音楽・映画・英語・デジタル・副業・健康情報の総合ブログ

イジ―ルブログ

首ふりふりのエジプトダンスが懐かしい!バングルズ「エジプシャン」

2010年2月6日

バングルズといえば「マニック・マンデー」や「胸いっぱいの愛」で有名だが、僕がテレビで彼女らを見たのは、この「エジプシャン」のビデオクリップが初めてだった。

エキゾチックな曲に手首を曲げた踊り、タンバリンをリズミカルに叩く4人の美女エジプシャンが今も懐かしい。

このPVは後にPOPベティハウスでも定期的に流されていたから、視聴者からもリクエストが多かったのだろう。

時折挿入される、一般市民のエジプシャンダンスの雰囲気が、見るからに当時のアメリカの風俗を表していて、なんだかナイスなのである。


The Bangles - Walk Like an Egyptian

他の曲ではボーカルのスザンナ・ホフスが一人で歌うことが多くなったが(当たり前だが)、このPVでは4人がそれぞれボーカルを取っている。

1981年に結成したバングルズは、1984年にファーストアルバム「気分はモノクローム」でデビュー。

当時飛ぶ鳥を落とす勢いの人気だったプリンスが、このアルバムを聞いてバンド、特にボーカルのホフスを気に入り、名曲「マニック・マンデー」を提供した。

この曲が収録されたセカンドアルバム「シルバースクリーンの妖精」がヒット。

その後数々のシングルヒットを飛ばし、89年には「胸いっぱいの愛」で全米一位を取るなど人気は絶頂に達するが、89年を境に活動を停止してしまう。

2003年には活動を再開したようで、2005年にはベースの赤髪マイケルが脱退するも、現在もオリジナルメンバー3人で頑張っているようだ。

途中で入る口笛の音が印象的な一曲。





-ポップス

Copyright© イジ―ルブログ , 2020 All Rights Reserved.