音楽・映画・英語学習・エッセイを中心にした情報レビューブログ

イジ―ルブログ

自分で作った音楽・映像コンテンツでお金を稼ぐ方法【在宅・副業編】

2020年6月28日

趣味で動画や音楽を作って楽しんでいる人も多いと思います。

日常の風景であったり、グルメレポや旅の映像記録、音楽であればバンド演奏やコンピュータソフトによるBGMや楽曲などなど・・

コンテンツを作るという行為は、それだけで十分に素晴らしいことですし、自分にはなかなか出来ないことなので尊敬してしまいます(特に音楽)

でもそれをお金に替えることができたなら、もっと素晴らしいことだとは思いませんか?

今回はそんな「自作の音楽・映像コンテンツをお金に替える方法」を紹介していきます。

自分のブログにアップして稼ぐ

自分で作った音楽作品や映像コンテンツをブログに公開して稼ぐ方法です。

先ほどのyoutubeは動画コンテンツがメインのサイトなので、映像系が主流になりますが、自分のブログで乗せる場合は音源だけのコンテンツでもOK。

使用するブログサービスによりますが、私が使っているワードプレスだと「メディア追加」で音源や動画をアップすれば、記事面で表示することができます。

ただこの場合は、動画の容量が大きくなるため、動作が重くなるか、アップそのものができない場合もあります。

その場合は一度youtubeに動画をアップしてから、その動画のURLを自分のサイトに貼ることで、サーバー容量を気にせずにアップが可能です。

無料ブログの場合は、各サービスに動画や音源アップの方法が掲載されているので、それを参考に導入するとよいと思います。

収益方法ですが、主に広告収入アフィリエイト手数料になります。

広告収入は先ほどのyoutubeと同じで、自分のサイトにグーグルアドセンスを貼って、来訪者のクリックで収益を得る方法です。

もう一つは音楽や動画に関連した商品を貼って、その手数料で稼ぐ「アフィリエイト」です。

音楽ならサイト内で楽器を売るとか、映像コンテンツならカメラやパソコンを販売するとかです。

訪れた人の興味を引くような商品やサイトを貼っておくことで、そこから購入してもらい、手数料を得るという流れになります。

私がよく使っているのが「Amazonアソシエイト」「A8net」「アフィリエイトB」の3つ。

アマゾンは多くの人に知られているので購入に抵抗ないですし、何より扱う商品の幅が広いのが魅力です。

Amazonアソシエイト

A8ネットは扱うサービス企業の幅が広く、音楽や映像関係の広告企業もより取り見取りです。

A8.net

アフィリエイトBもA8netに準ずる掲載数で、支払いも手数料を引かずに次月払いなのが魅力です。

アフィリエイトB

ちなみに私はこの洋楽・音楽ブログで月に5,000円~1万円程度の収入を得ています。

ほかのサイトも併せると、もう少し行きますかね(3万~5万円ほど)

趣味でやっているブログなので、それほど懸命に収入増加を目指しているわけではなく、だいたいこのくらいですね。

ブログ副業の方法は記事でも書いていますので、興味があれば読んでみてください。

【第1回】ブログでお金を稼ぐ方法【アフィリエイト初心者向け】

続きを見る

他にも自分で制作した動画や音源を直接購入してもらって稼ぐという方法もありますが、自前での課金システムの構築はちょっとややこしくなるので、次に紹介する専門サイトで行った方が無難だと思います。

youtube動画で広告収入を得る方法

youtubeといえば、youtuberに代表されるように「動画コンテンツでお金を稼ぐ」代表格のような収益法です。

動画といえば映像系のものばかりを想像してしまいますが、演奏した映像などを動画アップしても立派な音楽コンテンツになります。

動画の投稿は、youtubeに登録さえすればすぐにでも可能。

その仕組みはシンプルです。

  • youtubeに登録する
  • 動画を撮影する
  • 自分のチャンネル(ページ)に投稿する

これだけです。

ただここから「お金を稼ごう」と思えば、ちょっと手間が必要になります。

youtubeでの収益方法の最大のものは「広告収入」

動画に広告をつけて、それをクリックしてもらうことで広告手数料がもらえる仕組みです。

そのために広告を掲載しても良いかどうかの「審査」を受ける必要があるからです。

まず第一段階の条件は、

・youtubeの審査1,000人以上

・過去12か月間で4,000時間以上の再生回数

こんな感じです。

けっこう厳しいですよね。

さらにこれに合格しても、2段階目は広告サービスを提供しているグーグルアドセンスの審査を受ける必要があるので、あれやこれやで意外に時間がかかります。

でもそれをクリアすると、あとは自分で作ったオリジナル映像コンテンツや音楽動画コンテンツを投稿するだけで、勝手に広告が挿入されて、それを見た人がクリックすれば「お金」になるということ。

いちいち自分で広告主を探したり、貼るべき広告を選ぶ必要がないので、非常に楽なコンテンツ商売の完成です。

見に来ているユーザーの好みに合わせて広告の内容が変わっていくので、動画主はひたすらユーザー(お客)を集めるような動画を作って投稿するだけ。

この「ユーザーを集める」というのが最も大変な部分なのですが、面白かったり、有益なコンテンツ(ユーザーにとって)をコツコツ投稿していると自然にファンはついてくるので、やる気と根気さえあれば、 お金を稼げる可能性は無限に広がりますね。

また人気youtuberになれば、企業側から広告掲載の依頼や、メディア出演などの展開もあり得るので、もし自分の才能に自信があるならば、コンテンツ商売に勝負に賭けても悪くはないと思います。

もちろんお小遣い程度に稼ぐのであれば、そこまで気合いを入れて動画を作る必要はないです。

のんびりと自分のペースで制作して、同じ趣味の仲間を集める感じでやっていくのも良いですね。

その場合の収益は、月に数千円~数万円程度を想定すると良いと思います。

以下にyoutubeで動画を投稿する方法や、広告収益を得る方法をまとめていますので、参考までにぜひどうぞ。

Youtubeに映像や音楽動画を投稿してお金を稼ぐ方法

続きを見る

ココナラ・noteで音楽や映像を直接販売する

自分で作った音楽や映像コンテンツを売ることができるサービスです。

自サイトやブログだと、集金システムなど難しい部分が多くなりますが、ココナラやnoteなど専門サイトを利用することで手軽に自分の技術や作品を商品化できるのがポイントです。

ココナラはクリエイターへの製作依頼をはじめ、文章や映像、音楽、個人の悩みを解決する相談アドバイスまで、有料で自分の能力を売り込むことも可能な「フリーマーケット」サイト

私は占いに興味があったので、占い師さんのサービスをお金を払って受けたことがありました。

ココナラ内の専用メールですべてのやり取りが可能だったので、なかなか便利でしたよ。

もう一つのnoteもクリエイター支援サイトで、自分で作った映像や音楽、イラスト、文章に自分で価格をつけて売ることができます。

価格の上限はほぼないので、自分の作品に好きな金額を設定できるのも魅力。

システムもシンプルで使いやすいので、多くのクリエイターが利用しています。

これら以外にもまだまだクリエイターが直接作品を販売できるサービスがあり、新しいものも出てきています。

大手メディアを経ずとも、自分の手で作品を売り込める良い時代になったということですね!

まとめ

映像や音楽でお金を稼ぐ方法を紹介しました。

自分で作った映像や音楽コンテンツが、誰かに買ってもらって楽しんでもらえるという素晴らしさ。

お金を払うということは、それだけそのコンテンツに価値があると見ている証拠なので、作った側のモチベーションにすごくなりますよね。

今回紹介した方法は「コンテンツ副業」的な流れになっていますが、これ以外にも音楽や映像の仕事を請け負ったり、業界で直接働く方法もあります。

また後日に紹介させてもらいましょう。

【音楽や映像業界の仕事でお金を稼ぐ方法】

音楽・映像関係の仕事で働く方法【求人・在宅編】

続きを見る

【楽器を売ってお金を稼ぐ方法】

楽器を売ってお金を稼ごう!収入につながる買取サイト3ショップ紹介

続きを見る


-副業

Copyright© イジ―ルブログ , 2020 All Rights Reserved.