80年代洋楽好きの音楽・映画・グッズ関連レビュー

イジ―ルの洋楽・映画ブログ

映像系エッセイ 音楽系エッセイ

自分で作った音楽・映像コンテンツでお金を稼ぐ方法

2021年1月8日

趣味で動画や音楽を作って楽しんでいる人も多いと思います。

日常の風景であったり、グルメレポや旅の映像記録、音楽であればバンド演奏やコンピュータソフトによるBGMや楽曲などなど・・

コンテンツを作るという行為は、それだけで十分に素晴らしいことですし、自分にはなかなか出来ないことなので尊敬してしまいます(特に音楽)

でもそれをお金に替えることができたなら、もっと素晴らしいことだとは思いませんか?

今回はそんな「自作の音楽・映像コンテンツをお金に替える方法」を紹介していきます。

仕事マッチングサイトで映像や音楽制作のスキルを活かす

動画編集や音楽制作のスキルに自信があれば、登録制の仕事マッチングサイトで様々な業務を請け負うことも可能です。

商品の紹介動画やコンセプトムービーや、カラオケ音源の製作や番組で使うBGMの作成など、映像や音楽に関する仕事の中から自分に合う内容を選んで業務を行い、報酬をもらうシステムになっています。

サイトでは単発から継続した内容まで多くの仕事が掲載されています。

仕事の依頼は個人から会社まで様々で、そうした発注者と仕事を行う側をとりもつのがマッチングサイトの役割。

クラウドワークスやランサーズのような大手が安心ですね。

クラウドワークス

ランサーズ

こういったサービスは自分のペースで仕事ができるので、映像や音楽制作に自信のある人は、副業として利用するのもありだと思います。

稼げる人は月に数十万円の報酬を得ているので、実力次第では本業を超える収入も夢ではないです。

ほかにもエンジニア系のフリーランス求人サービス「クラウドテック」もあり、IT・ゲーム業界の案件が多く紹介されています。

クラウドテック

リモートワークに特化した「リモートビズ」は、地方の求人をメインに、業務委託やフルリモート可の正社員の案件の紹介も行っており、安定した雇用の門も開かれています。

スキルとしては、PHP、Ruby、Python、Java、Swiftなどのプログラム言語の実務経験を持つ人材が歓迎されている模様。

完全リモートなので、家族との時間や自分の趣味に時間を割けるのが嬉しいですね。

リモートビズ

リモートワークで働きたい人、知識や経験に自信のある人はチェックしてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

ココナラ・noteで音楽や映像を直接販売する

仕事マッチングサイト以外にも、自作の作品やスキルを売ることができるサービスがあります。

その代表的なサービスが「ココナラ」や「note」です。

ココナラはクリエイターへの製作依頼をはじめ、文章や映像、音楽、個人の悩みを解決する相談アドバイスまで、自分の能力を売り込むことが可能な「フリーマーケット」サイトです。

すべてココナラのシステム上で完結する流れになっているので、利用者もサービスを売っているほうも安心して利用することができますね。

自分のスキルや得意が売れる ココナラ

私も利用者としてですが、ココナラで紫微斗数占いの占い師さんに仕事上のことを占ったもらったことがあります。

3,000円の占い料でしたが、丁寧な対応で納得のいく回答をもらいました。

お互いのコミュニケーションは全てココナラ上のメールルームを通じて行われるので、個人情報が分かってしまうこともないところも良かったですね。

もう一つのnoteもクリエイター支援サイトで、こちらも自分で作った映像や音楽、イラスト、文章に自分で価格をつけて売ることができます。

価格の上限はほぼないので、自分の作品に好きな金額を設定できるのも魅力ですね。

システムもシンプルで使いやすいので、多くのクリエイターが利用しています。

note

大手メディアを経ずとも、自分の手で作品を売り込める良い時代になったということですね。

以下にそれぞれの方法を説明していきます。

youtubeに動画や音源をアップして稼ぐ

映像や音楽作品をyoutubeチャンネルにアップして、そこからの広告収入で稼ぐ方法です。

広告クリックや登録者数、チャンネル再生数が増えることで収益アップが可能です。

最近ではメンバーシップ登録という制度ができたので(会員制のようなもの)、自分のチャンネルのファンになった人からの「メンバーシップ料」という形で収入を得ることできるようになっています。

YouTube チャンネルのメンバーになると、毎月の定期的な支払いを通じて公開バッジや絵文字を利用できます。また、チャンネルで随時提供されるクリエイターからの特典も受けられます。

YouTube でチャンネルのメンバーになる

ほかにも動画の概要欄にブログやサイトのURLを貼って、そこから物販などを行う自社メディアに流す方法もあるようですね。

どちらにしても「魅力的な動画」を多く発表することで、より多くのユーザーの目に届くようになり、そこからチャンスが生まれるということ。

youtubeの登録や広告の設定法については、別記事で基礎的な内容だけをまとめていますので、こちらをご覧ください。

Youtubeの動画投稿と収益化の方法まとめ【初心者向け】

続きを見る

私自身はyoutubeにチャンネルを持っていますが、ブログ記事の素材用に作っただけなので収益化はしていません。

投稿数も登録者数も圧倒的に少ないので、そもそもその前提条件がないんですけどね(苦笑)

なのでより詳しいyoutubeで稼ぐ方法については、youtube内で山ほど情報が出回っていますので、それらを参考にチャレンジしてみてください。

またどうしても動画作成を自分でマスターするのは難しい、誰かに教えてもらいたいという人は、動画編集技術を教えてくれるスクールやサロンをネット上でも多く見つけることができます。

参考までに、以下に良いなと思った動画スクールのリンクを一つ貼っておきますので、チェックしてみてください。

【スクーリング内容】

・1年間のカリキュラムのもとオンラインでの動画学習&プロの動画クリエイターからの直接指導

・少人数でのオフライン授業を行いながら、動画クリエイターに必要なスキルを身につけていく

・オフライン授業では実際に外に出ての撮影やチーム制作などあり

・ネット上には無い自分だけの経験を積むことができる

・動画制作案件を在学中に取り組み、卒業後には、仕事の受注から納品までをこなせる動画クリエイターになれる

【おすすめの方】

・動画編集をしたことがない初心者の方

・一度他のスクールや独学で勉強したけど、動画編集を仕事にできていない方

「MOVA」公式サイト↓

オンライン+オフライン動画クリエイタースクール【MOVA】(無料相談あり)

スポンサーリンク

最後に

上に挙げた方法以外にもツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどのSNSサービスで広告収入を得られる方法があります。

youtubeチャンネルやブログ運営をコツコツ続けていると、「あなたの作る音楽や映像が素晴らしいので、ぜひ直接買いたい」とか「イメージがぴったりなので、我が社のウェブ広告に使いたい」などの依頼が来る可能性も十分にあります。

なのでまずは作品を世に送り出す行動が大切だと思います。

お金を稼ぎながら自己実現を目指していきましょう!

音楽・映像関係の仕事で働く方法【まとめ】

続きを見る

スポンサーリンク

-映像系エッセイ, 音楽系エッセイ

Copyright© イジ―ルの洋楽・映画ブログ , 2021 All Rights Reserved.