音楽・映画・英語学習を中心とした30代・40代向け情報発信ブログ

GONTARO BLOG

【第1回】ブログでお金を稼ぐ方法【アフィリエイト初心者向け】

2020年9月6日

趣味で自分の好きなことや思っていることをブログに書いて公開することは、すごく良いことだと思います。

自己表現は大切ですし、書いた内容にコメントがついて訪問者とのコミュニケーションが図れるのもブログの魅力の一つですから。

ただそこから「ブログでお金を稼ぎたい」ということになると、話は少し変わってきます。

書く内容は同じでも、お金を稼ぐための仕掛けが必要になってくるということ。

今回はその「仕掛け」の中の「ブログで稼ぐ方法」について述べていきたいと思います。


ブログでお金を稼ぐ方法とは?

いくつかあります。

代表的なのが「アフィリエイト」

具体的にはブログに貼った広告をクリックしてもらったり、そこから商品を買ってもらって手数料を稼ぐ方法です。

記事を読んで集まった読者の好みや属性に近い広告を貼れば、それだけクリックしたり、購入してもらえる確率が高まります。

ほかには「仕事の受注」

ブログを書いて人気が出てくると、企業からオファーがあって外部でライターになったり、コマーシャルなどの仕事が入って来るパターンですね。

もう一つが「作品を売ること(物販)」

小説や写真、その他の物品をブログに掲載して宣伝することで、それを購入してもらう方法です。

アフィリエイトと違って「直販」になるので、収益がほぼそのまま自分に入ってきます。

ブログ以外の販売サービスで発表すると手数料が大きくなるので、ブログ直販のほうがお得ですね。

私はこの中の「アフィリエイト」で定期的に1~5万円を継続的に得ることができています。

季節ごとのイベントでは数倍程度にアップするので(年に1回程度ですが)、悪くない副業だと思っています。

どの方法も基本的にはアクセスがないと始まりません。

そのためにはひたすら記事を上げ続けることが必要になります。

なので、ブログで稼げるようになるためには一にも二にも「忍耐」と「継続」が大事です。


稼げるようになる期間は?

上にも書きましたが、はっきり言ってブログはすぐにはお金になりません。

記事を書いて2~3か月はアクセスも収入もゼロであることは普通にあります。

グーグルのサーチロボット(ウェブ上の)があなたのサイトや記事を見に来てくれるのが、それくらいの時期になるからです。

でもそれが積み重なることでグーグルにも認識され、徐々にアクセスも上がり、それに伴って収益も出てきます。

アクセスがあがることで自分のサイトが認識されて、好みにあった読者が集まってきます。

それは広告手数料で稼ぐアフィリエイトや仕事の受注を狙うブログ、物販サイトを目指している人の全てに求められることです。

・一定のアクセスを獲得する

・好み(キーワード)に合った読者を集める

以上の2つがポイントですよね。

同じく仕事の受注や物販に関しても、上の条件を達成できればほぼ目的は達成されるので、目指すところは同じという感じです。

ジャンル選びが大事

アフィリエイト(広告の手数料で稼ぐ)に関しては、ここからさらに

ジャンル選び

が大事になってきます。

クリック報酬型、成果報酬型の広告にしても、クリック単価が高いジャンル、手数料が高いジャンルがあります。

そこに向けて記事を書くことで、効率よく手数料を稼げることができます。

今のトレンドは「仕事、お金、人間関係(恋愛を含む)」に関する記事がそれにあたるでしょうか。

これもいずれは変わるかもしれませんが、今のところはこのジャンルで記事を書き続けていると、どこかで化ける可能性も高いですね。

私の場合は趣味と副業の2通りでブログを複数書いているので、稼げるジャンルとそうでないジャンルのごちゃまぜで運営している感じですね。(なのでそこまで儲かってません)

上記の「今のところ稼げる」と言われているジャンル以外でも、自分の好きなジャンルの記事を書いて、それに関係する商品広告を貼っていてもOKだと思います。

たとえ単価が低くても、積み重なればバカにできない額になりますから。

なので基本的には、

・大きい単価を狙う

・小さい単価で積み重ねて稼ぐ

の2つ。

戦略の取り方ですね。

どちらにしても、まずはブログを開設することが全ての基本になります。

次回は無料ブログと有料ブログの違いについて述べていきます。

【第2回】無料ブログと有料ブログの違いについて

続きを見る

-ビジネス・お金

Copyright© GONTARO BLOG , 2021 All Rights Reserved.