洋楽・映画・グッズ・デジタル・英語の情報発信

イジ―ルの洋楽・映画ブログ

伝説のバイクカスタムドキュメンタリー!「アメリカン・チョッパー」

2013年5月6日

以前に今回取り上げるリアリティドキュメント番組の本のレビューを取り上げた。

ポールシニア親父の熱いビジネス哲学が炸裂する!「The ride of a lifetime」

今回はその内容と番組の魅力とその後について語ろうと思います。

ポール・シニアについて

ポール・シニアって誰だよ?という方のために、すごく簡単に説明をしておきます。

カスタム・バイク製作の現場を克明に捉えたドキュメンタリー番組『アメリカン・チョッパー』の主人公の親父ポール・タトル・シニア。鉄工所の経営のかたわらで始めた趣味のバイクカスタムがテレビ番組で取り上げられて人気を博す。武骨で短気だが、義理人情に熱い親父。ニューヨーク州オレンジ・カウンティにあるカスタムバイク工房「オレンジカウンティ・チョッパーズ」 (OCC : Orange County Choppers) の経営者である彼と、その右腕である次男のポールや癒し系の三男マイキー、ユニークな従業員たちが繰り広げる熱いバイク制作の様子や、ユーモラスな掛け合いが魅力の番組。



アメリカン・チョッパーとは?

番組は本国アメリカで2002年からテレビ放映されていたようで、日本では2004年ごろから開始した。

本国から一年遅れで日本のディスカバリーチャンネルで放送されるタイムシフトで、ちょうど開始早々に私も見始めた。

バイクは元々乗っていたし、しかもそれがアメリカンタイプだったから、この番組のノリと雰囲気にすぐに引き込まれていったのだ。

毎回依頼されたテーマに沿ってバイクをデザイン、製作していき、その中で従業員や家族のエピソードを散りばめる感じで番組は進んでいった。

中でも次男ポールジュニアのデザインの才能は抜群で、この会社が急成長できたのは、彼のバイクデザインの秀逸さにあったといっても過言ではないと思う。

もちろんオファーがあって即座にテレビ出演を決めた親父さんの直観にも似たメディア戦略が、この会社を世界デビューに導いた根本であり、番組中でも描かれることの多かった親父さんの経営に対する熱意のようなものが、オレンジカウンティチョッパーズを今日までここまで大なるものにしたのは確実だと思う。

ポール親父の自伝本を読んだ

番組のファンになってから数年たって、親父さんが本を出版したことを知って早速買い求めた。

内容などは前回の記事で詳しく書いたが、一読して感じたのは、見た目の頑固さと違って「進化」「柔軟さ」へのこだわりといったところだ。

時代や流行の流れを決して軽視せず、むしろそれらを受け入れて進化していくことこそが、ビジネス成功への必要絶対条件なのだと、親父さんは何度も本の中で触れていた。

自分はオールドスクールといわれるバイクの中でも、昔堅気なスタイルのバイクモデルが好みなのだが、必要とあれば今風のバイクスタイルに挑戦していくのもやぶさかじゃねえ!と、バイキング髭を「もふもふ」させて熱く語ってらっしゃるのである。

他は家族経営の難しさや従業員のモチベーションを保たてる方法など、意外にまともなアプローチでビジネス指南をされておられたのが驚いた。 もっとセンセーショナルな内容の暴露本かと思っていたからである。

そんななかでファンとして嬉しかったのは、設立当時の写真や、若かりし頃の親父さんの写真を拝見できたところだろう。

特にベトナム戦争時に海軍輸送船で働いていた、若かりし頃の親父さんの顔が、あまりにも息子ポールと酷似しているのには驚きを通り越して、爆笑してしまったほどだ。

f:id:chocomale:20160503211400p:image

海軍輸送船所属当時の身分証明書で、本文中でも「ジュニア(次男の通称)にそっくりで驚いた」と親父自らが語っているくらい、もうそのまんまの姿がインパクト大なのである。



親子の確執

一方で肝心の番組のほうは、放送から数年後に家族間のトラブルで破綻に近い形になった。

以前から勤務態度が悪かったポール息子と親父さんとが大ゲンカし、息子が店を飛び出して自ら新しい会社を作ってしまったのだ。

ベトナム戦争の輸送船の下働きから初めて、自らの腕一本で鉄工所の経営とバイクカスタムショップを立ち上げてきた親父さんと、天才肌でアーティスト気質の息子。

規則や時間を守り、伝統的な労働モラルを要求する親父さんと、納期内に仕事さえ完成させればその過程はどうでもいいじゃないか、と毎日遅刻して出勤する息子との対立・・・

それは番組の魅力の一つであり、一方でビジネス上の破たんの予兆でもあったのだ。

あくまでリアリティショウなので、どこまでが本当でどこまでがやらせなのかは分からないが・・・(親父さんと息子が法廷闘争のために裁判所に出入りするところも放映されていたので、たぶん本当のことだと思う)

とはいえ、自分は2010年の春ごろを境に見るのを辞めてしまった。

いや、正確に言えば、ディスカバリーチャンネルの新しいエピソードを流さず、延々と昔のものを流し続ける放映姿勢に呆れるしまったというほうが、正しいだろうか。

さらにケーブルテレビを解約したので、ディスカバリー番組自体を見ることもなくなってしまった。

それからは10年近くチョッパーズとは無縁の生活を送りつつ、時々youtubeで上がっている動画をチラ見するだけになっていたのだ。

本国ディスカバリーのサイトを見ると、番組ではジュニアが親父さんの店を訪ねている放送回があるようで、どうも和解の方向に進んでいたことが分かった。

そこまで家族間のあれこれを世界にさらし続けれるタフさは素直にすごい、と思う。

そしてそのタフさこそが、彼らを世界的なビッグネームにした要因だったのではないだろうか。

他の家族や従業員はたまったもんじゃないだろうけど・・・・・

番組のその後(2010年~2021年現在)

驚かされるのが、番組は現在も進行中だということ。

今回のこの記事はもともと2013年に書いたものだけど、再編集のために2021年の1月に最新情報をチェックしたところ、本国のディスカバリーチャンネルでは番組はまだ継続しているようだということ!

Tune-Up Your Engines, American Chopper Returns August 4th

上の記事リンクは2020年5月の内容なのだが、それでも私が初めて見た2003年から17年間も続いているということだから、これは本当にすごいことだなと。

youtubeではたびたび自分の知らないエピソードがファンによってアップされているので続いてはいるのだろうなあと思っていたが、まさかディスカバリーの元で継続しているとは予想もせず。

じゃあ日本のディスカバリーでも続いているのかなと思ったら、それはないよう。

というか、ディスカバリーの番組サービス放映そのものが終了する流れのようで、その中で含まれているアメチョも当然見れなくなるということになる感じだ。

Dplayジャパンサービス終了について

なのでファンの人は残念ながらアメリカ版のディスカバリーでしか見ることができないので、頑張って英語を勉強するしかないようです(笑)

American chopper-discovery+



トランプ氏とコラボしていた!

トランプ氏がアメチョにバイク制作の依頼をしている動画をみつけて「おおお!」と驚いた。

動画のコメントでは「2012年ごろの放送」とあるので、今から(2021年)9年前の内容。

まだトランプさんが大統領になる前の実業家時代のものだ。

トリックスターのトランプさんに向けて作ったバイクらしく、ド派手でリッチなマネー色仕様になっているのも面白い。

ポール親父もデカいが(183センチ)、トランプさんはもっとデカいので(190センチ)、二人が並んでいるとムキムキの親父さんが小さく見えるから、この絵もすごい。

このときも大金持ちのイメージですごかったけど、まさかこれから5年後(2017年1月)にアメリカの大統領になるとは番組の誰も思わなかっただろうなあ。

そんなトランプ氏も2020年11月の大統領選でジョー・バイデン氏に敗れ、2か月に渡る法廷闘争の末にようやく敗北宣言をだしている。

その内容について別に運営している英語学習サイトで取り上げてみたので、良ければ読んでいただきたい。

⇒トランプ大統領ついに負けを認める!敗北宣言の英文演説と和訳を紹介

まとめ

懐かしのアメチョとその後について10年近くぶりに情報をまとめてみた。

番組開始当時は30歳過ぎだったポールジュニアも今や40過ぎのおっさんだし、次男のマイキーも順調に40男に育っている。

ポール一家の総帥である親父さんもおそらく70近い年齢だろうから、もうそろそろ現役を引退してもおかしくなさそうなのだけど、最新の情報を見ていると最前線でまだまだ頑張るような感じ。

20年近く番組と接してきた自分からすれば、もはや他人のような気がしないので、どうかいつまでも元気でいてもらいたいと思います。

バイクカスタムショップの公式サイト⇒Orange county choppers official site

ポールシニア親父の熱いビジネス哲学が炸裂する「自伝本」レビュー!

続きを見る

Amazonタイムセール祭り

ads

-TV・ドキュメンタリー

Copyright© イジ―ルの洋楽・映画ブログ , 2021 All Rights Reserved.