音楽・映画・英語学習・エッセイを中心にした情報レビューブログ

イジ―ルブログ

楽器を売ってお金を稼ごう!収入につながる買取サイト3ショップ紹介

2020年6月28日

使わなくなった楽器の処分に困っている人は意外に多いと思います。

捨てるのも忍びないし、かといって置いておくのも嵩張って邪魔になる・・・

私も若い頃にギターにハマっていた時期があり、エレキギターとアコースティックギターを3本も揃えたことがありました。

しばらく使った後は知り合いに譲ったり、数年ほど放置した後で荒ゴミに出してたりしていましたっけ。

今思うともったいないことですよ。

どうせ手放すのなら、しっかりお金に替えたほうが得というものですよね?

今は昔と違って、ネットでの楽器買取サービスが充実しているので、現金化のチャンスがぐぐっと増えているのが嬉しいところ。

中古品で誰かの手に渡る可能性もあるわけですから、捨てるよりは全然ベターですよ。

そのお金で資格の勉強や旅行、美味しいものを食べるための小遣い、支払いなどに使えるのですから、有効利用もよいところです。

そんなお得な買取サイトを!

今回は3サービス紹介していきましょうぞ!

査定の流れと楽器買取サービス3選

ネット上で楽器の買い取りをする場合は、買取サイトとメールや電話等でやり取りしながら、楽器の種類や状態のチェックに入ります。

買い取りが可能で、買い取り価格のおよその目安がつくならば、そのまま買取査定に進むか、出張査定という形でより詳しい楽器チェックを行う流れになります。

多くのサイトでは査定専用メールを設置しているので、必要な項目に記入することで、第一段階のチェック(買い取りが可能かどうか)を済ませることができます。

では以下に3つの買取サイトを紹介していきましょう。

楽器の買い取り屋さん



創業10年の楽器専門買い取りサイトです。

買取対応地域は全国で、現金払いが可能となっています。

買取可能な楽器は「ギター、ベース、管楽器、生ドラム、電子楽器、DJ機材」で、電子ピアノ、エレクトーン、アップライトピアノ、グランドピアノ、和楽器(三味線・琴・和太鼓・尺八)は買取不可になっています。

査定・手数料・送料は無料。

このサービスの特徴は、各楽器の専門買取サイトがあって、それぞれの楽器/機材に精通した専門スタッフがいるところ。

それだけ正確な査定が可能になっているので、安心して買取を任せることができますね。

 

タカミツ楽器



楽器買取専門店のオンラインショップです。

後で述べますが、特別キャンペーンも行っているなど、心配りのあるサービスが嬉しいサイトです。

全国での買い取り査定が可能です。

主な買取楽器は「ギター30種類以上、管楽器、鍵楽器(シンセサイザー、チェンバロ、エレクトーンなど)」になっています。

シンセやエレクトーンの買い取りを行わないサイトが多いので、鍵楽器を売りたい人にとっては嬉しいですよね。

出張料・配送料・査定手続き料は無料で、壊れているものも状態によっては買取可能です。

大規模な買取もスタッフが搬出を対応しています。

「ギブソンやフェンダーのギター、ベース類の買取成約となりましたお客様に金額プラス1,000円キャッシュバック!」キャンペーンも実施中なので、他ショップよりもちょっぴりお得ですよ^^

 

かなで屋



全スタッフが遺品整理士という珍しい楽器買取専門サイトです。

故人が生前に愛用していた楽器を買い取って欲しいという依頼が多いからだと思われます。

通常の楽器買取査定も受け付けており、全国の対応が可能です。

現金払いが可能で、査定料・出張料は無料です。

買取の対応楽器は「ギター、ベース、アンプ、管楽器、サックス、弦楽器、打楽器、電子ドラム、鍵盤楽器、DJ機器、PA・録音機器、和楽器、その他機材」、買取が不可なのは「エレクトーン、電子ピアノ、オルガン、キーボード、シンセサイザー」です。

対応がスピーディーだということで、急ぎの買い取りを希望する人にはお勧めかと思います。

 

まとめ

楽器の買い取りショップ3サイトを紹介してみました。

それぞれ見積りや出張料金が無料なのが助かりますし、その場で買い取ったお金を渡してくれるところも、急な出費の時や入り用の時には有難いですよね。

別の楽器や機材の費用に充てるのも全然あり。

捨ててしまうと楽器の人生はそこで終わるので、ぜひとも売ることで財布と楽器を活かしていきましょう!

洋楽ロック好きが語る!楽器・ボーカル情報&思い出話(rockin' musical instrument)

続きを見る

海外ギタリストが愛するエレキギターおすすめブランド10選

続きを見る

エレキベースのブランドおすすめ5選とベースプレイヤーについての個人的な見解

続きを見る

音楽サービスのオンライン化が止まらない理由【楽器・ライブ・教室】

続きを見る


-楽器

Copyright© イジ―ルブログ , 2020 All Rights Reserved.