80年代洋楽好きの音楽・映画・英語学習・グッズ関連レビュー

イジールの洋楽・映画・英語学習ブログ

下書き

聞いて読むアマゾンのオーディオブック「Audible」レビュー

2022年5月18日

アマゾンが運営している「耳で聴く本」サービス「Audible」の紹介です。

いわゆるオーディオブックというやつで、会員登録すると「聞き放題」で「本」が選べるようになるということ。

このサービスの最大の特徴は「ながらリスニングできる」「移動中に本を聞ける」ということにあります。

つまりは「英語の勉強にすごく良い!ということ。

もともと海外発祥なので、洋書がとにかく充実しているんですよね。

しかもナレーターが有名人だったりするので、その人の自伝とかをその人の声で聴けるという「お得感」がすごいんですよ。

洋楽や映画好きならスターの声で彼らの人生を聞いてみたいと思いませんか?

ということでですね、今回はそんな洋楽映画好きの英語学習者にとって「お得すぎる」オーディオブックサービスのレビューをしていきたいと思いますよ!

Audibleとは何ぞや!

スマホやパソコン、タブレットで本が聞けるサービスです。

ジャンルは「自己啓発」「ビジネス・経済」「社会・政治」「文学・評論」「ライトノベル」「エンタメ・落語」「語学・洋書」「ポッドキャスト」など非常に幅広く。

何冊かダウンロードして聞いてみましたが、本と同じように目次機能がついていて、読み飛ばしができたり、後から読み直すときに便利です。

スピード調節もできるので自分のリズムに合わせて内容を楽しめます。

スリープモードもあって、時間をセットして寝る前に聞いて「睡眠導入剤」代わりに使うというのもありです。

パソコンやタブレットで流しっぱなしにしたり、スマホからワイヤレスイヤホンで聞いたりできるので、「ながら仕事」「ながら勉強」「ながら家事」「ながら運動」にもすごく便利。

そして何よりも・・・

英語の勉強に最適なんですよ。

洋書のナレーションなので本場の人の英語を耳に出来ます。

小説でもプロのナレーターが語る内容はすごく臨場感があって引き込まれていきますしね。

自分が知っている小説の洋書だと、背景が頭に入っているのでスッと耳になじんできて、英語だけれども違和感なく世界観に入り込めるんですよ。

好きこそものの上手なれといいますが、好きな話を英語で聞いてると、不思議と単語やフレーズが頭に入って来るので、これがまたボギャブラリーの取得にすごくいいといいますか。

洋楽・映画ファンにおすすめの「スター自伝オーディオブック」

冒頭でも語りましたが、何よりも洋楽・映画ファンの人であれば、その本人が自分で語っている自伝オーディオブックはとにかく最高なんですよ。

だって自分の好きなスターですよ?

その人の人生がその人の口で語られているんだから、それ以上の臨場感ってないんじゃないですか?

私は洋楽ロックファンなので、もちろん彼らの自伝をチェックしましたとも。

本人以外がナレーションをしているのではなく、スター自らが語っているオーディオブック自伝というやつを!

ミュージシャン自らが英語で語る!洋書の自伝オーディオブック7選

続きを見る

洋楽以外にも映画スターの英語自伝本もあって、これもいい感じで勉強になりますね~

ハリウッドスターが自ら語る英語の自伝オーディオブック8選

続きを見る

やっぱり語学の教材というのはですね、内容が大事。

その声や世界観に引き込まれないと頭に入ってこないんですよね、言葉が。

その意味でスターが語る自伝はものすごく興奮しますし、こちらも必死で聞き取ろうとするから、必然的にリスニング力や語彙力があっぷするもんです。

あとは声の質とかスピードによって好みが別れるので、そこは買う前に試聴してチェックするようにしてますね。

ナレーターの声も調子もすごく心地よいので、ナチュラルに英語が耳に馴染む感じがしますよ。

映画や小説の英語オーディオブックも最高!

スターの自伝以外でいうと、映画や小説の英語版オーディオブックも捨てがたいですね。

こちらは事前に話を知っているほうが、より面白さや臨場感が湧いてきますし。

ハリウッドスターが自ら語る英語の自伝オーディオブック8選

続きを見る

映画タイトルの洋書オーディオブック10選【英語リスニングに最適】

続きを見る

私はシャーロック・ホームズが好きなので、全集の英語オーディオブック版を購入しました。

【シャーロック・ホームズ全集】洋書オーディオブックレビュー

続きを見る

ナレーターがプロの方で、本場イギリスの英語なのですごく聞き取りやすいんですよ。

声の調子もリズムも自分の耳にすごく合っていますしね。

こちらも内容をほぼ知っているので、およその流れが英語でも掴めるのが良かったです。

他にもスターウォーズとかの映画版もありますし、あとはロードオブザリングシリーズがあれば最高ですかね。

英語で聞こう!スターウォーズ原作の洋書オーディオブック8選

続きを見る

映画や小説の場合は、その世界観に自分がどこまではまり込めるかが、聞き続けられるか否かのポイントになるでしょうね。

Audibleのサービス内容&まとめ

そんなアマゾンのオーディオブックサービスは、非会員でも会員でもどちらでも利用できます。

利用できるデバイスはスマホ、パソコン、各種タブレットで可能。

もちろんその場合はアプリをインストールする必要があります。

スピードを調節できるシステムもあるので「早送り」「ゆっくり」で自分のペースでリスニングできますよ。

平均的な価格帯としては2,000円~3,000円台になります。

会員になれば30%の割引で購入できるのでお得ですね。

また会員登録すると「無料」のオーディオブックが利用できるので、事実上の「聞き放題」が可能になるのもいい感じです。

アマゾンの電子書籍の読み放題「Kindle Unlimited」とほぼ同じシステムですね。

こんな感じで全体的には「会員」になったほうがお得感は強めです。

では以下にサービスの概要をまとめてみましょう。

【Audible会員特典】

・収録数:40万冊(うち日本語版が1万冊)

無料体験期間あり

月額1,500円

聞き放題12万冊以上(*対象のオーディオブックのみ)

定価で30%オフの購入可能

商品ページでサンプル音声を試聴できる

・購入後はオフラインでも利用可能

・返品や交換も可能

・途中解約も可能(無料体験期間中も含む)

唯一「これはちょっとな」と思わされるのが、

月額が1,500円と少し高めなところ

最近のサブスクは安いものが多いので、1000円を越えると「うっ」と登録ボタンをクリックする手が止まってしまいそうになるんですよ。

声入れするナレーターへのギャラや、声入れする際の労働量を考えると、これくらいの料金上乗せは仕方ないのかなと思う面もあるんですがね。

そのための「無料体験」があるので、まずはこれでサービスを体感するのがよろしいですね。

とにかくですね、英語の勉強にはすごく役立つので、ぜひ利用してもらいたいなと。

そのための準備としては

・小説なら原書をまず読む

・映画ならまず映画を観る

・自伝ならスターのウィキぺペディアを見る

ことを予習でしておくと、分からない英語が出てきても類推して聞き取ることができますよ。

実際の英会話でも分からない単語やフレーズなんかバンバン出てくるので、そのときのための慣れとしてオーディオブックを利用してしまいましょう。

耳からの英語は本能に直結するので記憶に残りやすいですよ?

ということで、洋楽・映画ファンの英語学習にぜひぜひご利用くだされ!


スポンサーリンク


-下書き

Copyright© イジールの洋楽・映画・英語学習ブログ , 2022 All Rights Reserved.