音楽や映画、ファッション、デジタル&雑貨のレビュー

洋楽&映画メモランダム

ポップス 音楽

超イケメンコンビ「ブロス」が贈る「アイ・オウ・ユー・ナッシング」(I owe you nothing-Bros)

投稿日:2016年5月25日 更新日:

スポンサーリンク

 

80年代UKチャートを沸かせた噂のイケメン双子ユニットがブロス。

1987年にデビューし、92年まで活動していました。 

日本でも非常に人気があって、双子の超イケメン歌手で曲も歌も上手とくれば、これは女の子がキャーキャーいわないわけがない!

 

ブロスの思い出

 

実際に両国国技館でライブをしたりと、来日して活躍してましたね。 

一方で常にマットとゴスの陰に隠れて、いまいちパッとしなかったクレイグ。

写真でも兄弟が向かい合わせで映っているのに、クレイグだけいつも離れて立ってたから、若干のけ者の雰囲気が濃厚に見え隠れしてましたが・・・

 

 

結局、音楽性の違いが出たのか、影が薄すぎて背後霊になるのを恐れたのか、1989年にクレイグは脱退して、兄弟二人のコンビで頑張っていくことに。 

今日の曲は、ファーストアルバム「PUSH」からのシングルカットで、多分一番ヒットした「I owe you nothing」。

もともと87年にリリースされてたものを、88年に再度発表した曲です。 

これ初めて聞いたのが、ちょうど中学生の頃だったでしょうか?

修学旅行の前日あたりだったか、楽しくなるだろう、クラスメートたちとの旅に期待で胸をワクワクさせながら荷造りしていたときに、この曲がMTVでかかっていたので、すごく印象に残ってます。

 


Bros - I Owe You Nothing

  

当時はやっていたシンセサイザーを使った、ダンサブルでキャッチーなポップソングが耳に心地よくて、「ナーッシーング」とよく口ずさんでいましたっけ。

その後、2,3のシングルをMTVで散見しましたが、じきにチャートから姿を消していき、気が付けば跡形もなく消えていました。

 

 今はどうなっているの?

 

英語サイトで調べてみたら、どうやら二人は今でも業界で仕事をしているです。

双子のうち、マット・ゴスはシンガーとして活動していて、5作目のソロアルバム「Life You Imagine」を近年発表しています。 

もう一人の双子ルーク・ゴスは、アメリカに渡って俳優として成功していて、ブレイド2やヘルボーイ2に出演しているよう。 

影が薄すぎて背後霊になりかけたクレイグ・ローガンは、音楽マネージメントや作曲を手掛けているとか。

いはやは、なにはともあれ良かったです。(何がだ!)

 

まとめ

 

兄弟は二人とも顔がそっくりなので、はっきりいって見分けがつきません。

強いて言えば、帽子をかぶっている方がマットで、かぶってないほうがルークかな。

 

 

最近の写真ですけど、相変わらず男前ですね~

というか、ルークは若い頃より渋みが増して本当に色男になっているな!

マットはハゲ丸の道を順調に歩んでいるように見受けるが・・・・・しかもイタリアあたりにいそうな男前のヒモっぽく見えなくもない・・(ファンのみなさん、すんません!)

久しぶりに(28年ぶり!)ブロスの姿を拝見で来て嬉しゅうございました! 

*ブロス再結成ニュース!

www.yougaku-youga.com

My good old days music!

www.yougaku-youga.com

人気記事 【80年代洋楽ポップス】女性ボーカリストおすすめランキング

人気記事 【80年代洋楽ハードロック】おすすめランキング

スポンサーリンク

-ポップス, 音楽

Copyright© 洋楽&映画メモランダム , 2019 All Rights Reserved.