音楽や映画、ファッション、デジタル&雑貨のレビュー

洋楽&映画メモランダム

スマートフォン デジタル

【格安スマホ】マイネオで購入した機種「arrows mo3」搭載カメラと文字入力の使い方をレビュー!(how to use word button)

投稿日:2019年4月1日 更新日:

スポンサーリンク

AUのガラケーから格安スマホ「マイネオ」に移行したレビューを2回、これまでに紹介してきました。

www.yougaku-youga.com

www.yougaku-youga.com

その続きになる今回は、新しく購入したスマホの機種「富士通arrows m03」に搭載してあるカメラのシンプルな使い方と文字入力のあれこれを、ざざっと初心者視点で紹介していきたいと思います。

超シンプルなカメラの使い方

紹介というほどのレベルではないかもしれませんが、まったくスマホを使ったことがない超ビギナーの「そう、そこが分からなかったんだよ!」という感覚を大事にしながら、超必要な部分だけをピンポイントに説明したいと思います。

まず「カメラ」はどうやって使うのか?という基本的なところから。

携帯カメラというのは専用のボタンがついてあって、それを押すことで写メを撮ることができるのだというのが、ガラケー世代の認識だと思います。

しかしスマホでは、カメラは画面上のアプリで呼び出して使うことになります。

以下にその流れを写真で見ていきましょう。

①トップ画面

f:id:chocomale:20190331220436j:image

②カメラのアイコンをタップして起動させる
f:id:chocomale:20190331220427j:image

③画面上のボタンを押して撮影

f:id:chocomale:20190331220419j:image

 

こんな感じで撮影できました。

f:id:chocomale:20190401003340j:image

綺麗ですね。

普通以上にはクリアに撮影できているかなと思います。

撮影した写真を送信する場合は、スマホ画面上にあるGメールアプリをクリックし、Gメール管理画面でメール添付を行うだけで完了です。

より細かい設定や、撮影した映像の編集などは試し次第、次回以降のレビューで紹介していきます。

文字入力画面の操作方法

次は文字入力の操作法です。

スマホに慣れた方なら何の問題もない内容になりますが、あくまでスマホ超初心者への情報と捉えてください。

加えてスマホでも機種が違えば、微妙に使い方も変わってくると思いますので、ここではあくまで富士通のarrows m03の画面に限定という形になります。

手書き入力の機能

この機種では、文字をタップして入力していく方法意外に、直接、画面に文字を書き込んで文章を書いていく方法があります。

私の購入当時は手書き機能がオンになっていたので、その前提でいきましょう。

グーグル画面で検索ボックスを出す

f:id:chocomale:20190331231917j:image

青枠が出てきて、手書き機能がオンになっているのを確認
f:id:chocomale:20190331231906j:image

文字を手書きする(「さ」)
f:id:chocomale:20190331231859j:image

「さ」の検索候補が出てくるので、それを選択 

f:id:chocomale:20190331232032j:image

次に手書き機能をオフにする方法です。

文字入力画面の左上にキーボードを指で触るアイコンが見えますので、それが青い状態が「オン」になります。

手書きが「オン」の状態

f:id:chocomale:20190331231906j:image

このアイコンをタップすると、

手書きが「オフ」の状態

f:id:chocomale:20190331231911j:image

これで通常のタップ式の文字入力画面になりました。

文字入力の方法

続いて各種の文字入力の方法です。

濁点「”」

濁点の打ち方を見てみましょう。

「が」を表示させていきます。

「か」をタップ

f:id:chocomale:20190401165522j:image

左下の「”、゜、小文字」を1回タップ

f:id:chocomale:20190401165516j:image

濁点付きの「が」

f:id:chocomale:20190401165511j:image

゜文字

文字の右上につける「゜」です。

「ぱ」を表示させていきます。

「は」をタップ

f:id:chocomale:20190401165504j:image

左下の「”、゜、小文字」を2回タップ

f:id:chocomale:20190401165458j:image

゜点の「ぱ」

f:id:chocomale:20190401165541j:image

小文字

小文字の出し方です。

「よ」を表示させていきます。

「や」をタップし、続いて同行の「よ」に指でスワイプ 

f:id:chocomale:20190331232605j:image

画面左下の「”、゜、小文字」マスをタップ
f:id:chocomale:20190331232558j:image

小文字の「よ」
f:id:chocomale:20190331232553j:image

ひらがな⇒アルファベット

ひらがな画面からアルファベット画面に変換する方法です。

左下の「あ/A」マスをタップして変換

f:id:chocomale:20190331231911j:image

 アルファベット画面に変換

f:id:chocomale:20190331232725j:image

数字、記号

数字と記号の入力画面を表示します。

左下の「 1&ニコニコマーク」をタップ

f:id:chocomale:20190331232725j:image

数字入力画面

f:id:chocomale:20190331232715j:image

下段の切り替えマスをタップした後、記号入力画面に変わる

f:id:chocomale:20190331232720j:image

スペース

文字と文字の間の空白を開けるマスです。

右下段の␣をタップ

f:id:chocomale:20190331232800j:image

エンター

入力内容が確定した時に押す「決定」ボタンです。

右下段の逆矢印をタップ

f:id:chocomale:20190331232710j:image

以上が初心者向けの簡単な文字入力・切り替えの操作方法です。

以降も新たな発見や操作方法の理解があれば、順次に内容を追加していきます。

まとめ

AUガラケー携帯から格安スマホ「マイネオ」に替えてからの実録レビュー第3弾、如何だったでしょうか?

私自身がスマホ初心者ということもあり、一つ一つの作業をゆっくりと確認しながら、操作方法を覚えていっている最中です。

これまでもタブレットの操作や、家族や友人のスマホをさわってきたことがありましたが、機種が変われば使い方も変化するので、今回は新たに購入した富士通のarrows m03で確認してみました。

私と同じように「ガラケー一筋でスマホは超初心者」という方や、arrowsを買ったけど、使い方がいまいちよく分からないという方の参考になれば嬉しく思います。

【使い始めてから2週間後の感想:機種とマイネオ】

特に問題なしです。

電話もネット検索も問題なくサクサクできています。

特に重宝しているのはカメラですね。

外先で気に入った風景があれば写真を撮ることがあるので、そういうときに手軽に持ち歩けるスマホのカメラは超便利。

ガラケーのカメラはどうしても性能がいまいちでしたし、デジカメもいちいち持ち歩くわけにはいきませんからね。

そこにいくとスマホは常時携帯しているので、気が向いたときにその場でパシャッとできるのが便利だと実感しました。

今頃かよ!というツッコミを先友人からもらいましたが笑

マイネオのサービスも不満なく利用できているので、この値段でこのサービスはかなり気に入っています。

スマホ自体も2万円しないくらいだったので、基本料金と端末保証を併せると、月々2,700~800円ほどで済むという安さ^^

機種代もそれほど高いものではないので、一括で払うことも考えてます。(その場合も専用ページからの申請で済むそうです)

そうなるとさらに月々の料金の支払いが減って、2,000円するかしないかにまで減額できますからね。

そんなわけで自分的には、ガラケーからマイネオへの乗り換えにはかなり満足しています。

私のようなスマホビギナーにはサービスの内容がシンプルで分かりやすいですし、他社からの乗り換えを考える人には、財布にかなり優しい料金体系になっていると思うので、格安スマホ会社の中でも一押しです^^

公式サイト⇒格安スマホはmineo

A light tips for smartphone bigginers from the same boat^^ Hope you can find the fit one.

人気記事 【80年代洋楽ポップス】女性ボーカリストおすすめランキング

人気記事 【80年代洋楽ハードロック】おすすめランキング

スポンサーリンク

-スマートフォン, デジタル

Copyright© 洋楽&映画メモランダム , 2019 All Rights Reserved.