洋楽・邦楽・映画・英語学習・グッズ・デジタルのレビュー&情報発信ブログ

イジ―ルの音楽・映画・英語学習ブログ

ハリウッドスターの自伝オーディオブック8選【Audible】

2021年3月6日

アマゾンの音声ブックサービス「Audible」の映画スターバージョンの紹介です。

ハリウッド映画スターの「自伝本」は世の中に数あれど、スター本人の声で人生を語っている本はそうはありません。

以前に紹介した海外ミュージシャンのオーディオブックと同じように「リアルな生声」で濃密で深い人生を滔々と語ってくれますよ。

では早速、ハリウッドスター本人語りの「自伝本」を紹介していきましょう!



1:アーノルド・シュワルズネッガー

ターミネーターやコマンドーで世界的大スターになったシュワルズネッガー氏の自伝本オーディオブックです。

著者である本人とステファン・ラングというナレーターの共同で声入れをしています。

オーストリアから移民してきたシュワルズネッガー氏の波乱万丈な人生をあの低い男前な声で語ってくれるので、それだけでコナン以来の往年のファンはしびれてしまいますよ。

個人的にはターミネーターのシュワちゃんが最高に切れていると思うので、ぜひ今度はターミネーターに絞った裏話本や暴露本をオーディオブックで出してほしいですね。

そのときはもちろんT-100の声で!

 

2:マイケル・J・フォックス

バック・トゥ・ザ・フューチャーの主人公マーティ役で大ブレイクしたカナダ出身の映画俳優の自伝オーディオブックです。

生い立ちから始まり、1990年代後半から兆候があったパーキンソン病のことまで語っています。

2007年に出版された本は国際的にベストセラーになっており、2020年の最新版では二度目の引退を宣言しています(記憶力の低下などが原因としている)

2007年度版では「バック~」で親しんだあの独特の少し巻き舌気味で若々しい声を思う存分聴くことができますが、最新版は病気が進行しているせいか、少し聞き取りずらい話し方になっていますね。

それでも自分の思いを伝えようと懸命に語っている様子には熱いものを感じますし、これからもぜひ頑張ってほしいと応援したくなります。

彼のファンの方にはもちろん、人生で前向きに進みたいと感じている人への推進力としてぜひともおすすめな一冊ですよ。

 

3:デミ・ムーア

「ゴースト/ニューヨークの幻」でスターの仲間入りをした大物女優の自伝オーディオブックです。

その知的な顔つきと肉感的なボディラインのギャップが人気を呼んで様々なジャンルの作品で出演しますが、私生活ではいくつもの結婚・破局を繰り返してきています。

自伝ではそんな彼女の母親との葛藤や、スターでいること、子育ての苦悩など、赤裸々に思うことを語ってくれています。

個人的にはブルース・ウィルスとの結婚と破局が最も印象的ですが、二人の間には3人の娘さんができていて、そのうちの一人が両親と同じく俳優になっているということで、なぜか分からないですが「良かったね」と思いました(2人とも俳優として好きなので、応援的な意味で)

英語もスムーズで聞き取りやすいので、リスニングにも「ながら作業」にも最適な内容になっています。

 

4:サイモン・ペッグ

イギリスのコメディ俳優による自伝オーディオブックです。

コメディ系ゾンビ映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」で、この人の存在を初めて知ったのですが、そのときの印象が「とぼけているけどシリアスな演技も出来て面白い」ということ。

その後、なぜかトム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ「ミッション・インポッシブル」にレギュラー出演するようになり「大物になったなあ」となぜか親心のようなホッコリ感を感じておりまする(笑)

オーディオブックとしての出来は「まずまず」。

まず英語の発音が個人的に好きなので、そこは80点以上を付けられます。

イギリス人なので聞き取りやすいんですよね。

内容は微妙で、商品レビューにもあるように、変なジョークが多すぎて時々「ふーむ」という気分になるときがあります

とはいえ、全体的にはサイモン独特の軽いタッチで過去が語られているので、色々と興味深い部分が多かったです。

サイモンファンにはおすすめの一冊ですね。

 

5:リース・ウェザースプーン

アメリカ南部の出身と伝統を誇りとするハリウッド女優です。

2001年の「キューティー・ブロンド」で一躍人気スターとなり、同系統の作品に多く出演して「ラブコメの女王」との異名をとるようになっています。

その後、しばらくの低迷期が続いた後「ゴーン・ガール」(2014年)では自身の制作会社でプロデュースを行い、作品も高評価を得ています。

他にも女性や子供の支援を行う活動に積極的に活動するなど、俳優としてだけでなく社会活動家としても熱い人でもありますね。

自伝ではそういった自身の過去について語っているほか、パーティーや家具、料理についてのレシピなど自伝以外の部分も多くあり、聞いてるだけでセレブリティな気分を味わえます。

そういった描写が好きでない読者は低評価を与えていますので、そこは個人的な評価が分かれる内容になるでしょうね。

ナレーションとしては早過ぎも遅すぎもなく、癖がなくてミドルロウな声で語ってくれているので、聞き取りやすさはgood!です。

 

6:ガブリエル・バーン

ハリウッドを代表する苦労人俳優の一人です。

アイルランドはダブリンの出身で、教師の仕事をしながら演技を勉強するようになったということで(始めたのが29歳)、かなり遅咲きの俳優さんであることが分かります。

その後は地元ダブリンのテレビや舞台で活躍した後、映画「エクスカリバー」でデビューし、ハリウッドデビューを果たします。

個人的にはシュワちゃん主演の「エンド・オブ・デイズ」(1999年)で演じたサタンの役の印象が強烈で、それ以来この俳優さんを見るたびに「悪魔」のイメージが自分の中で離れられなくなっています(失礼な話ですが苦笑)

自伝オーディオブックとしての魅力はなんといっても「声」。

内容もさることながら、なにはともあれ低くて渋い「声」に魅了されますね。

95年度版は若々しくも魅力的なローボイスに、2021年度版は少し柔らかくなりつつ、話し方に韻を踏んでいて、まるで質の良い英詩を聴いているような気分になります。

英語も癖がないので聞き取りやすいことおびただし。

静かに語られるので、寝る前のスリープリスニングにぴったりですよ。

 

シャーリー・マクレーン

アメリカを代表する大女優の自伝オーディオブックです。

本のタイトル「What if...」(もし~だったら)にあるように、色んな仮定を彼女なりに興味深い解釈で解き明かしている部分も面白いです。

出版は2013年なので、すでに80歳近い年齢のときの自伝になりますが、それだけに長いキャリアの豊富な業界体験を聴けるのも魅力的ですね。

英語のオーディオブックとしては、高齢の方の語りなので「ゆっくり」と聞きやすいです。

癖もなく、明瞭な発音で語られているので、初心者の英語リスナーでも比較的に耳馴染みしやすいと思います。

 

オーディオブックの聴き方&まとめ

今回紹介したオーディオブックはアマゾンが運営するAudibleというサービスで聴くことができます。

その特徴を以下にまとめると、

・収録数:40万冊(うち日本語版が1万冊)

30日間の無料体験期間あり(休止の場合もあり)

月額1,500円

毎月1回のコイン付与あり(オーディオブック一冊と無料で交換できる)

・会員は定価で30%オフの購入可能

商品ページでサンプル音声を試聴できる

・購入後はオフラインでも利用可能

・返品や交換も可能

・途中解約も可能(無料体験期間中も含む)

のようになっています。

私も加入しており、すでにいくつものオーディオブックを入手して毎日の生活の中の「英語学習」として利用しています。

オーディオブックのよいところは、移動中や作業中でも「ながら」でいつでもどこで聴けるところ。

流行りの小説やビジネス本、今回紹介したような英語本で楽しんだり勉強したりできるのでおすすめです。

お子さんがいる方なら絵本のオーディオブックもあるので、読み聞かせの代わりに流してあげることも可能ですね(本当は親御さんの声のほうが子供さんも安心するのですが、どうしても手が離せないときの予備として)

入会して最初の一冊は無料なので、そこで続けるかどうかを決めるのも良いと思います。

入会後も毎月一回のコイン配布があるので好きな本が無料で手に入りますし、入会後も定価の30%引きで購入できて、返品・交換も可能なので、なかなかお得かと。

問題があるとするならば、ナレーションの声によって、その本が自分に合う・合わないが確実にあるところ。

本そのものは良くても、音声ブックなのでナレーションとの相性が大事ですよね。

私も何冊かは購入して「このナレーションは失敗したかなあ・・」というのがあります。

その場合は返品して別のタイトルに交換しますが、それでも正直「がっくり感」は否めないです。

商品欄に無料サンプル音声がついているので、買う前に確認はできますが、それでも最後まで聞けるわけではないので、あくまでさわりの雰囲気を掴む程度になります。

とはいっても、ほとんどの場合はさわりの音声だけでだいたいの雰囲気は掴めるので、問題がないといえば問題ないです。

もし途中から「あれ?」と思ったら、返品・交換をすれば済みますので。

なので、まずまずいい感じの音声ブックサービスかと思いますね。

アマゾンが運営しているのも安心できる部分ですし、何しろ品揃えがすごいのが最大のポイントです。

⇒Audible 無料体験に登録

サービスの内容についての詳細は以下の記事で詳しく解説していますので(加入レビュー)、よければご覧くださいね。

オーディオブック「Audible」加入レビュー

続きを見る

その他のオーディオブックおすすめ

【Audible 洋書】「シャーロック・ホームズ全集」レビュー

続きを見る

洋楽ミュージシャンの自伝オーディオブック7選【Audible】

続きを見る

映画の洋書オーディオブックおすすめ10選【Audble】

続きを見る


-英語サービス, 英語まとめ

Copyright© イジ―ルの音楽・映画・英語学習ブログ , 2021 All Rights Reserved.