80年代洋楽好きの音楽・映画・英語学習・グッズ関連レビュー

イジールの洋楽・映画・英語学習ブログ

英語学習・情報

英語の仕事と就職・転職の方法を紹介します

2021年8月10日

英語を勉強する目的の大きな一つに「英語を使った仕事をしたい」という人は多いと思います。

私もその一人でした。

若い頃に映画や洋楽に触れて英語を使った仕事をしたいなと考え、大学では英語の専門学部に入ったものです。

色々あって進路を変更したのですが、英語への興味は失うことなく、語学関連の資格の専門学校や語学系の講座に通ったり、独学でコツコツ勉強を続けています。

その過程で実際に英語を仕事にしてきた人や、現役のプロの方と話したり交流をもつ機会があって、様々な話を聞くことができました。

また私の学生時代のクラスメートも多くが英語に関連した仕事についていることもあり、そこからの転職情報なども耳にしてきたことがあります。

今回はそんな私の周りの就職状況や英語業界の情報などを基に、英語を使った仕事について紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


英語を活かせる仕事は4ジャンル

まずは大きく仕事のジャンルを大きく分けていきましょう。

4ジャンルになります。

>サービス業

>商社・外資系

>専門職

>公務員

この中でも最も職種の内容が分厚いのがサービス業。

次に商社や外資系などの一般企業、その後に専門職、公務員という流れになります。

給与レベルは職種によって異なるので、一概にいえませんが、おおよそでいえば、

>商社・外資系

>専門職

>公務員

>サービス業

の順番になるかと思います。


スポンサーリンク


英語を活かせる仕事の内訳

次に英語を使う仕事の内訳についてです。

4ジャンルをさらに細かく分けて紹介します。

サービス業

旅行会社、ツアーコンダクター、ホテルスタッフ、アミューズメントスタッフ、グランドスタッフ、キャビンアテンダント、海外留学サポートなど

接客業務が中心の業務になります。

国内外のお客さんと直接コミュニケーションをとる機会が多いので、英語は必須になります。

一般のユーザーさんを相手にするため、高い英語能力を求められることは少ないと思います。

求められる英語レベルは初級から中級程度です(TOEICスコア500~600)

商社・外資系企業

海外営業、マーケティング、コンサルタント、シンクタンク、バイヤー、ファンドマネージャー、マーチャンダイザー、社内通訳/翻訳、法務・知的財産部門、英文/貿易事務、秘書、社内ITエンジニアなど

海外事業を中心に展開する企業になります。

英語力は必須。

特に外資系では、外国人社員や上司とのコミュニケーションに必須です。

取引先が海外企業だと、かなり高いレベルの英語力を求められます。

必要となる英語レベルは、中級から上級です(TOEICスコア:700~)

専門職

学校の英語教員、英会話スクールの講師、英語の保育士、通訳家、翻訳家、パイロット、弁理士、公認会計士、英文速記者、ITエンジニアなど

英語を使った仕事になります。

もしくは英語を使う頻度が非常に多くなる職種です。

当然、英語力は高いものが求められます。

英語以外に専門分野そのものが高度なので、専門的な勉強だったり、訓練が必要な職種ですね。

求められる英語レベルは当然、上級です。(TOEICスコア800~)

公務員

外務省、防衛省(情報本部)、自衛隊(在外公館)、国連職員、航空管制官、入国審査官など

専門職に限りなく近い公務員の仕事です。

英語は必須レベルの職種になります。

どの仕事も日常的に英語を使用するため、高い英語力が求められます。

もちろん求められる英語力は上級です。(TOEICスコア800~)

英語を使う仕事の年収は?

年収別に英語を活かせる仕事をピックアップしてみました。

職種別にざっくりと割り出しています。

一つの目安としてご覧ください。

300万円~500万円台

旅行関係、ツアーコンダクター、ホテルスタッフ、アミューズメントスタッフ、グランドスタッフ、英語保育士、英文事務など

500万円~600万円台

キャビンアテンダント、航空管制官、英語教員、通訳家、翻訳家、秘書、海外留学サポートなど

600万円~800万円台

ITエンジニア、商社、外資系、バイヤー、マーチャンダイザー、各種公務員など

800万円~

ファンドマネージャー、パイロット、公認会計士など

専門的な知識や技術を求められる職種ほど、年収も上がる傾向にあることが分かります。

英語力もそれに応じて高度になるという感じでしょうか。

収入をアップしたければ、英語力と仕事力の両方をアップさせよう!ということですね。

英語を使う仕事に就く方法

「英語を活かせる仕事」に就く方法です。

新卒よりも中途採用を念頭に置いて挙げてみました。

一般職(企業等)に就職・転職する方法

会社勤めとしての英語職になります。

企業であれば各部署で英語を必要になる職種もあります。

具体的な業種や部署をまとめてみると、

旅行会社、ツアーコンダクター、ホテルスタッフ、アミューズメントスタッフ、グランドスタッフ、キャビンアテンダント、海外留学サポート、海外営業、マーケティング、コンサルタント、シンクタンク、バイヤー、ファンドマネージャー、マーチャンダイザー、社内通訳/翻訳、法務・知的財産部門、英文/貿易事務、秘書、社内ITエンジニア、英会話スクールの講師など

のようになります。

新卒であれば企業説明会に応募して書類審査、一次面接という流れになるでしょうか。

中途採用の場合は、コネがあれば良いですが、それ以外だと求人サイトや人材エージェントからの転職が一般的です。

求人情報サイトはリクルートが英語の一般職を含む幅広い職種を用意しています。

マイナビなども同様です。

リクナビNEXT

マイナビ

ただ年齢的に35才前後までの求人が中心だと思われますので、それ以上の年齢の方の場合は、それまでのキャリアを生かしてくれる人材サービスの登録がおすすめです。

担当エージェントが仕事をマッチングしてくれますし、自分であくせくして求人情報を探すことなく、安心して転職活動を進められるので、精神衛生的にも余裕ができますよ。

人材エージェントはCMでも宣伝されている有名どころがおすすめです(失敗が少ない)

DODAやリクルートエージェントはその代表格ですね。

dodaエージェントサービス

リクルートエージェント

専門職に就職・転職する方法

民間企業以外で英語を使う職種になります。

公立学校の英語教員、通訳家、翻訳家、日本語教師、パイロット、弁理士、公認会計士、ITエンジニアなど

などになります。

英語教員になる場合は「教員免許を取得⇒教員採用試験に合格」という流れが一般的です。

民間の英語教員だと、普通の会社面接になるかと思います。

弁理士公認会計士も同様です。

国家資格を取得してから弁理士事務所や会計事務所に就職し、キャリアを積んでいく流れが一般的です。

弁理士の場合は特許分野で英語を翻訳するケース、公認会計士は海外の案件を扱う際に英語力が必要になることもあると思います。

どちらも独学での資格取得は可能です。

そのぶん求められる英語も専門分野になるので、かなり高度ですね。

教員、士業ともに資格を取得するには学校に通うか、独学で学ぶかの2つに一つです。

学校に通うのであれば、東京リーガルマインドがおすすめです。

東京リーガルマインド

社会人で通学する時間がない場合は、通信教育で学ぶのも良い方法だと思いますよ。

難関資格・国家資格を目指す方のためのオンライン資格講座【スタディング】

通訳翻訳の仕事は、語学関連の会社に就職する、語学の専門学校で学んだあとに、そのままそこで就職するという方法です。

私が以前に通っていた大手の翻訳学校(コングレ)も、生徒出身の講師が授業を担当していました。

優秀であれば講師採用の道もあるのだなと納得しましたね。

ほかにも英語講座の有名サービス「アルク」があります。

通信講座になりますが、きちんと講座をこなして翻訳者としての実力が認められれば、仕事の受注につなげることができるシステムがあります。

アルク「映像翻訳講座」

日本語教師児童英語教師は資格が必要な職種です。

社会人であれば、専門学校に通って取得するのが確実でしょうか。

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座

通信教育で学ぶ場合は、先ほど紹介したアルクのものがおすすめです。

本業があって通学時間を確保するのが難しい人は、マイペースに学習を進めていける通信教育コースを選ぶと良いと思いますよ。

アルク「日本語教師講座」

アルク「児童英語教師講座」

パイロットは養成校に行ってから資格を得て、そこから就職という流れになります。

高校時代の友人が航空機のパイロットを目指していて、ニュージーランドの養成校で学んだ後、帰国してから就職活動をしていました。

その後、無事に就職を決めて、今は貨物輸送のパイロットになっています。

パイロットは英語力は必須になるので、勉強はしておいたほうが良いようですね。

国内にいくつか養成校があるので、目指す人はチェックしてみましょう。

リクルート進学サプリ「パイロットを目指せる学校の一覧」

ITエンジニアも英語を使う可能性が高い職種です。

とくに外資系のベンチャーだと、英語が必須のところも多いです。

英会話の勉強はもちろん、テキストやチャット、メールメインのコミュニケーションになると思います。

最低限のリーディング力は練習しておいたほうが良いですね。

そのためビジネス英語に特化したサービスを利用するなどして「英語力」を担保しつつ、転職エージェントや求人サイトに登録したり、SNS上で応募している案件をチェックして幅広く仕事探しをする機動力が大切です。

ビジネス英語のサービスでは、ハイネイティブトレックとリクルート社のスタディサプリが個人的にはおすすめです。

ハイネイティブトレックは、アウトプット専門のウェブ英語サービスになっていて、英作文と発音の課題を毎日送信することでネイティブに添削してもらう内容になっています。

IT系のビジネス英語に強いので、ITエンジニアを考えている方の英語のトレーニングにうってつけですね(TOEICと一般ビジネスコースもあり)

1日あたり約490円。コーヒー一杯の価格とかなりお得な内容ですよ。

スマホで本格的英語学習HiNative Trek

リクルートのビジネス英語コースはバランスがとれた内容で、順を追って学んでいけばきちんと身につく流れになっています。

スマホにダウンロードして通勤や家事の合間に聞きながら勉強できるので、時間がない方にも良い内容です。

無料体験期間も7日間設けられていますので、まずはどんなサービスかを試してみて、もしご自分に合うようであれば、そのまま入会されてみられると良いと思いますね。

スタディサプリEnglish ビジネス英会話

公務員に就職・転職する方法

外務省、防衛省(情報本部)、自衛隊(在外公館)、国連職員、航空管制官、入国審査官など

英語を使う専門職として、まずは公務員試験を受けて合格する必要があります。

就職活動としては受験要綱を取り寄せて、そのための勉強をするの一択です。

仕事で使う英語に関しては専門的な知識になるので、就職してから特別に訓練を受けると思います。

ただ受験に出てくる英語は学んでおく必要はあるので、その対策はしっかりしておきましょう。

学生なら準備期間はたっぷり、社会人は勉強時間だけでなく年齢制限もかかってくるので、希望する職種がある場合には早めに資料を集めて対策を練っておきたいものです。

学習スタイルとしては、LEC(東京リーガルマインド)などの公務員試験に強い予備校に通うか、もしくは同校が主催しているオンライン講座で学ぶのが一番近道ですね。

東京リーガルマインド

まとめ

英語を活かせる仕事とその詳細をまとめてみました。

好きな言語を活かして仕事をすることは、英語好きにとっては夢のようなものですよね。

英語は今後も仕事や社会のあらゆる分野で必要とされる言語なので、一定以上のレベルをマスターしておいても損はありません。

高いレベルの英語を身につければ身につけるほど、仕事の幅も収入は上がっていきます。

お金を稼げると自分の好きなことに時間をかけれるようになるので、ぜひ英語をそのためのツールとして駆使していきたいですね。


スポンサーリンク


-英語学習・情報

Copyright© イジールの洋楽・映画・英語学習ブログ , 2022 All Rights Reserved.