洋楽・映画・Amazonデジタル・グッズレビュー

洋楽&映画メモランダム

爽やかすぎる英国ポップバンド「ブリーズ」の過去と現在&初恋の話(Breathe and my first love story)

2020年4月5日

80年代後半から90年代前半まで活躍した、英国のポップバンド「ブリーズ」についてのレビューです。

いくつかのヒットソングを生み出した彼らですが、中でも「Don't tell me lies」は自分にとって特別な一曲。

1989年1月にアメリカビルボードチャートで5位まで上ったヒットソングで、当時MTVとラジオのアメリカントップ40で視聴して「爽やかだな~」と聞き惚れてしまった曲でもあります。

今回はそんな思い出のバンドとその音楽、そしてそれにまつわる私の初恋の話をお送りしたいと思います。

スポンサーリンク

英国バンド「ブリーズ」とは?

1984年にロンドンで結成されたポップバンドで、ボーカルのデビッド・グラスパー、ギター&キーボードのマーカス・リリントン、ベースのフィル・ハリソン、ドラムのイアン・スパイスの4人がオリジナルメンバーになっています。

1984年に初のシングル「Don't tell me lies」をリリースに英国チャートで77位と健闘。

しかしその後のシングルリリースは当たらず、しばらく雌伏の時を過ごしていましたが、88年に前年にリリースしたデビューアルバム「オールザットジャズ」(1987)からのシングルカット「How can I fall」「Hands to heaven」がビルボードチャートでそれぞれ2位と9位にランクインし、一躍世界的に有名なバンドになりました。

そして1989年に5年前にリリースしていた「Don't tell me lies」をアレンジして再リリースし、これもアメリカチャートで10位と健闘。

1990年にはセカンドアルバム「ピース・オブ・マインド」がリリースされ、シングルカットされた「Say a prayer」が21位、「Does she love that man?」が34位と、それぞれ米国チャートでランクインすることに。

1990年にはボーカルのグラスパーとギターのリリントンが米国で最もエアプレイ(ラジオで流された)されたソングライターとして受賞するなど、ミュージシャンとしての絶頂期を迎えています。

しかしバンドは1992年を待たずに解散。

その理由は所属していたレコードレーベルとの確執が根底にあったとwikiでは示唆されています。(Breathe-wikipedia

ブリーズにハマった理由と初恋の話

ではここから自分自身の思い出話を。

このバンドを知ったのは「Hands to heaven」や「How can I fall」(87年)の頃で、当時よく見ていたMTVや洋楽番組で彼らのミュージックビデオが紹介されて、いかにも”イギリス”風の端整な顔立ちのイケメン3人組の風貌に「ええなあ~」と憧れを抱いて見ていました。

楽曲的にはどちらもスローテンポなバラード風ソングで、どちらかといえばもう少しアップテンポなものを好んでいたので、当時はそこまで印象には残らなかったイメージがあります(爽やかな曲と若い男女の恋愛模様を描いた映像からの「欧米文化のきらめき」に憧れはありましたが)

それが変わったのは89年。

アメリカのビルボートチャートで急上昇したシングルカット「Don't tell me lies」が当時よく聞いていたラジオの「アメリカンTOP40」で流れていて、ほどよくアップテンポで明るく、それでいてほんのりと切なさを漂わせる曲に一発でハマってしまいました。

バンドのことは少し前のヒット曲でおぼろげには知っていたのですが、後にこの曲のミュージックビデオを見て「やっぱり爽やかだわ!」と曲の良さに全くひけをとらないブリーズ(そよ風)ぶりに感心してましたね。

それ以上にこの曲にハマった理由は、以前から何度も80年代洋楽記事を書くたびに触れていることですが、当時好きだった他のクラスの女の子のことが頭にあったから。

こういう恋愛系の曲を聞くたびに、その子のことを思い浮かべて「告白したいな、付き合えたらいいな」と色々と考えていたものです。

実際にはただ学校でその子のことを見るだけで幸せでしたし、時々目が合おうもんなら「うわ!俺のこと気にしてくれてる!」と一人で喜んでいた無邪気な10代の自分(笑)

本当に付き合うとかどうこうとかいうよりも、好きな女の子と同じ学校で過ごせるだけで毎日が楽しかったですし、学校生活も楽しかったので、この曲が今でも思い出に残っているのは、そんな楽しかった学生時代の雰囲気を曲と映像で見事に具現化してくれているからだろうなと今では思っています。

その女の子とのその後ですが、もちろん「告白」しました。

3月の卒業式が終わった後に。

共通の知り合いだった友人の伝手で連絡先を知ることができ、勇気を振り絞ってその子に電話して「好きだった。一度会いたい」的なことを言いましたね。

クラスが違っていても同じ学校でしたし、彼女のクラスに友人がいたので理由をつけて遊びに行ったりとか、体育祭や音楽祭、修学旅行で顔を見ることもあったので(こちらが熱い視線を送っていた)、多分向こうも気づいていたと思います。

でも一度も直接顔を合わせて話したことがなかったので、電話で告白しても「顔が分からない」と言われ「それはそうだな」と。

でもそのあとすぐに「何組と何という名前なの?」と聞かれたので「あ、これは脈があるな」と感じ、クラスと名前を伝えて卒業アルバムで確認してもらうことにしました。

少ししてから、受話器の向こうから「いいよ」と言われて「おおおおおおおおっ!」と。

それはもう嬉しかったってもんではないです。

約2年間の片思いが報われたわけですから。

その後、会う段取りを決めて実際にデートすることになったのですが・・・

実はこの一回で終わってしまったのです。

後で友人を通じて「やっぱり合わない」的なことを言われして(涙)

このことを聞いたときは本当にがっくりきましたね。

でも一方で「やり切った感」はありました。

何も言わずに片思いだけで終わるのではなくて、ちゃんと数年間にわたり自分の想いを伝えて、実際に会うところまで行けたわけですから。

とはいえ、しばらくはその子のことは頭から離れませんでしたし、彼女の家の近くを通り過ぎるときや(当時のバイト先の近所だった)、共通の友人から彼女世のその後の消息を聞くときなどは、ちょっぴり胸が痛むはありましたね。

そんな思い出の80年代洋楽ソングス。

この「Don't tell me lies」はまさにその時の自分のドンピシャ!な思い出ソングなのです。

まとめ

ブリーズと初恋の話をさせてもらいました。

改めて思い出してみると、いやあほんとに懐かしいですね。

このときが自分にとっての初恋で、しかも初の告白&女の子とのデートだったので、色んな意味で甘酸っぱすぎます。

あれから30数年過ぎましたが、みんなどうしているのだろうなあ・・・

そんな思い出を作ってくれた「ブリーズ」のメンバーも、それぞれの道を歩んでいます。

ボーカルのデビッド・グラスパーは独自の活動をつづけた後、2012年にyoutubeチャンネルを開設し、現在はタイで暮らして自身のビデオをアップしています(タトゥーをしていて大分イメージが変わっている)

ギター&キーボードのマーカス・リリントンは、音楽業界を引退した後はビジネスに活動の場を移して、2002年にHeadscapeというウェブ関連のコンサルタント会社を設立しています。

ドラマーのイアン・スパイスはグラスパーと同じくタイに移住していたようですが、残念なことに2000年に亡くなっています(死因は不明)

まさに3者3様の人生であり、かつての爽やかな好青年たちも今は立派なおじさんになっていて、少しばかり寂しくもあります。

まあ自分自身も立派なおっさんと化していますので、人のことはいえませんが(笑)

人は変われど音楽は永遠です。

耳にすれば、懐かしいあの頃に戻れる魔法の調べ。

80年代洋楽は、まさに自分にとっての「永遠のタイムマシン」なのです。

Breathe is one of my memorable bands I had gotten into when I was teenage days. Even now every time I listen to the song, it always get me back to the days I fell in love with the girl for the first time to see in the late 80's... Music is really magic.

created by Rinker
Cherry Pop
¥1,829 (2020/06/05 04:28:23時点 Amazon調べ-詳細)
音楽なしでは生きられない!洋楽好きに捧げる音楽ストリーミングサービス4選(music streaming best4)

続きを見る

【アマゾン 無料体験】動画や音楽配信、電子書籍・オーディオブックを思う存分楽しめるサービスレビュー(Amazon service review)

続きを見る

子供から高齢者まで楽しめるアマゾンデバイス16選【比較まとめ】(Amazon device summary)

続きを見る

スポンサーリンク

-ポップス

Copyright© 洋楽&映画メモランダム , 2020 All Rights Reserved.