40・50代向け海外エンタメ&身だしなみレビューサイト

洋楽と映画&身だしなみブログ

香水

【メンズ香水】ジバンシィ「パイ」レビュー

2024年3月16日

フランスのファッションブランド「ジバンシィ」のメンズ香水を紹介します。

今回レビューするのは「パイ」

1998年に発売され、ロングセラーを得ているスイーツ系フレーバーです。

その最大の特徴は「甘さ」。

バニラのような甘い香りが体をまとうフレグランスとして、意外にも男性の間でも人気を得ているんです。

基本、男は甘い系よりも「爽やか系」もしくはビシッと締まった「スパイシー系」を方を好むと思うのですがね。

香りの好みは人それぞれ、ということでしょうか?

というかですね・・・・

 

甘い香りをつけたら、女性に受けが良い

 

という理由がメインじゃない?

という疑念が急速に自分の中で浮上中。

そしてそれは数々のネット上に広がる商品レビューを読む解いていくことで、限りなく「確信」にニアー。

むしろこの理由の方が大きいんじゃない?という気持ちがありましてな・・・

そこで私も遅まきながら「女性に良く思われたい」という下心をもってしてですな、商品を購入して試してみることにしたのですよ。(ちょうどポイントがたまっていたので、渡りに船ということで)

果たして本当にパイは甘いのか?

そしてその甘さは私の感覚に合うのか?

では早速レビューをしていきますよ!

※本サイトの記事内に広告が含まれる場合があります


[Ads]

ジバンシィ「パイ」購入&香りのレビュー

アクセサリーのような洗練されたボトルデザインです。

体積は三角錐なり。

片手で持てるサイズですよ。

トップの金具が鍵のような形で面白いですね。

これ動かせるんですよね。

この動きに何の意味があるのかよく分かりませんが、見て触って「なんだかすげぇ!」と心を奪われましてな(男は動くものに弱いんですよ)

で、ひとしきり触りまくった後、そろそろ満足したかという段階で、再びボトルのレビューにカムバック。

色はウィスキー色ですね(小麦色)

ボトルのつくりはかなりしっかりしていて、さすがは化粧品の本場フランスのものだけあるなと感心しました。

ではここで香りのレビューといきましょう。

最初に香るのが「バニラとローズを合わせたような匂い」です。

かなりきつめで、女性の化粧品の濃い香りのようなフレーバーがします。

甘いことは甘いのですが、この段階では「つけるのはちょっと辛いな」という印象です。

なので、しばらくそのまま放置することに。

すると時間が経つごとに、少しずつ香りが柔らかくなってきます。

丸みを帯びた香りに変化していき、最初よりも随分と穏やかに。

香りの変化はそこまで感じないので、バニラとローズの雰囲気はそのままに。

そこに線香に含まれる白檀の匂いが混じる感覚がして、シンプルなバニラの匂いとは違う「オリエンタル」な香りも感じます。

そしてそのままの香りを維持したまま、よりマイルドな甘さを保ったままでジ・エンド。

いや、別に香りに「エンド(終わり)」はないのですが(笑)、基本的にはそのままの香りで徐々にフェードアウトしていくという流れですね。

結論としては、

甘い香り

はあります。

ただそこに「フローラルさ」と「スパイス系」がほんのり加わって、少しひねりのある「甘さ」がある、という感じですね。

まとめ

香りのノートをまとめてみますね。

トップノート

バニラやアニス、アーモンド、ラズベリーの香り。

スイーティー。

ミドルノート

クローブ、シナモン、カルダモンなどのスパイスの香り。

スパイシーでウッディ。

ベースノート

シダーウッドやパチョリ、ベチバーなどの香り。

深みと温かみ。

ネット上のレビューで書かれていた「バニラの甘さ」は確かにありました。

でも「ちょっと癖があるバニラスイート」という印象を受けましたね。

とくに最初はかなり香りが強くて、昔の女性の化粧品の「おしろい」のような匂いがします。

なので、つけるにしても「少量」がマストかなと。

自分的にはもっと甘くてキャラメリティなバニラスイートを期待していたんですが、甘さの中にある苦みや白檀系の癖のある匂いが合わないなと(白檀系の匂いはフローラル成分だと思います)

とはいえ、甘さはきちんとありますし、上記のような「甘さ一択ではない複合的なアロマフレーバー」が合う人は、この香水を試す価値はあるのではと思います。

あと最も大事なポイント「女性に好まれる香りかどうか?」というところですが、これは恐らくですが、たぶん、

嫌われはしない

匂いだと思います。

人によって好みの差があるので、そこを加味してですが、女性的にはジバンシィのもつ「フローラルさ」「フェミニンさ」をもつ香りだということで、積極的に好まれはしなかったとしても「否定はされない」「受け入れてくれる」フレーバーではないかなと。

実際に身近な女性に匂ってもらいましたが「悪くない」ということでしたからね。

ということで、下心のある男性的にも、甘い香りが好きなメンズ的にも、決して悪くはない香水という結論に至りました。

98年以来、多くの人に支持されている香りということでもありますし、甘い香りが好きなメンズはぜひ一度試してみては如何でしょうか?

[Ads]

-香水

error: Content is protected !!

Copyright© 洋楽と映画&身だしなみブログ , 2024 All Rights Reserved.