80年代洋楽好きの音楽・映画・英語・書評・身だしなみレビュー

Gontaro Lifestyle

ネイティブと話せるオンライン英会話&カフェ【3選】

2021年9月29日

英単語や英文法は一通りマスターしたし、リスニングもある程度は聞き取れるようになった、あとは実際に英語を使って会話してみるだけ!という人向けの英語サービスです。

まずは習うより慣れろで、海外のリアルな英語に触れるのが一番ですね。

そのためにはまずは英語の本場のネイティブ英会話で、英語の発音やリズムに慣れていくのがおすすめです。

仕事でも娯楽でも英語に触れる機会では、英米圏の英語を学んで損はありません。

ビジネスでは様々な各国の英語が飛び交うので、本場の英語だけに固執する必要はありませんが、今でも世界経済のメインストリームは英米圏のビジネスパーソンが握っています。

映画やドラマ、音楽などエンタメの巨大産業はアメリカにあります。

なので私は英語を学び始める人ほど、癖のある各国の英語よりも、まずはイギリスやアメリカ、カナダ、オーストラリアなど「ネイティブ英語」で英語力のブラッシュアップをおすすめしますよ。

今回はそんな人のための「ネイティブ英会話」が学べる・利用できるサービスを紹介していきます。

ネイティブと話せる英会話サービス3選

1:EFイングリッシュライブ【初級者向け】

世界最大級のオンライン英会話EF English Live

スウェーデンの世界最大の私立語学教育機関「EF Education First」のオンライン英会話スクールです。

アメリカ・イギリスなど英語圏出身のネイティブ講師が2,000名在籍しており、24時間対応のレッスンが受けられます。

このサービスの最大の特徴は「ネイティブ講師」「初級から上級までのレッスン」「お得なレッスン料」というところ。

「有資格者のネイティブ講師」「ケンブリッジ大学と共同制作した教材」という安定の教育レベルと、マンツーマン、グループ、オンライン教材の利用の全て込み、 「入会金・教材費はかからない」で、一か月8,910円(税込)の価格設定が魅力。

講師陣とテキストのレベルの高さ、初級から上級まで幅広く対応するサービスが「オールインワン」価格というのは、かなりコスパ高めですよね。

デメリットとしては、グループレッスンで講師を選べない、サービス料が高いと感じる人がいる、ということでしょうか。

全て込みのパック料金の欠点で、利用者によっては必要のないサービスも含まれていることもあるので、英会話レッスンに慣れた人には「無駄だ」と感じるかもしれません。

ただ「ネイティブ講師であること」「幅広いレッスンが一定価格で受けられること」はやはり魅力だと思うので、どちらかといえば初心者の方におすすめしたいと思いますね。

とりあえず「どんなサービスなのか試してみたい」という人は、無料体験があるのでぜひ一度試してみてください!

公式サイト↓

オンライン英会話のEFイングリッシュライブ。1週間無料体験あり

 

2:キャンブリー【中級~上級者向け】



10,000人以上のアメリカ、カナダ、イギリス、 オーストラリアなどの英語圏のネイティブ講師が登録している米国サンフランシスコ発の英会話実践レッスンです。

英語をある程度「話せる」「聞ける」レベル向けのサービスになっています。

レッスン録画機能、翻訳機能付チャットシステムがあるので、後でレッスン内容や自分の発音をチェックできますし、世界レベルで講師が在籍しているので、24時間対応なのも忙しい人にもぴったり。

色々な職業の人が講師として登録しているので、フリートークで幅広い話題ができるのも魅力の一つですね。

逆にいえば、英会話初心者の人、講師にゆっくり導いてもらいたい、と言う人には向いていないサービスといえます。

ある程度の英会話能力がないと、英語の素人でもきちんと導いてくれる語学のプロではない講師を選んだ場合は、お互いに気まずくなって沈黙が続いてしまいますからね。

なので、英語に慣れた人で、とにかく英語を話したい、それもネイティブと話したい、ガチに英語を話しまくって質問して発音もチェックして英会話マスターになってみせる!という「攻め」の英会話レッスンを求める方向けですね。

リアルなネイティブ英会話のスピードや発音でガンガン話したい人は、ぜひ活用してみてください!

公式サイト↓

【Cambly(キャンブリー)】

 

3:英会話カフェ「ランカル」【外国人に慣れる/フリートーク向け】




英語の基礎を学んでオンライン英会話でネイティブ講師との会話に慣れた後は、より実践的なスタイルで英会話をブラッシュアップさせていきたいところ。

そんなときは身近な外国人に話しかけるのが一番。

でもなかなか出会える機会がないという人には「英会話カフェ・ランカル」がおすすめです。

30か国以上の外国人メイトが在籍していて日常会話からスラングな内容まで様々な形式の「生きた英語」をリアル外国人から学べて&堪能できるところが最大のポイントです。

海外旅行にせよビジネスにせよ、英会話の上達は講師からの「丁寧な」レッスンだけでは不十分。

やはり最後の仕上げに実際の外国人との会話で「生の英語とスピード」に慣れる必要がありますよね。

カフェ形式であれば対面での英会話の「空気感」「間」を体感することができますよ(コロナ対策も施されています)

カフェでの会話以外にもオンラインサービスも用意されているので、対面での会話に不安があったり場所的に厳しい人(カフェは首都圏のみ)にも対応できているのが嬉しいところです。

カフェは「武蔵小杉・銀座1丁目・池袋・下北沢西口・新宿/新宿通り・自由が丘・上野・二子玉川・川崎・渋谷」からチョイスでき、会話タイムは毎日50分~無制限まで可能です。

この英会話カフェのデメリットとしては、フリートークに特化したサービスなので、きちんと体系立てられた英会話レッスンを求める人には不向きだというところ。

あくまで「独学で英会話を勉強しているので、対人の会話練習に使う」「オンライン英会話だと物足りないので、もっとリアルな会話を楽しみたい」という人が利用すべきサービスだと思います。

その意味で「英会話の総仕上げ」に、または「練習中のレベルアップ」に「カフェ&フリートーク形式」は最適なので、そうした人で、周りに外国人がいる環境がない人はおすすめですね。

どんなサービスなのか試したい、それから決めたいという人には、無料体験も用意されているので、ぜひ一度行ってフリートークを楽しんで試してみてくださいね!

公式サイト↓

無料体験実施中!話題の英会話カフェLanCul

まとめ

英語はまだまだ武器になる言語です。

国際間の取引・決済ではほぼ英語が公用語と化していますし、個人間のビジネスも人口減が明らかな国内市場だけでは厳しくなるのは明白で、その意味でも英語を使って海外ビジネスを視野に入れるのは合理的でしょう。

もはや「英語の習得」は「覚えておいたほうが良いだろう」のレベルではなく、人生を生き抜くサバイバル術の一つとして「マスターすべきこと」だと個人的には思っています。

もちろん!

洋楽・映画好きの趣味レベルでも、英語が話せるようになると、海外の「聖地巡り」や海外ファンとの交流、ミュージシャンや俳優とのコミュニケーションに役立つので、ファンなら必須の教養ですね。

そんな仕事でもプライベートでもぜひマスターしたい英会話の強力サポートとして、今回紹介したオンライン英会話レッスンをガッツリ活用して欲しいと思いますよ!

 

 

-英会話の勉強法

Copyright© Gontaro Lifestyle , 2021 All Rights Reserved.