音楽・映画・英語学習・エッセイを中心にした情報レビューブログ

イジ―ルブログ

「ゴースト・オブ・ツシマ」予告動画の英語を解説!

2020年9月13日

海外で人気が爆発したプレステーション4の歴史アクションゲーム「ゴースト・オブ・ツシマ」。

日本でも日本語版が7月に発売されて人気を博しています。

ゲームの予告動画(トレイラー)で使われた英語をチェックして、海外の人に日本の文化をどう伝えるかを学んでいきたいと思います。

ゴースト・オブ・ツシマが人気を博した理由とは?

まず第一に「映像が素晴らしい」ということ。

対馬の自然が見事なくらいに美しく描写されていて、それだけでも癒される感覚があります。

とくに光の使い方が素晴らしく、写真以上の神々しさを感じます。

次は「まるで映画のようなサムライアクションが見れる」ということ。

動きが非常にリアルですし、制作陣がきちんと日本の古武術専門家の動きを取り入れて研究しているので、どれも理になかったアクションが見れます。

そしてそれがまた海外でも人気の高い「黒沢映画」のような雰囲気を味わえること。

アメリカの開発チームも「七人の侍」がすごく好きだったようで、それがこの映画を単なるゲームを越えた文化的なものにまで高めている理由だと思います。

そして同じように「日本文化」をきちんと表現できていること。

それまでの「なんちゃって日本文化」ではなくて、きちんと時代考証をして細部までこだわって作っているところが、多くのファンを引き付けたのだと思います。

そしてなんといっても「操作性」の良さ。

技を選べたり、スキルを自分で鍛えて主人公を成長させることも可能。

難易度も選べるので、上級者から初心者まで幅広く楽しめるのがポイントでしょうね。

予告編の英語をチェック!

では海外版の予告動画で話される英語をチェックしていきましょう。

Jin, When we fight, we face our enemy head on.

And when we take their life, we look them in the eye with courage and respect.

This is what makes us samurai.

仁よ、戦う時、敵に背を向けるな。

敵の命を奪う時、情けと覚悟をもって見据えるのだ

それがサムライというものだ。

【説明】

動画の冒頭で師である叔父から武士としての心得を伝授されるシーンです。

相手をただ倒すのではなく、その勇気と敬意を表して手にかけるのだと。

そしてそれがサムライの道であるということも。

後にこの方法ではモンゴルには勝てないことを仁は思い知るのでした。

【語句】

face=立ち向かう、対峙する

take~life=命を奪う

look in the eye=目を見つめる

courage=勇気、覚悟

respect=経緯

 

There must be thousand of them.

数千はいるに違いない。

We'll face death and defend our home.

俺たちは死して故郷を守ろう。

【説明】

初めて対馬に上陸しようとするモンゴル軍の大船団を目の前にしての、仁と彼の仲間との会話です。

こちらは80人程度。

もはや勝負はついているのですが、それでも民のために彼らは戦うしかないのです。

【語句】

must be=~に違いない

face death=死に直面する

defend=守る

 

We do what we must, Lord sakai

That is why you and I are survivors.

我々は為すべきことをやってきた、そうだろう?境井よ。

そうすればこそ、我々は生き延びているわけだ。

I am samurai.

私は侍だ。

No you are more than that.

You are the ghost.

Convince your people to join me, and I will give them peace.

いや違う。お前はそれ以上の存在だ。

冥人だ。

私に従うように民を説得しろ。そうすれば平和を与えられるだろう。

I will never serve you!

私はお前には仕えない!

【説明】

戦いに敗れ、捕まった仁と敵将軍との会話です。

仁が地域の有力者の一族であることを知り、協力を求めますが、仁はサムライとしての誇りを守り、それを断ったのでした。

【語句】

what=~すること

That is why=ゆえに

more than~=~以上の

convince~to=~を~するように説得する

give=与える

 

I've never seen a samurai fight like that.

あんなサムライの戦い方は今まで見たことがないよ

It was nothing.

なにをいうか。

Ha-ha, you are more than a samurai

ははは、あんたは侍以上のもんだよ。

He is a vengeful spirit back from the grave to slaughter the Mongols.

モンゴル人を皆殺しにするために墓場から蘇った復讐の鬼さ。

【説明】

サムライとしての誇りを抑え、仁は目的を選ばない戦い方で次々とモンゴル兵を倒していきます。

それを見た村人の驚きと、それには触れられたくない仁の捨て鉢な返答、そしてそれを表する村の女たちの会話です。

【語句】

I have never seen~like=今まで~のようなものは見たことがない

vengeful spirit=復讐の魂、鬼

back from=~から戻る

 

If you continue down this path, you will be no better than the Monglos.

I trained you to fight with honor

このまま続ければ、お前はモンゴルどもと変わらなくなってしまうぞ。

私はお前を名誉とともに戦うように鍛えてきたのだ。

Honor died on the beach.

The khan deserves to suffer!

名誉はあの浜で死にました。

カーン(皇帝)はこの苦しみを味わうにふさわしい!

【説明】

モンゴル兵相手に武士らしからぬ戦い方で挑んでいく甥であり、弟子の仁に対し、師である志村はその行動を非難します。

しかし仁はその戦い方ではモンゴルには通用しないこと、武士としての誇りや名誉は最初に惨敗した砂浜ですべてを捨ててきたと語ります。

そして敵将への敵意をむき出しにするのです。

【語句】

continue=続ける

no better than=~と変わらない

with honor=名誉をもって

deserves to~=~に値する

 

I am samurai

But I will sacrifice everything for my home

私はサムライだ。

だが故郷のために全てを犠牲にしよう

【説明】

トレイラー最後のセリフです。

サムライであることを誇りに思いつつ、そのすべてを故郷のために捨て去り、戦うことを誓ったのです。

【語句】

sacrifice=犠牲にする

まとめ

以上がゴーストオブサムライの英語版予告編のセリフ解説です。

どれも熱い言葉ばかりで、聞いているだけで胸が揺さぶられる思いでした。

こうしたセリフ一つ一つも制作チームによって練られてきたものなのでしょうね。

ちなみに動画を見た海外のコメントでは「Honor died on the beach」(名誉は砂浜で死んだ)のセリフが皆の心に刺さったようです。

確かに短くてパンチのある言葉ですよね。

このようにセリフも熱いゲームですので、ぜひとも日本でも盛り上がって欲しいなと思ってます。

*こちらが日本版の予告動画です。英語字幕と微妙に訳が違っているところもありますが、意味するところは同じなのでしょうね。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥5,980 (2020/10/01 13:17:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥35,840 (2020/10/01 13:17:03時点 Amazon調べ-詳細)
【ゴースト・オブ・ツシマ】海外で人気爆発!蒙古襲来に挑んだ武士の戦いを解説!【PS4】

続きを見る

英語学習のおすすめ記事

続きを見る


-映画・ゲームの英語

Copyright© イジ―ルブログ , 2020 All Rights Reserved.