洋楽・邦楽・映画・英語学習・グッズ・デジタルのレビュー&情報発信ブログ

イジ―ルの音楽・映画・英語学習ブログ

心も体も熱くなれ!トレーニング用の洋楽ロックおすすめ【5選】

2020年5月6日

筋トレやストレッチ、体操、ウィーキング、ジョギングなどのワークアウトで「これを聞くとノレる!」「体が弾みだす!」洋楽5曲を紹介します。

年代は私が洋楽にハマった80年代がメイン。

ロックの懐かしくも廃れない名曲たちが貴方のトレーニングをサポートしてくれるはずだ!



トレーニングにふさわしい洋楽ロック5選

1:サバイバー「バーニング・ハート」

トレーニング・ソングスのトリを飾るのが「サバイバー」。

サバイバーといえば、ロッキーの挿入歌であまりにも有名です。

アメリカのロックバンドであり、1985年にリリースしたシングル曲が今回の一曲。

1983年に公開された「ロッキー3」に続き「ロッキー4」(86年)で使われています。

私もロッキーに憧れて学生時代に筋トレにハマっていた時期があって、鉄アレイを上げる時とか、近所の公園をジョギングするときにこのバーニングハートなど数曲を聞きながらトレに励んでいましたよ。

しんどいトレをしているときは、この曲を聞いてロッキーを思い浮かべると不思議と乗り切れたもの。

そんなサバイバーの名曲にふさわしいトレは「筋トレ」「ランニングorジョギング」

キツければキツいほどやる気が出てくるバーニングハートは、まさにトレーニングソングの申し子なのです!

created by Rinker
Ariola Japan
¥2,237 (2021/05/08 06:02:57時点 Amazon調べ-詳細)
ロッキーといえばサバイバー!「アイ・オブ・ザ・タイガー」

続きを見る

2:モトリークルー「キック・スタート・マイハート」

世界的ハードロックバンド、モトリークルーが1989年にリリースした曲です。

バッドボーイのイメージがあるバンドですが、実際にメンバーぞれぞれが「ロックスター」の典型的な退廃的なライフスタイルを繰り返していたといいます。

そんな彼らの曲はゴージャスでスピード感に溢れたロック。

特に好きなのが、このキック・スタート・マイハートで、バイクで街を流しているときのような疾走感とエンジン音のような一定のリズムがすごく心地よいです。

後輩で格闘家がいたのですが、彼もボクシングのエクササイズをするときはこの曲で調子を整えていたようですよ。

アドレナリン放出とリズム感が信条のこの歌は、筋トレ、フィットネス系エクササイズにおすすめです。

created by Rinker
¥1,500 (2021/05/08 06:02:58時点 Amazon調べ-詳細)
【モトリークルー】バイカーソングが炸裂!キック・スタート・マイハート !

続きを見る

3:ガンズ・アンド・ローゼズ「パラダイス・シティ」

ガンズアンドローゼズの曲2連発目です。

1987年にリリースされた彼らのデビューアルバム「アペタイト・フォー・ディストラクション」はリリース後に全米1位、全世界の累計売上げ2,800万枚を超す大ヒットアルバムになっています。

その中に収録され、バンドのライブで必ずトリになる曲が「パラダイス・シティー」。

ギター、ボーカル、ベース、ドラムのシンプルなハードロックスタイルにシンセサイザーを取り入れたことで「荘厳」で「雄大」な雰囲気を随所に感じさせてくれます(アイルランド民謡風とも)

彼らの最大の魅力であるアクセル・ローズの「ハイトーンとロートーンを同時に発する」悪魔声と、伝説のギブソンマスター、スラッシュの超絶リフは健在。

聞いているだけでアドレナリンが放出するガンズ随一の名曲は、筋トレ有酸素運動にぴったりハマりますよ!

created by Rinker
¥1,500 (2021/05/08 12:17:22時点 Amazon調べ-詳細)
ガンズの名曲「パラダイス・シティ」はバンド崩壊の序章だった?!

続きを見る

4:ボン・ジョビ「イッツ・マイ・ライフ」

世界的ロックバンド、ボン・ジョビが2000年にリリースした曲です。

ロック・バンドに多いバッドボーイなイメージではなくて、正統派なイメージのある彼らはその曲も実に「まっとう」です。

マンガでいえば「少年ジャンプ」のような熱さとマインドをもつバンドの魅力はこの曲にも表れていて、「俺の人生、自分の力で切り開いて見せるぜ!」という歌詞と共にジョンの熱い声が多くの人を鼓舞するのです。

そんな熱い歌はもちろんトレーニングにも最適。

筋トレ、有酸素運動、フィットネス系エクササイズのどれにも対応可です。

辛くて心が折れそうになった時に聴くならこれだ!

created by Rinker
¥2,500 (2021/05/08 06:02:58時点 Amazon調べ-詳細)
【2大バンド比較】ボン・ジョヴィVSデフ・レパードは炎と氷の戦いだった!

続きを見る

5:デフ・レパード「シュガー・オン・ミー」

イギリスのハードロックバンド、デフ・レパードの1987年のシングル曲です。

ボン・ジョビに並ぶロック界の超人気バンドとして、80年代のビルボードチャートはこの2つのバンドを中心に回っていたような気がします。

この曲「シュガー・オン・ミー」はスロー気味なテンポながら、ドラムの重低音な音とボーカルの絞り出すようなパワフルさが魅力で、聞いていると不思議に「やる気」が出させてくれる「エネルギー」を持っています。

トレーニングでは筋トレが最適。

叩きつけるようなドラムサウンドとスクイーズするボーカル&コーラスのパワーで「リフトアップ」しまくりましょう!

created by Rinker
¥1,900 (2021/05/08 06:03:00時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

トレーニングにふさわしい5ソングスを紹介してみました。

音楽は気持ちに余裕や勇気を与えてくれます。

ふさぎこみがちな時こそ音楽を聴いてエクササイズ!

明日への活力を養いましょう!


-音楽まとめ

Copyright© イジ―ルの音楽・映画・英語学習ブログ , 2021 All Rights Reserved.