80年代洋楽好きの音楽・映画・英語・書評・身だしなみレビュー

Gontaro Lifestyle

輪廻転生を繰り返す犬の感動物語!「僕のワンダフルライフ」レビュー

2017年10月28日

2017年のアメリカ映画です。

犬が生まれ変わって最後に元の飼い主のところに戻るという話に心惹かれて、劇場鑑賞に行きました。

まずはあらすじをどうぞ。

あらすじ

主人公の犬は1度目は生後数か月で殺処分され、2度目の生まれ変わりで人間の主人公の少年イーサンの家に引き取られます。

少年時代のイーサンは犬をベイリーと名付け、いつも楽しくベイリーと遊んでいたのでした。

しかし家族内のゴタゴタで父親が家を出てしまったこと、高校のアメリカンフットボールのスターになっていたイーサンが自宅火事の際に足を怪我してアメフト選手の声明を絶たれてしまったことなど。

そのことが原因でイーサンは自暴自棄になってしまい、それまで付き合っていた彼女ハンナとも別れ、祖父母の家に引きこもります。

その後、なんとか農業学校に進学が決まり、イーサンは故郷を後にすることになりました。

そして愛犬だったベイリーが体調を崩したことを知って故郷に戻り、その最後を看取ることなります。

ベイリーは色々な犬に転生しながら、3度の犬ライフを経験していきます。

警察犬として任務を全うした犬ライフ、家族に愛されて寿命を終えた犬ライフ、最後はもらわれていった家で虐待(ネグレクト)を受けてしまい、最後は捨てられてうという哀しさ。

そこから向かった先がある農場です。

それがイーサンの住む家だったのです。

イーサンはすでに50代になっていて、まだ独身のままでした。

数度の犬ライフを経て姿が変わっていたベイリーに気づくことなく、さまよってきた犬を飼い犬として迎え入れます。

その後、農場でベイリーと遊ぶうちに、子供の頃によくベイリーとやっていた仕草や遊び方とそっくりなことに気づき「あれ?お前は・・」と不思議に思い始めます。

そして試しに「ボス!」とかつて子供の頃に呼んでいたベイリーのニックネームと、背中をジャンプして円盤を取りに行く遊びをしたところ、死んだはずのベイリーと同じ反応をしたのでした。

「お前はベイリーだったのか!」

その後、ベイリーはかつてイーサンの恋人だったハンナとイーサンを引き合わせる恋のキューピットの役割を演じることになるのでした・・

劇中では犬のベイリーが転生するたびに人間の声で、自分の運命の行く末をつぶやいている態で進んでいきます。

そのあたりが以下にもアメリカ映画っぽくて、不慮の死や虐待を受けるというシーンも比較的に淡々と流すことができていたと思いますね。

この手の動物映画で飼い主が変わるパターンは、嫌な人間が出てきて嫌な仕打ちをすることが多い印象がありますが、それがあったのは最後の転生でイーサンの家に行くきっかけとなったネグレクト&捨て犬のシーンだけ。

この飼い主は貧乏若者白人風の女性が譲渡犬の会でベイリーを譲り受け、可愛がろうと家に連れて帰るのですが、一緒に住んでいた彼氏が悪い奴で、庭でベイリーを鎖につないだまま、ずっと散歩も連れて行かずに放置しているのです。

このシーンは本当に見ているだけで頭にきて「お前はそのへんのジャンキーに銃で頭を撃ち抜かれて地獄に落ちてしまえ!」と罵ってしまったほどでした(もちろん心の中で)

挙句の果てに車の荷台放り込んで街のどこかに捨ててくるのですから、まあ本当に最低の奴でしたね(しかも首輪をつけたままで)

幸いイーサンの家にたどり着くことが出来て、ようやく昔の一番幸せだったあの頃に帰ることができたということ。

イーサンが「ボス!」といって昔のようにベイリーと遊ぶシーンは見ていて涙が出てきましたね。

そんなイーサンの成人役はデニス・クエイド。

素朴で口下手なファーマー(農家)の役柄が本当にぴったりハマっていました。

数十年ぶりに縁を取り戻したかつての彼女とイーサン、ベイリーの幸せな生活も見てみたいと思いましたね。

続編も出ているようですが、もしそのあたりが描かれているなら、ぜひ鑑賞したいと思っています。

created by Rinker
¥1,528 (2021/10/24 09:20:52時点 Amazon調べ-詳細)

英語ジャンル記事

映画で英語学習

-動物・自然

Copyright© Gontaro Lifestyle , 2021 All Rights Reserved.