洋楽・映画の感想、英語学習、グッズ、書評レビュー

GONTARO BLOG

記事一覧

【映画レビュー】「隠された記憶」の結末は微妙に隠されていた!!

以前、近所のレンタルビデオショップで借りて今回が2回目。 一度目は、ケース帯の「衝撃のラストにあなたは耐えれるか?!」みたいな宣伝文句にあっさり引っかかって興味本位でみたのですが、基本的に何が何だか分 ...

【消されたヘッドライン】軍産複合体を描いたポリティカルムービー

もともとは、イギリスBBCのテレビドラマ『ステート・オブ・プレイ〜陰謀の構図〜』をハリウッドでリメイクした作品だそうです。 序盤から終盤まではなかなか見ごたえがあった。終盤って最後じゃん!と思うかもし ...

紫のプリンス殿下がセクシーに吠える「パープル・レイン」と死去の報

これまでに12作品のプラチナアルバムと、30曲のトップ40シングルを生み出し、アルバム・シングルの総セールスが1億2,000万枚に上るという、偉大なるアーティストであります。 私が洋楽を効きはじめた1 ...

【ザ・ポリス】シンクロニシティで初めて知ったレゲエ風味の英国ロック

洋楽番組で初めて見たポリスのPVが「シンクロニシティ」だった。 確か小学生高学年の頃だっただろうか。 当時聞き始めたばかりの洋楽は、マドンナやマイケルジャクソンなどの、いわゆるポップスが中心だったので ...

ブルース・スプリングスティーンの『ボーン・イン・ザ・USA』は愛国歌ではなかった!

1984年にリリースされた同名アルバムのシングルカット。 ビルボードチャートでは最高位9位を獲得した曲。 いかにもアメリカ最高!的なPVで、バンダナ巻いてギター片手に力強く歌うブルースの姿に当時洋楽に ...

ライオネル・リッチーは中東の人々に愛されていた!【セイユー・セイミー】

85年公開のアメリカ映画「ホワイト・ナイツ/白夜」のサウンドトラックから。 全米ビルボードチャート8位を記録した。 映画は、ソ連系アメリカ人のバレリーナと、アメリカ系ソ連人バレリーナが友情を育み、紆余 ...

【スターシップ】懐かしの「シスコはロックシティ」「セーラー」レビュー

まずは「セーラ」を紹介します。 1985年10月に発売された「ニー・ディープ・イン・ザ・フープラ」からの一曲。 邦題が少しダサいような気がしますが(笑) 何年か後にFMラジオで彼らの特集で「セーラ」( ...

スティーヴィー・ワンダーの心温まる名曲『心の愛』

スティーヴィー・ワンダーの1984年の名曲。 一番最初に洋楽をカセットテープに撮った曲が、この「心の愛」でした。 当時はまだ彼が盲目なのを知らなかったので、なぜ首を振ってるのか分からなかった記憶が。 ...

最強のパロディ・ミュージシャン「アル・ヤンコビック」!

最初にアル・ヤンコビックを見たのは「今夜はイート・イット」だのビデオだった。 これもPOPベティハウスで見て、衝撃を受けたミュージックビデオの一つだ。 メガネをかけたおかしな白人が、リズムをとりながら ...

G.I.オレンジの「サイキック・マジック」は初めて洋楽にハマった曲!

洋楽を聞き始めて一番最初にハマったバンドの曲。 小学生のころに友人に聞いて見始めたpopベティハウス(関西ローカルの洋楽番組)で初めてPVを見て、そのキャッチーなサウンドと派手な見た目に魅かれて、しば ...

Copyright© GONTARO BLOG , 2021 All Rights Reserved.