の俳優がコラボレートしてるのが多いですね。

このころのファッションなのか、チェックのシャツと帽子がチェッカーズのフミヤみたいでいいです。というか、フミヤが真似したのか^^





ハワード・ジョーンズのバイオグラフィー

イギリスで生まれたジョーンズは、子供のころからピアノを始めて、家族とともにカナダに移った10代は、プログレッシブバンドを組んで音楽活動を続けます。

再びイギリスに帰国した途に、ジョーンズは王立音楽学院に入学する一方、バンド活動も同時に継続。

この時期に出会った僧侶に歌詞を書いてもらった影響で、そのご仏教に改宗する素地ができるのです。

ジョーンズがメジャーデビューのきっかけを得たのは、働いていたロンドンのマーキュリークラブでレコード会社を招いて演奏したことから。

このことがきっかけでBBCラジオで演奏することになり、メジャー契約を果たします。

その後、ファーストシングルの「ニューソング」がヒットし、瞬く間に世界のジョーンズへと変身を遂げるのでした・・・・

その後とまとめ

この後も着実にヒットメーカーとなりますが、その他大勢の80年代アーティストの例に漏れることなく、93年にメジャー契約が打ち切らることに。

レコードセールスの落ち込みが原因でしょう。

時代はジョーンズのキーボードを必要としなくなっていたのです。(なぜか解散とか引退とかは93年ごろが多いです。まさに洋楽ミュージシャンにとっての厄年!)

メジャー契約を打ち切られたジョーンズは、そのときのショックか、それとも若い時に出会った僧侶との約束を果たすためなのか、80年代後半に仏教徒に改宗してしまいます。

そういえば彫りの深い目元にナイーブさが・・・・

現在は自身のレーベルDtoxを設立し、地道ながら活動を続けているそうです。

そんな彼も今年で59才になるといいますから、まさに円熟の極みですね。


Howard Jones - What Is Love





-ポップス

Copyright© イジ―ルブログ , 2020 All Rights Reserved.