音楽・映画・英語・デジタル・副業・健康情報の総合ブログ

イジ―ルブログ

紫のプリンス殿下がセクシーに吠える!『パープル・レイン』

2009年12月31日

ミスター”プリンス”の登場です。

これまでに12作品のプラチナアルバムと、30曲のトップ40シングルを生み出し、アルバム・シングルの総セールスが1億2,000万枚に上るという、偉大なるアーティストであります。





 プリンスとの出会い

私が洋楽を効きはじめた1984年ごろに、ちょうどMTVで流れていたミュージックビデオが「パープルレイン」でした。

最初に見た印象はとにかく

強烈

の一言。

何が強烈って、まずその濃い~ルックス!

子供の頃って人種差別とかじゃないけど、外人とくに洋楽といえばだいたい白人をイメージするじゃないですか。アフリカ系のミュージシャンでもそれらしい服装とか髪型でいたら、そんなに違和感がないものですが・・・・(あくまで小学生の頃の僕の勝手なイメージです)。

それがこともあろうに、プリンス様のあの中世ヨーロッパの貴族が着るような”フリフリ”の紫ジャケットといったらアナタ!しかもロン毛とか胸毛とか、子供の常識を超えてるし!

途中で歌い方が変わって、鼻にかかった声色で「ハナナナナ・・・」って歌ってましたっけ。 今聞くと、なかなかいい歌です。

これって84年に公開された同名タイトルのプリンス主演映画のサントラでもあるのですが、ウィキを読むと音楽評論家にはやたらと評判がよかったようですね。


Purple Rain (1984) Official Trailer - Prince, Apollonia Kotero Movie HD

革新性だとか、実験的がどうとか、またはベースのない「ビートに抱かれて」だとか、音楽的素養のないただのミーハーな洋楽ファンにとって非常にどーでもいい解説なのであります。 とにかくロマンチックなムードポップスと濃いすぎるプリンスルックスにガツン!とやられた84年でした。

最後に・・(プリンス死去の報)

2016年4月21日にプリンスが亡くなりました。

巨星墜つ・・・・というべきでしょうか。

最近になってデビッド・ボウイジョージ・マイケルなど、80年代の自分の音楽史を飾ってくれた有名アーティストが無くなっているので、何だか無性に寂しいですね。

プリンスは私の好きなバングルズの生みの親でもあったので、色々な意味で一つの時代の終焉だなという感じがしてなりません。

ご冥福をお祈りいたしします。

プリンス、死去 (Prince has passed away)

続きを見る





-ポップス

Copyright© イジ―ルブログ , 2020 All Rights Reserved.