洋楽、映画の感想レビューとファッション、関連グッズ紹介ブログ

洋楽&映画メモランダム

海外ミュージシャン腕時計モデル&愛用ブランドを紹介!(rock musician watches)

投稿日:2019年9月13日 更新日:

スポンサーリンク


海外の有名ロックスターモデルやミュージシャンが使っている腕時計の紹介です。

海外サイトなどを参考にまとめてみました。

セレブ仕様のため高級腕時計が中心になります。

【ミュージシャンモデル】腕時計シリーズ

ロックバンドやミュージシャンをトリビュートした腕時計です。

世界的に有名な3つのメーカーを取り上げてみました。

RAYMOND WEIL(レイモンド・ウェイル)

スイスの高級腕時計ブランドです。

レイモンド・ウェイル公式サイト

音楽を愛する腕時計メーカーとして、創業当時(1976年)から音楽業界とのコラボやイベントを重ねてきた歴史を持っています。

高級時計ながら10万円代で購入できるタイプもあり、庶民にとっても比較的に手に入れやすいコスパの良さが人気。

クラッシックで洗練されたデザインが魅力で、ミュージシャンコラボでのシリーズも決して奇をてらわずに普段使いできる自然さがポイントです。

対応モデル⇒AC/DC、ザ・ビートルズ、デビッド・ボウイ

ZENITH(ゼニス)

1865年に創業したスイスの老舗時計メーカーです。

ゼニス公式サイト

創業当時から自社での一貫生産を貫いている希少ブランドとして、世界中の腕時計ファンから絶大な信頼を寄せられています。

中でもムーブメントの製造に秀でており「エリ・プリメロ」は同ブランドを代表する傑作。

クォーツの台頭によって一時期は苦境に陥りますが、従来の生産方式を継承し続け、今もなお機械式時計の雄として名声を誇っています。

ミュージシャンとのコラボではゼニスらしい、メカニカルなデザインが観るものの時計心を刺激してくれます。

対応モデル⇒ザ・ローリング・ストーンズ

NIXON(ニクソン)

アメリカのカリフォルニアで1989年に創業した腕時計メーカーです。

ニクソン公式サイト

サーフやスケートボード、スノーボードを楽しむ人のためのリストウォッチを開発してきたブランドのデザインはいたってシンプル。

スポーツをする際に必須の防水機能などはもちろん、近年ではフォーマル仕様のためのデザインタイプも販売されています。

そんなゼニスとコラボしたミュージシャンもロック系と、ステージングを重視するスタイルがスポーツと共通するのかもしれませんね。

対応モデル⇒メタリカ

スポンサーリンク


【ミュージシャン愛用】腕時計シリーズ

海外ミュージシャンが使っている腕時計です。

セレブ仕様らしい高級ブランドを紹介していきます。

W・アクセル・ローズ「AUDEMARS PIGUET(オーデマ・ピゲ)」

ガンズ・アンド・ローゼズのリーダーです。

永らくオリジナルメンバーとの不和が取りざたされていましたが、2015年に再結成を果たし、2017年にはスラッシュ、ダフを加えたクラシックメンバーによる25年ぶりの来日公演を果たしました。

⇒【ガンズ・アンド・ローゼズ来日公演レポート】京セラドーム大阪に行ってきた!

そんな稀代のボーカリスト、アクセル・ローズがステージで着用する腕時計の一つは、世界3大高級時計ブランドの一つオーデマ・ピゲ。

ステンレススチールを素材とした高級スポーツウォッチ「ロイヤルオーク」を代表格として、シンプルで落ち着いたデザインと優れた機能性を兼ね備えたクロノグラフシリーズは、年齢を重ねて落ち着いたアクセルの手元にもよく似合います。

他にも自身がHYTとコラボしたものもあり、ファッションにもアクセル流の独特のこだわりが感じられます。

⇒ガンズ・アンド・ローゼズ関連記事を読む

スラッシュ「ROLEX(ロレックス サブマリーナ ハルク)」

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト、スラッシュ先生です。

なぜ先生と名付けられているかは不明ですが、ファンの間でそう呼ばれているのを違和感なく使えるのも、スラッシュの不思議な魅力の一つだと思います。

そんな世界的なギブソンプレーヤーであるスラッシュ先生の愛用する腕時計の一つがロレックスのサブマーリーナ「ハルク」。

腕時計の生産をメインにする老舗の時計ブランドですが、なぜかミュージシャンでロレックスを使用している人が多いです。

防水性や時間の精度、温度変化に左右されない精密性が、ステージで激しいプレイを要求されるギタリストに特に愛用されるゆえんでしょうか。

同じく高機能の高級機械式クロノグラフ時計「ブライトニング」を使用していることも、そういった理由が関係しているのかもしれませんね。

⇒ガンズ・アンド・ローゼズ関連記事を読む

ジョン・ボン・ジョヴィ「HUBLOT(ウブロ)」

80年代洋楽ロックの代表格「ボン・ジョヴィ」のメインボーカリストです。

定番ソング「リビング・オン・ア・プレイヤー」や「ベッド・オブ・ローゼズ」を何度も通学中の自転車で歌わせてもらった記憶があります。

現在も活動を続ける偉大なる王道ロックの騎手ですが、もちろんそんなセレブなジョンがつけている時計も成功者にふさわしい「ウブロ」。

王室関係者やスポーツ選手やセレブが愛用することが多い「成功者の腕時計」は、イタリア人デザイナーの手によって生み出されたことで、デザイン性にもクリエイティブな魅力が詰まっています。

成功者のジョンにはふさわしい腕時計かもしれませんね。

⇒ボン・ジョヴィ関連記事を読む

スティーブン・タイラー「ROLEX(ロレックス デイトナ)」

エアロスミスのボーカリストです。

世界的なロックバンドとして今もなお活動を続けるスティーブンは、71歳という年齢からは考えられない秀逸なステージングと歌唱力で多くのファンを惹きつけています。

そんなロックボーカリストが愛用する腕時計の一つがロレックス。

中でも初の自社開発によるクロノムーブメントを搭載したデイトナは、世界で唯一無二の存在感を放つロックミュージシャンにふさわしい特別感を放っています。(「ジャングル」を使っているようですが、アマゾンにはなかったので、別のものを貼っておきます)

⇒エアロスミス関連記事を読む

ボノ「ROLEX(ロレックス デイトナ)」

世界的ロックバンドU2のボーカリストです。

他の有名ロックミュージシャンと同様にロレックスを愛用の腕時計の一つにしています。

中でもデイトナはボノに格別の信用を与えているようです。

セレブを惹きつける強力な「磁力」がロレックスにはあるのでしょうね。

⇒U2関連記事を読む

エリック・クラプトン「ROLEX(ロレックス)、PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ)」

ロック界が誇る偉大なるギタリストの一人です。

クリームをはじめ、様々なミュージシャンとのコラボでその名声を高めてきたクラプトン。

ソロになって以降はよりギターの響きに深みが増すようになりました。

自伝映画を観に行きましたが、生い立ちの複雑さと中年期に味わった苦痛は見ていて胸に迫りましたね。

そんな偉大なるギターマスターが愛用する腕時計は幅広く、過去にはロレックスのヨットマスターやデイトナのアルビノ、近年では同じくロレックスシリーズのミルガウス、GMT-Master II、デイトジャストを、他にもパテック・フィリップなどを着用しているようです。

⇒エリック・クラプトン関連記事を読む

アダム・レヴィ―ン「ROLEX(ロレックス サブマリーナ)」

マル―ン5のボーカリストです。

その甘いマスクと切なくも耳に残る哀愁ボイスは、女性だけでなくロック好きの私の心もググっと掴んでくれました。

スラッシュのソロアルバムにも参加したこともあって、ガンズファンの自分的には何気に気になるミュージシャンの一人ですね。

そんなレービンが愛用する腕時計の一つがロレックスのサブマリーナ。

その名の通り、ダイバーズウォッチとしての機能性とロレックスの精密性を併せ持ったモデルとして、多くのミュージシャンにも人気があります。

海外メディアで見たサブマリーナは緑色の文字盤で金色のスティール製バンドでした(バンドはおそらくオーダーメイド)。

⇒アダム・レヴィ―ン関連記事を読む

デペッシュモード「HUBLOT(ウブロ)」

世界的人気を誇るイギリスのエレクトロニクス系バンドです。

写真はメンバーで映っていますが、メインは3人かと思われます。

メンバーの一人の髪形があまりにも特徴的なので、過去記事で「イレイザーヘッドかよ!」と突っ込みを入れてしまいましたが、もちろん彼らが生み出す楽曲はエクセレントの一言に尽きます。

そんなメンバーが愛用する腕時計が「ウブロ」。

ジョン・ボン・ジョビと同じタイプで、イタリア人デザイナーによるデザイン性に優れたセレブ御用達の高級腕時計の一つになります。(ブランドはスイス製)

チャリティーイベントで全員がつけていたものを見て取り上げたので、ひょっとしたらスポンサーか何かかもしれません。

とはいえ、ウブロもロレックスと並んでミュージシャンに人気の高いブランドなので、デペッシュのメンバーも普段使いしている可能性も高しです。

⇒デペッシュ・モード関連記事を読む

デイブ・ナバロ「ROLEX(ロレックス ヨットマスター、GMTマスター)」

ジェーンズ・アディクションやレッド・ホット・チリペッパーズに在籍経験のある有名ギタリストです。

一時期ガンズとも関係があったので、印象に残るミュージシャンでもあります。

見た目の濃さは元ポイズンのリッチー・コッツェンばりですが、長く音楽界の最前線で活躍し続けるエネルギーとそれを支えるクリエイティブな前向きさは、さすがに歴戦のギター侍だけのことはあります。

そんな彼が着用する腕時計の一つがロレックス。

ロレックスの愛好家としても名高いようで、特にヨットマスター、デイデイトプレジデント、GMTマスターを愛用しているようです。

ブルース・スプリングスティーン「ROLEX(ロレックス サブマリーナ)」

ボスの愛称で有名なアメリカのミュージシャンです。

ボーン・イン・ザ・USAは長く多くの洋楽ファンに愛される「熱い歌」でもあります(歌詞は意外に冷酷ですが)

そんなボスが愛する腕時計の一つが、ロレックスのサブマリーナ。

活動的な印象のあるボスにはぴったりのタイプかもしれませんね。

⇒ブルース・スプリングスティーン関連記事を読む

ポール・マッカトニー「PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ アクアノート)」

伝説的ロックバンド、ビートルズのギタリストです。

説明するまでもないほどの偉大なるミュージシャンの一人で、未だにツアーを行うなどエネルギッシュにもほどがあります。

そんな才能が迸り過ぎる伝説のミュージシャンが愛用する時計はあまりにも多岐にわたり過ぎるので困るのですが、その中でも特に多くのメディアで取り上げられていた「パティック・フィリップ」のアクアノートをピックアップしてみました。

スイスの時計メーカーで、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ(アクセル・ローズも使用)と並んで世界3大高級時計の名声を誇る同ブランドは、ポールのミュージシャン人生にふさわしい格と歴史と価格を持っています。

⇒ポール・マッカートニー関連記事を読む

リンゴ・スター「PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ・アクアノート)」

偉大なるビートルズの創業メンバーであり、永遠の神ドラマーです。

和やかな雰囲気がミュージシャン然としていないところが、多くの人に愛されるゆえんでは?

そんな彼もセレブの一人として数々の高級腕時計を愛用してきました。

そのうちの一つはポールと同じ「パティック・フィリップ」のアクアノート。

ロックミュージシャンはロレックスのイメージが強いですが、このレベルの人になると、また別の好みが出てくるのでしょうかね(庶民には全然分かりませんが^^;)

ミック・ジャガー「TAG Heuer(タグ・ホイヤー)」

ビートルズと並ぶ伝説のロックバンド、ローリング・ストーンズのボーカリストです。

70を大きく超えてなお、激しいステージングをこなす運動量と肺活量は相当のプロ意識がないと不可能かと思われます。

そんなシンガー職人でありビジネスマンでもあるミックが愛用する腕時計の一つがタグ・ホイヤー。

チェックした海外メディアではAutaviaとCarreraが取り上げられていました。

1860年に創業した老舗のスイス時計メーカーは、創業当時からスポーツウォッチとしての機能を追求してきたブランドです。

高級スポーツ腕時計として世界中のトップアスリートから愛用されるタグ・ホイヤーは、現役ボーカリストとしてステージを所狭しと激しく飛び回るミック・ジャガー氏には必須の相棒アイテムかもしれませんね。

⇒ザ・ローリング・ストーンズ関連記事を読む

キース・リチャーズ「IWC」

ザ・ローリング・ストーンズが誇る永遠の酔いどれギタリスト、キース・リチャーズ氏です(「酔いどれ」はあくまでイメージです笑)

俳優のジョニー・デップが演じる映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウ船長のモデルになったキースは、その見た目の通りに独特の雰囲気を漂わせている「人生の達人」。

バンド的にはビジネスマンの気配が濃厚なミックに対し、キースはあくまで「ギター仙人」としてステージの横でマイペースに音を奏で続ける「枯れ感」がたまらなく好きです。

私と同じ射手座の血を引いているので非常に個人的に勝手に親近感をもっているのですが、そんなキース氏の愛用する腕時計の一つがIWC。

1865年に創業したスイスブランドですが、なぜか創業者がアメリカ人というのが面白いメーカーです。

そのブランドの特徴は優れた時計の機能だけでなく「製品の生産が終了しているものでも修理する」ということ。

たとえ100年前の古い時計でも同社のものであれば、必ず直すという究極の職人魂を持ったブランドなのです。

まさにここにキース氏の人生に対する姿勢と共通するものがあるのでは?

単なる「酔いどれ」ではなく「職人魂」を持ったギタリストであるキース氏にふさわしい腕時計ですね!

⇒ザ・ローリング・ストーンズ関連記事を読む

まとめ

ロックミュージシャンをモデルにしたタイプと、ミュージシャンが愛用するタイプを大きく分けて2種類紹介しました。

後半のミュージシャン御用達バージョンは、特にお値段がかなりのものになりますので、庶民にはぶっちゃけ厳しめですね^^;

ただ、こういうものを使っているのかという参考にはなりますし、もし余裕のあるリッチな人であれば、買ってミュージシャンの気分を味わうのもよし、プレゼントに贈るのも良しです。

私も頑張って彼らのような時計を買えるように日々努力していきますよ!

Every watches is so high price that I can't buy them soon coz my wallet is not enough to afford it but someday I get them to do the purpose for both of using it as watches or ornament or asset or Movable property.

【参考サイト】

>From Elvis to Mick Jagger – 16 rock stars and their watches

>FAMOUS GUITARISTS AND THEIR ROCK STAR ROLEX WATCHES

>ROCK ‘N’ ROLL WATCHES: A COMPLETE GUIDE

スポンサーリンク&関連記事

-腕時計

Copyright© 洋楽&映画メモランダム , 2019 All Rights Reserved.