音楽・映画・英語学習を中心とした30代・40代向け情報発信ブログ

GONTARO BLOG

頻尿の映画ファンに贈る!上映中におしっこを漏らしても大丈夫な方法はこれだ!

2019年4月26日

劇場で映画を観ている時に「おしっこ」が漏れそうになったことはありませんか?

劇場鑑賞中に尿意があふれ出てくる「頻尿」映画ファンのために、今回はその対策法を検討していきたいと思います。


映画鑑賞中に訪れる魔の瞬間

映画館に入ってチケットを買い、上映時間が始まって劇場に入り、着席して上映までゆったりと過ごす至福の時間。

この時間帯に「やつ」が訪れるならば、それはまったく想定内のことなので問題ありません。

問題なのは次の3パターンです。

映画が始まる前にしっかり用を足してきたのにも関わらず、開始わずか10分足らずで尿意が復活してしまう

冷房が効いていると、その風が当たって、だんだんと体がムズムズしてきて尿意が再び出現してくる

映画が佳境に入ってくるのを見計らっていたかのように、尿意が何の前触れもなく「わっさー!」と襲い掛かってくる

皆さんはこんな状況に陥ったことはありませんか?

私はあります。

しかも上の3つのパターンのどれもに当てはまります。

リアルすぎる実体験です。

もちろん毎回ではありませんが、数回に一回の割合で鑑賞中に「尿意」と格闘する羽目に陥るんです。

そういうときは歯を食いしばって尿意を耐え抜くか、我慢しきれずに席を立ってトイレに駆け込むかの2択しかありません。

私は普段からけっこうな頻尿タイプで、何かを飲むとすぐに尿意を催してしまうほどに尿の出が良いのです。

それはもう場所を選ばずで、自宅はもちろん、膀胱の緊張を要する仕事やプライベートの遊びの場なんかでも、本当に所かまわずに「やつ」は襲い掛かってくるのですから、常に水分補給のタイミングを慎重に測っておかなければなりません。

だからうらやましい。

映画の鑑賞中にポップコーンを食べながらコーラを飲んで「がはは!」と笑えている人を。

私があんなことをすれば、ものの数分で「ジョビビビビビッ!」と大量のおしっこが膀胱の直前で集結してくるのは明白。

ゆえに先ほどの「耐える」か「席を立つ」しか選択肢がなくなるわけです。

しかしたまにこの2択を越えた非情の境地に陥るときがあります。

それは

 

膀胱のダムが決壊直前になる時

 

or

 

ダムが容赦なく決壊し始めた時

 

です。

急激に湧き上がった尿意を我慢しているうちに、気が付けば尿意はもはや抑えることができない奔流のような膀胱の鼓動がその恐怖の前兆です。

すでにはち切れんばかりに膨らんでいて、もはや立ち上がることも体を動かすことすら不可能な状態に追いやられてる非情の瞬間。

こうなるとやばい。

もはや「漏らす」以外の選択肢しかありえないという、おもらしスクランブル数秒間前。

しかしこの状態をむざむざと許可するわけにはいかないのです

許してしまったが最後、自分の中で大切な ”何か” が夏のアイスのように儚く溶けていき「自我崩壊の瞬間」が訪れますから。

たかが映画館のおしっこ漏らしごときで、これまで培ってきた富と名誉を失うわけにはいかないのが良識ある大人の分別というやつですよ。

小学生の子供ならまだしも、40を越えたおっさんがズボンの股間の周りに盛大な染みを作っている姿ほど「悲惨」な光景はありませんからね。

 

しかし

 

年を取ればとるほど、特に男性は膀胱の緩みが顕著になってくるのは事実。

私の父親も頻尿を抑える薬を病院で処方してもらっていると聞きますし、周りでもけっこうそういう話を耳にします。

私もさすがにここまでの「お漏らし」は経験はありませんが、軽い「ジョビッ」はほぼ毎日あります。

とくにトイレで用を足した後にチャックを締めて立ち去ろうとしたときに「ジョビッ」と残りの尿が漏れることが最近増えてきてます。

頻尿に加えて「尿漏れ」まで加わって来るとなると事態は深刻さを増してきます。

一体どうすればこの悲惨な事態を防ぐことができるのでしょうか?

どうすれば膀胱の緩みと下着の洗濯回数を締めなおすことができるようになるのでしょうか?

そう考え、試行錯誤して実行している「頻尿・尿漏れ対策」をこれから紹介していこうと思います。


中高年映画ファンのための頻尿・尿漏れ対策

私と同じ40代以上の中高年映画ファンのための「映画館おもらし対策」です。

その場でサッとできる「即席プラン」と、持続することで効果が得られる「中長期プラン」の2つを用意しておりますので、どうぞごゆるりとご堪能下さい。

即席の頻尿・尿漏れケア

まず一つ目はお腹を温める【腹巻き】です。

室内でおしっこが漏れそうになる2大パターンは「飲み物を飲む」「冷房が効いて体が冷える」です。

飲み物の場合は控えることで何とかなりますが、冷房の場合は外先などで自分がコントロールできない場合、こちら側で対策をとるしかありません。

まず第一は「上着を羽織る」、次に「腹巻をする」がベストです。

座っていて冷房の風がお腹付近に当たると尿意がすごく高まって来るので、まずはこれを防ぐことが大事です。

そのために「上着」「腹巻」で膀胱まわりをしっかり温めておきましょう。

次が【尿漏れパッド】です。

これがあるとほぼ完ぺきに安心して漏らしたまま移動できますし、座席に座ったまま「放尿」もできます。

パンツの中で出すスタイルなので、誰にも気取られることなく「ジョビッ」とお漏らしすることが可能ということ。

トイレ後に尿漏れがする時も、パッドをつけておけば安心して「ジョビッ」とできますからね。

パッドの場合はおしっこの量によってサイズもあるので、自分の放尿量に合わせて揃えられるのが良いです。

さらに一歩進んだ対策としては「紙おむつ」という方法もあります。

ここまでいくと「老人」の域に達してしまうので、さすがにおすすめすることには抵抗がありますが、尿漏れパッドでは対応しきれないほどの「頻尿」「尿漏れ」があるという人は検討の余地はあると思いますね!

長期的な頻尿・尿漏れケア

長期プランの「頻尿・尿漏れ対策」です。

即席プランはその場での対策法なのに対し、ここではもう少し長い目で見た「膀胱の締め」になります。

まずその一つが「頻尿を防ぐ栄養分」をとることです。

アメリカ原産の植物で原住民が「植物性のカテーテル」として残尿や頻尿ケアに用いてきた「ノコギリヤシ」が有名ですね(「ノコギリパルメット」wikipediaより)

サプリメントでも良く出回っています。

中高年世代がよく読む新聞広告にもけっこうな頻度で広告掲載されているのえ、それなりに効果は期待できるのかと思われます。

もう一つがノビレチンという成分です。

ノビレチンは頻尿や排尿トラブルに良い働きがあります。

名前は可愛いですが、そんなノビレチンは沖縄のシークヮーサーという果実に豊富に含まれているということ。

シークヮーサーに頻尿などの改善効果 沖縄リサーチセンター、琉球大学と共同研究-沖縄タイムス

果物成分なので安心ですね。

サプリと違って副作用の心配はないですし、普通に果物としても美味しいところも高ポイント。

クエン酸も含まれているので、疲労回復の効果も期待できます。

タレントのIKKOさん宣伝している果実ジュース「あおぎり」がシークヮーサージュースで有名ですね。



濃厚で栄養分たっぷりなので、疲労回復に良いクエン酸と頻尿に良い効果をもたらすノビレチンのパワーを最大限に得られると思いますよ。

夏場は冷やして飲むとすっきりして、喉の渇きも疲れもケアできますね!

最後の一つが【体操】です。

迫りくる頻尿を抑えるための数少ない体操です。

実際には「頻尿を誘発する”骨盤底筋の緩み”を予防する体操」なんですが、ギリギリの段階で「おしっこ」の漏れを遅らせることが可能なんですよ(少なくとも私の場合は)

その方法は何かというと「肛門を締める」ということ。

これだけです。

これだけで下腹部が引き締まります。

下腹部が引き締まると、そのぶん膀胱からの「漏れ」を遅らせることができるんです。

その間にトイレに行くこともできますし、すでに動くことができないほどに尿漏れが迫っている場合でも、男性ならおもむろにペットボトルをかばんから取り出して「放尿」する余裕を作ることが可能(見つからないように!)

トイレに行く場合の歩きはかなりゆっくりになるのは否めませんが、それでもその場でお漏らしするよりは格段にマシです。

そして普段から「肛門締め」の動きを行うだけでも頻尿予防になるので、この体操はリアルにおすすめですよ。

尿もれ・残尿感にいい「骨盤底筋体操」を紹介

続きを見る

まとめ

頻尿や残尿、尿漏れは加齢とともに増してきます。

特に男性は膀胱周りにトラブルを抱えることが多くなるので要注意です。

もしひどくなるようであれば専門機関での診察が必須。

そこまでひどくないようであれば、今回紹介した「予防ケア」と「即席ケア」の両方で対策をとられることをおすすめします。

腹巻や尿漏れパッドで現場の惨事を防ぎつつ、頻尿効果のある栄養分で膀胱周りのケアを粘り強く続け、最後に「尿漏れ体操」でガッ!と締めていきましょう!

-ヘルスケア全般

Copyright© GONTARO BLOG , 2021 All Rights Reserved.