音楽や映画ドラマ、英語を中心としたブログメディア

イジ―ルの洋楽&映画&英語メモランダム

新型コロナウイルスとの戦いについての英語表現

2020年2月11日

新型コロナウイルスに関する英文ニュースから英語を勉強するシリーズです。

すでに4万人を越えたとされる武漢肺炎ですが(2月10日現在)、死者の報も900人を越えている模様。

まさにウイルスとの果てしない戦いの様相を呈してきております。

今回はそんなウイルスとのバトルについてのニュース英文から「気になるフレーズ」を取り上げていきます。

人類とコロナウイルスとの戦い

イギリスのBBC放送ウェブサイトの英文です。

The global fight against coronavirus HEALTH-BBC

ここで挙げられている英文の序文部分を2つ取り上げてみました。

ⒶThe human race is locked in a battle against something five million times smaller than us.

ⒷAs it continues to spread around the world, bringing panic with it, scientists are striving to develop ways of fighting this previously unknown threat. 

ではそれぞれの英文を分解してみます。

まずはⒶです。

The human race(人類は)is locked in a battle(四つに組んで戦う)against(~に対して)something(何かと)five million times(五百万倍もの)smaller than~(~より小さい)us(私たち)

上から読み下していくと、

「人類は戦う⇒~に対して⇒何か⇒500万倍小さい⇒我々より」

となります。

これをまとめて訳すと、

人類は我々よりも5百万倍小さい”何か”と、がっぷり四つに組んで戦っている

という感じですかね。

続くⒷは少し長いので、3つに分けてみてみましょう。

①As(~につれて)it(新型コロナウイルスが)continues to(続く)spread(広がる)around the world(世界中に)

②bringing(~をもたらす)panic(パニックを)with(に伴って)it(ウイルスの拡散)

③scientists(科学者は) are striving to(奮闘している) develop (開発・研究する)ways of(~という方法) fighting(戦う) this(この) previously unknown threat(先だった未知の脅威)

これを読み下していくと、

①~につれて⇒新型コロナウイルスが続く⇒広がり⇒世界中に

②もたらす⇒パニックを⇒ウイルスの拡散をともなった

③科学者は奮闘している⇒開発を⇒戦い方⇒この未知の脅威との

これをまとめて訳すと、

世界中に広がるウイルスの拡散と混乱が続く中、科学者は未知のウイルスへの対処法を懸命に模索しています

という感じかと思います。

この中で「previously(先の、前述の)」だけは意味を当てはめることができなかったので、あえて放置しました^^;

まあおよその大意は掴めたと思います。

ではそれぞれの英文の中で「これや!」というフレーズを取り上げてみます。

四つに組んで戦う「be locked in a battle」

相撲で使われる用語です。

力士が両手でお互いをがっちりつかみあってガッツリ戦う試合模様を示したものですね。

英文ニュース的に訳すと「ウイルスと正面からぶつかり合っている」的な雰囲気になるでしょうか。

一進一退の攻防、五分五分の戦い、ともいえるでしょうか?

~倍の「~times」

何倍もの敵、数倍の容量などの「倍数」を示す数量英語です。

この表現が来た後ろには「~er than(~より~だ)」という比較の英文がくる場合が多いです。

ここではsmaller than(~より小さい)。

なので、

five million times smaller than us(我々より500万倍小さい)

となりますね。

~timesはけっこうあちらの英文でもよく見るので、覚えておくべき必須表現の一つです。

~につれて「As」

時や場所などの状況を表現するときや、「~のように」という理由付けとして使われる用法です。

ここでは「As times goes on~(時が経つにつれて)」という感じで、時間や場所の状況を表しています。

奮闘する「strive to」

try toが「努力する」「頑張る」だとすれば、strive toは「めっちゃ頑張る」「死ぬほど踏ん張る」という必死さが伝わってくる同士です。

この表現を使うことで、いかに科学者がウイルス撃滅に向けて頑張っているかが伝わりますね。

スポンサーリンク

まとめ

以上が、ウイルスとの戦いについて触れたニュース英語の一部です。

取り上げたのは、ほんの触りにしかすぎませんが、続きの英文で研究開発の実態を詳しく解説していますので、興味のある人は前述のリンク先で読んでもらえればと思います。

オンライン英会話サービス2社を比較レビュー

続きを見る

英語を使った仕事は何がある?転職する方法は?

続きを見る

英語の仕事に役立つ資格とは?

続きを見る


おすすめ音楽や映像でお金を稼ぐ方法【まとめ】

おすすめオンライン英会話サービス2社を比較レビュー


-社会ニュース英語

Copyright© イジ―ルの洋楽&映画&英語メモランダム , 2020 All Rights Reserved.