音楽や映画ドラマ、英語を中心としたブログメディア

イジ―ルの洋楽&映画&英語メモランダム

【英語学習】カナダの空港でペットボトルを被った女性についての英文ニュース

2020年2月11日

新型コロナウイルスの発生で中国や日本でマスクの売り切れ続いているようです。

すでに中国本土では不足状態のようで、代わりに自作でペットボトルでマスクを作って付けている人の写真や動画がSNSやニュースメディアで多く挙げられています。

今回は、先月(1月)28日にカナダの空港でペットボトルマスクを被った女性が撮影されている英文ニュースから、気になる英語表現を取り上げてみましょう。

スポンサーリンク


バンクーバー国際空港でペットボトルの女性を発見!

フェイスブックで投稿された写真をもとにイギリスのインディペンデント誌(ウェブ版)が取り上げています。

Woman spotted wearing plastic water bottle as mask in Vancouver International Airport-the-independent

こちらがその写真です。

from: Facebook / Kyaw Thu Aung Ba

うむ。確かに立派なペットボトルのマスクです。

マスクというより「帽子」と化していますね(笑)

見た目のインパクトは強大で、後ろで白人女性が笑っているのが見えます。

ペットボトルのマスクの良さは、口元だけでなく、ウイルスが飛び散る髪の毛や鼻、目を保護できるからだと言われています。

しかも素材はペットボトルなので安く作れるという便利さ。

見た目を除けば確かにコスパ高いですが、問題はこれを中国ではなくカナダで被っているというところ。

中国だと日常の風景かもしれませんが、さすがに遠く離れたカナダでこれは準備し過ぎという気もしますが・・

ともあれ、こんなインパクトのあるペットボトルマスクを被った女性を、あちらの記事ではどのように扱っているのか興味を持ったので、全文を読んで要点をまとめみました。

・カナダのバンクーバー空港でペットボトルのマスクを被った女性がいた

・北京大学の専門家によれば「通常のマスクでは目の保護が行き届かないので、こういうマスクの着用を決断したのでは」と推測している

・カナダの疫病管理センターでは「このような自作マスクの着用を推奨しない。それよりも手洗いをすること、目や鼻、口を触らないこと、病気にかかった人(おそらくコロナウイルス)に近づかないことのほうが大切」と述べている

・カナダ在住の中国人関係者によると「バンクーバーの中国人コミュニティでは誰も死者は出ていないものの、武漢に家族や親せきがいる人は夜も眠れていない」

・今や武漢は「ウイルス」の代名詞となってしまったが、全ての住人が感染してしまったわけではない。冷静になってお互いを支えあうことが大切だ

なるほど。

これを読んでいると、いかにカナダ在住の中国人コミュニティが不安を持っているか分かりますね。

それだけウイルスの蔓延が恐ろしいということ。

では今回は、この原文の中から気になる、役に立つ単語やフレーズを取り上げていきましょう。

ペットボトル「plastic water container・plastic bottle」

英語でそのままpet bottleというのかと思っていましたが、そうではなくplastic water containerになるようですね(もしくはplastic bottle)

原文では、

a woman in Vancouver International Airport wearing a plastic water container on her head as a make-shift mask

と説明されています。

「マスクをつける」は「wearing a plastic container mask」となっているので、服を着る「wear」と同じ語法になるようですね。

間に合わせの・その場しのぎの「make-shift」

即席マスクの「即席」の部分の英語が「make-shift」になります。

a woman in Vancouver International Airport wearing a plastic water container on her head as a make-shift mask.(バンクーバー国際空港で即席のペットボトルマスクを被った女性)

makeとshiftの間に-を入れるのがデフォなんでしょうか?

このへんはまた調べておきます。

突き出す「protrude」

ペットボトルマスクの後ろから見える髪の毛を状態を表現したフレーズです。

her ponytail is seen to be protruding out of a hole cut into the plastic bottle

分解すると、

her ponytail(彼女のポニーテールは)+is seen to(~に見える)+be protruding(突き出る)+out of (~から)+a hole cut(全体を切り取った)+into(~の中に)+the plastic bottle(プラスティックのボトル)

という感じになり、全訳すると「彼女のポニーテールが、ペットボトルに開けられた穴の中から突き出ているように見える」になると思います。

~の役割を果たす「played a part in」

ペットボトルマスクを被った理由を推測する専門家の発言で使われた表現です。

a “lack of eye protection” may have played a part in the woman’s decision

a “lack of eye protection(目の保護の欠如)+may have(~だったのかもしれない)+played a part in(~の役割を果たす)+the woman's decision(女性の決断)

全訳は「目の部分が保護されていないという理由が、彼女の決断(ペットボトルのマスクを被る)を促したのかもしれない」となるかと思います。

写真の滑稽さと本人の深刻度、それを真面目に分析する専門家のそれぞれが味わい深いです。

~から距離を空ける「keep a distance from」

新型コロナウイルスから身を守る術として「手を洗う、目や鼻、口に触れない」に加えて「感染した人との距離を空ける」ことを推奨した専門家の発言の中の英語表現です。

keeping a distance from people who are sick

病気にかかった人々から「距離を空ける」となっています。

日常生活でも「あの人とは距離を置いた方がよいよ」などの、あまりお近づきになってはいけない人へのアドバイスで耳にする表現でもあります。

これは結構普段でも使えそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

カナダのバンクーバー国際空港で、ペットボトルのマスクを被った女性についての欧米メディア記事からの英語を取り上げてみました。

この女性は恐らく中国人女性だと思いますが、他に誰も被っていない状態で、あの目立つペットボトルを堂々と付けている姿はかなり女前です。

周りの失笑もなんのその、誰が笑おうが何を言おうが、自分の身は自分で守るのよ!という強い決意がスマホを無心に見る姿から伺えますね。

ストロングハートを持ったあちらの女性を称賛すると同時に、早くウイルスの蔓延が収まってほしいとも思います。

どうか一日も早い収束を。

オンライン英会話サービス2社を比較レビュー

続きを見る

英語を使った仕事は何がある?転職する方法は?

続きを見る

英語の仕事に役立つ資格とは?

続きを見る

-社会ニュース英語

Copyright© イジ―ルの洋楽&映画&英語メモランダム , 2020 All Rights Reserved.