洋楽・映画好きのエンタメ&身だしなみ情報レビューサイト

イジ―ルズブログ

格安スマホ「マイネオ」を使って一年8か月後の感想【正解でした】

2020年11月28日

格安スマホのマイネオに加入しているイジ―ルです。

2019年3月から使い始めて一年と8か月になります。

世の中には色々な格安スマホの情報とか、マイネオに関する情報サイトがありますが、今回この記事ではあくまで私が実際に使ってみた感想に絞って紹介していきたいと思います。

マイネオを替えようと思ったきっかけ

もともとはAUのガラケーを使っていました。

2010年ごろから2019年の2月まで使っていたので、足掛け10年近くガラケー生活を送っていたことになります。

料金はパケット定額制ではなかったので、使った分の電話代やネット通信料を払っていましたが、タブレットやパソコン使用がメインだったので、月々2000~3000円の料金で済んでいました。

それがなぜスマホに変えようかと思ったのかというと、使っていたガラケーが壊れてしまったからです。

どうせ新しく買えるのならスマホがいいかなと思い、周りに相談したり、自分で調べたところ、月々の料金が最低でも5000円はするということを知り「うわ、高いな」と驚きました。

それまで2000円~3000円レベルで済んでいた身からすると、毎月5000円~一万円近くのお金が通信料に飛んでいくのは信じられなかったのです。

それでさらにスマホに詳しい友人に聞くと「格安SIMがいいよ」と教えてくれました。

当時販売されていた格安SIMは「マイネオ」と「UQモバイル」が有名でした。

海外のものもあったのですが、そちらは後々でトラブルが起きたら面倒くさそうだったので、国内のほうでいいかなと。

で、マイネオとUQモバイルを比べようと、ショップを訪ねて色々と聞いてみることにしました。

そこで得た感想は、安さではマイネオ、利便性ではUQモバイルがいいのかなということ。

う~ん、どちらが良いのだろう、と悩んでいたところ、最初に格安SIMを勧めてくれた友人がマイネオを使っていて、月額料金が700円で済んでいると知り「えええ~!」と驚愕しました。

「700円はめちゃくちゃ安いな・・」

これで一気にマイネオに気分が傾きます。

UQは通信スピードなどの面でクオリティが高そうな感じでしたが、スタンダード料金が3000円レベル(2019年当時)だったので、価格の点で圧倒的な開きがありました。

結局、色々と悩んだ結果、マイネオの安さに魅かれて契約することに決めたという流れです。

スポンサーリンク

契約したマイネオの料金プラン

早速ショップに行って契約を進めることにしました。

契約をするにあたって、それまでずっと使っていたAUのサービスとは大きな違いがいくつかあることに気づきます。

・サービスショップの数が少ないこと

・修理などのアフターサービスはオンラインでのやり取りのみ

・月々の支払いはクレジットカードでの引き落とし

AUなどの大手携帯ショップは街のどこでもサービスステーションがありますし、そこで修理などの手続きなど全てのやり取りが可能でした。

でもマイネオの販売店は数が圧倒的に少ないですし、店舗サービスも新規申し込みと機種・SIMの引き渡し、初期設定サポートに限られています。

基本的にはオンラインでのサポートになっていますが、ちゃんとしたサポートを受けようと思えば、有料サービスという形になります。

内容も訪問サービスは9000円、その他のオプションサービスという感じで、サービスごとに価格があったりします。

この辺りが従来の携帯サービスと違うと感じた点ですね。

さらにキャリア携帯の場合は毎月の支払いは銀行引き落としでしたが、マイネオの場合はクレジットでの引き落としになっているということ。

「なるほど。手続きや店舗の管理など人件費を削ることで、安い価格のサービスが可能になっているのだな」と。

とはいえ、対応してくれたスタッフのサービスは普通に良好でした。

初めてスマホを契約する私にも分かりやすいように説明してもらえましたし、料金体系もいたってシンプルですぐに理解できましたし。

実際に契約したプランですが、以下のようになりました。

【最新の購入端末】arrows m03

【プラン】Aプラン

【タイプ】デュアルタイプ(データ通信+音声通話)

【コース】Aプラン デュアルタイプ (3GB)

【お申し込み中サービス一覧】

・端末安心保証サービス

・mineoでんわ

【利用料金】

・デュアルタイプ(3Gコース)基本料:1,661円

・端末安心保証サービス利用料:407円

・端末代金(割賦):8%:891円

・ユニバーサルサービス料(mineo):2円

合計:2967円

あれ?

友人の言っていた「月々700円とは違うぞ?」と思った方は結構おられるかもしれません。

私も提示された料金を見てそう感じました。

それには理由があって、友人はもともと使っていた自分のスマホをそのまま利用し続けて、中のSIMカードだけマイネオに替えていたからです。

だからスマホの機種代は0円ということ。

次に契約したプランの違いがあって、友人の場合は「データ通信のみの月額料金」の契約で、しかも一番容量の低い500MBにしていたので、その料金が700円だったというわけです。

機種にかかる料金(機種代・端末保証サービス代)がオフ+データ通信のみの契約

月額700円(消費税等は除く)が可能になっていたということでした。

私の場合は新しく機種を購入したことと、電話もしたかったので「音声通話」サービスがついた「デュアルコース」にしたこと、容量も3GBにしたことが重なり、最終的に「約3000円」という毎月の料金になったのです。

それでも他の大手スマホ(キャリア)に比べたら格段に安いですよね。

マイネオの料金体系

ではここで、マイネオの料金体系をまとめてみます。

といっても全てを書き出してしまうと結構なボリュームになるので、基本のデュアルタイプとシングルタイプ、容量も6GBまでの表記にしておきます。

【デュアルタイプ月額料金(音声とデータ通信)】

Aプラン(AU)

500MB:1,310円

3GB:1,510円

6GB:2,190円

Dプラン(クロッシィ・FOMA)

500MB:1,400円

3GB:1,600円

6GB:2,280円

Sプラン(ソフトバンク)

500MB:1,750円

3GB:1,950円

6GB:2,630円

【シングルタイプ月額料金(データ通信のみ)】

Aプラン(AU)

500MB:700円

3GB:900円

6GB:1,580円

Dプラン(クロッシィ・FOMA)

500MB:700円

3GB:900円

6GB:1,580円

Sプラン(ソフトバンク)

500MB:790円

3GB:990円

6GB:1,670円

マイネオを実際に使ってみた感想

一年8か月ほど使ってみて、一番気になった点。

それは、

接続する時間によって画面の表示に時間がかかる

ことです。

特に正午あたりにネットをみるときに顕著ですね。

とはいえ、ここは契約時に念を押された部分でした。

マイネオのような格安SIMは大手キャリアの回線を間借りして使っているので、キャリアのスマホユーザーが最も使う時間帯になると、そちらに回線の優先度が回されるからということだからです(覚えている限りでは)

なのでお昼休みの12時ごろから13時の時間帯が一番回線がつながりにくいということでした。

基本的には「正午あたりの時間帯」のつながりが一番悪くて、次に「17時~18時あたり」の時間帯も少し遅めかなという印象です。

あとは

キャリアのメールアドレスが使えなくなった

というところですかね。

それまではAUの携帯だったので「@ezweb.ne.jp」がつくメールアドレスを使えてましたが、これがなくなってGmailのフリーメールアドレスかマイネオのアドレスに変わったというところです。

この辺も短いやり取りならショートメール(SMS)でパパっとできますし、LINEアプリをダウンロードすればそれで電話もメールも無料でできるようになるので、基本的には問題ないという感じですかね。

ほかは普通にネットも見れますし、LINEを使わない場合だと「マイネオでんわ」に別途契約すれば安く通話できるので、とくに使い勝手の悪さを感じたことはないです。

音楽もオーディオブックの利用もOK!

洋楽好きであり本好きな身としては、契約しているアマゾンの音楽聞き放題サービスがスマホで聞けるのか?ということと、同じくアマゾンのオーディオブックサービス「Audible」の利用は問題ないのか?という点が気になっていました。

結果的に、

問題なく使える

事が判明。

どちらもスマホ専用のアプリをダウンロードして普通に使えるようになります。

そのままでも音声はクリアですし、ワイヤレスイヤホンでリスニングしても楽しめます。

これが使えることがスマホに替えた最大の喜びになりましたね。

とくにオーディオブックは移動中の耳で聞く読書としてすごく重宝してます。

Amazonサービスのレビューはこちらで↓

【Amazon比較】動画・音楽聞き放題・オーディオブックサービス紹介

続きを見る

まとめ

月額料金の安さが最大の魅力のマイネオ。

経済が厳しくなりつつある昨今では、月々の支払いが大幅に下げられる格安スマホは、家計にもすごく助かるものです。

大手キャリアに比べると対面サービスやアフターサービスの面で不便を感じるかもしれませんが、実際に私は購入してから一度もスマホに問題が起きたことがないので、スマホを酷使することがない人にとっては特に関係のない部分だと思いますね。

ちょっとしたトラブルや疑問は「マイネ王」というマイネオユーザー同士のコミュニティでほとんど解決できるので、スマホやネットさえつながれば、その辺の問題もクリアになるかと思います。

契約の縛りもないので、好きな時に契約して、気に入らなければ解約して別のサービスに乗り換えられるのも良いところだと思いますね。

私はショップで申し込みましたが、近くに店舗がない場合はネット申し込みも可能になっています。

その際は「本人確認書類」「MNP予約番号」「連絡用メールアドレスと電話番号」が必要です。

本人確認書類は「音声通話を利用する人」「端末をローンで購入する人」のみで、MNP予約番号も「今の電話番号をそのまま使って、他社から乗り換えする人」のみが必須になっています。

申し込みが完了すると、最短で1時間後には全国の店舗で機種とSIMカードの受け取りが可能になるので、かなりスピーディーにマイネオユーザーになれますよ。

スマホはあくまで通信手段、月々の料金を安く済ませて他の有益なことに使いたい!という人に特におすすめだと思います!

ネット申し込みはこちら↓

>>mineo公式ページ

mineo(マイネオ)

-デバイス情報
-

Copyright© イジ―ルズブログ , 2021 All Rights Reserved.