映画や音楽、関連グッズのレビューブログ

洋楽&映画メモランダム

32年ぶりのカッティング・クルー来日情報とアクセル激似の件(Cutting Crew live in Japan)

2019年11月4日

87年に「愛に抱かれた夜」「モッキンバード」でビルボードチャートを席巻したポップ・ロックバンド「カッティング・クルー」が来日公演を12月に行うということ。

一時は解散したものの、再び活動を始めていた彼らが来日するのが32年ぶりということもあって、80年代洋楽時代を過ごした私のようなビルボードチャートファンは「おおおおおおおっ!」と色めき立っているに違いない!

ということで、今回はバンドについての思い出と、来日情報をまるっと紹介しようと思う(ボーカルがアクセル・ローズに似ているという私見も挟もう)

カッティング・クルーの軌跡と思い出

まずはバンドの紹介を超簡単を行おう。

・1985年にイギリスのロンドンでニック・ヴァン・イードとカナダ人のケヴィン・マクマイケルを中心に結成

・1986年にアルバム『愛に抱かれた夜』でデビュー

・シングルカットされた「愛に抱かれた夜((I Just) Died in Your Arms)」が、4ヶ国(カナダ、フィンランド、ノルウェー、アメリカ)のシングルチャートで1位となり大ヒット

・1987年には第16回東京音楽祭に出場

・同年にはスズキ・カルタスGT-iのCMソングにも起用(そういえば出てた)

・1993年に解散する

・2005年に再結成される(現在まで活動中)

from:「カッティング・クルー」by wikipedia

日本では87年ごろにMTVとか洋楽番組で取り上げられていたと思う。

ちょうどその頃、中学生だった私はガンガンに毎日洋楽を聞きまくっており、小林克也やマイケル富岡が司会していた夜の洋楽番組や関西ローカルのPV紹介番組から(POPベティハウス)、FM・AMラジオの洋楽ヒットチャートなどで気に入ったものがあれば録音したり録画して、テープに記録を残していたものだ。

カッティング・クルーはまさにそんな私の青春時代に現れたバンドの一つで、いつもよく見るローカル洋楽番組で紹介されたミュージックビデオで初めて見た。

最初の印象は「なんだ?このコートを着たゲイっぽいボーカルは?」。

ビデオで映されるボーカル(ニックのこと)の笑顔がアップになるたびに妙に含んだ笑みを浮かべていたので、やたらと「気持ち悪い」と感じていたものだ。

さらにそのコートを見て「ターミネーターに出てきたカイル・リース(マイケル・ビーン)にそっくりだな」と思ったこともあり、なんとなくインチキっぽく思ってしまった。

とはいえ、楽曲は良く、哀愁深いメロディにロックの力強さを加えた「懐メロポップロック」が妙に自分の中に響いてきて「おお、ええやん」と気が付くと何度も聞き直していたほどである。

これがそのビデオ↓(曲は良いぞ)

ハンサムだけどちょっと怪しい、でも楽曲はかなり良い(それも日本人的に)、そんな印象を持てば持つほど、そして聞き直せば聞き直すほど、いつのまにか耳に馴染んでふとしたときに口ずさむようになっていた。

次のヒット曲「モッキンバード」は最初と違って一転して明るくてキャッチ―なポップ系ロックだったので、これも一発で気に入ってしまった。

見た目の怪しさでフックをかけられ、馴染みやすい楽曲で耳に馴染んでくる。

決して派手ではない分だけ、日常のトイレや風呂に入ったときに「ふ~ん、ふ~ん♪」というハミングでふと出てしまう味わい深さ。

それがカッティング・クルーというバンドへの印象だった。

しかしその後は先ほどのプロフでもあるように活動を休止し、チャートでも見なくなったので私もすっかり忘れてしまっていた。

数ある一発屋の中の一つ。

バンドへの認識はその程度だったのだ。

でも楽曲はいつまでも私の「ふ~ん、ふ~ん♪」なハミングのヘビロテソングの一つとして長く君臨した。

30年経った今でも時々出てくるほどだ。

そんな彼らが来日する。

驚いたことに32年ぶりということ!

ということは、私が聞いていた中学生の頃からずっと日本に来ていなかったということになるのだ。(87年に一度来日あり)

これは往年のファンなら行かないといけないだろうて・・・

スポンサーリンク

来日ライブ情報と渋谷周辺の観光ホテルを紹介

来日公演の情報はすでに今年の7月に発表されていたので、チケットの余りも少なくなっているかもしれない。

とりあえず今チェックすると「チケットぴあ」と「イープラス」が販売しているので、まずはそちらの情報をば。

【カッティング・クルー来日公演情報】

公演日:2019/12/4(水)

公演時間:20:00開場、21:00開演

会場:TSUTAYA O-nest (東京都)

チケット代:前売り6,500円

チケット購入の申し込み受付期間:~2019/12/3(火)18:00

チケット販売のリンク先:チケットぴあイープラス

注意事項:ドリンク代別

公演に関する問い合わせ:alive: info@alive.mu(050-5806-1444)

会場のTSUTAYA O-nestは東京にあるライブハウス。

公式ホームページでみてみると、かなりこじんまりしたライブハウスになっていて、座席とステージとの距離がかなり近いので、ファンならそこはかなり嬉しいと思う。

最寄り駅は渋谷駅。(道玄坂経由で徒歩5分)

遠方からくる人は周辺にはホテルが多くあるので、安心してライブに没頭できる良さがあり。

その中でも特に旅行サイトで人気のある2ホテルを紹介していきましょう。

セルリアンタワー東急ホテル

渋谷エクセルホテル東急

 

まとめ

30年ぶりにこのバンドのことを知れただけでなく、来日公演があるという驚きの事実に今さらながら「おおおっ!」となった。

ライブ会場が東京なので参加できるかどうかは微妙だけど、もし余裕ができたらギリギリでも良いのでチケットを取りたいもの。

ちなみにボーカルのニックは前からガンズ・アンド・ローゼズのアクセルと似てるなと思った。

ニック

アクセル

目と眉、鼻の辺りがすごいそっくりじゃなんじゃないかと。

もちろん今は大分変わっているようだが・・・

今のニック

進化したカッティング・クルーが見れるのか、往年のセクシーな歌声が聞けるのか?

その謎は12月4日に解明するのであった!

Cutting crew is one of  nostalgic band of my golden 80's. Wish I go to the live they got on the stage for the first time in 32years in Japan.

-ライブ・コンサート関連情報, ロック全般

Copyright© 洋楽&映画メモランダム , 2019 All Rights Reserved.