エンタメ情報から英語学習までレビュー

洋楽・映画・英語学習ブログ

【007】ボンド映画のお気に入りTOP5

2021年1月27日

ご存知イアン・フレミング原作のスパイアクション映画の金字塔シリーズです。

スパイ映画と言えばこのシリーズを外せないほど、その歴史の長さと絶大な影響力は他のシリーズの追随を許さないほど圧倒的存在。

原作者のイアン・フレミング自身が第二次世界大戦中に海軍情報部とMI6(英国諜報部)の作戦に関わった経験があるので、それをもとにして書かれた007のリアルさが他シリーズから頭一つ以上も飛びぬけているのは当然のことですね。

とはいえ、映画化された本シリーズはむしろ主人公ジェームス・ボンドの魅力に負うところが大きいです。

初代ショーン・コネリーをはじめ、ジョージ・レーゼンビー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナン、ダニエル・クレイグら錚々たる俳優陣が歴代ボンドを演じ、それぞれのボンド像を見事に演じ切っています。

ボンド俳優の魅力が第一とすれば、次にくるのが悪役キャラの「キャラ立ち感」でしょうか?

代表的なのが、シリーズ全体を通じてボンドの「宿敵」といえるのは悪の組織スペクターのボスで、同名の映画サブタイトル「スペクター」(2015)では現代版のボスが出てきて、ボンドの子供の頃との関係性を描いているくらいに深い関係性をもっているくらいです。

次にボンド映画に華を添える圧倒的存在がご存知「ボンドガール」

これは特に男性ファンには最大の魅力といえるかもしれない部分でありまして(笑)

映画ごとに変わって来る歴代ボンドガールはどれもが美しいのは当然ですが、何よりも強いんですよ。華があって見とれてしまう外見だけでなく、それぞれに背負うべき過去や任務があったりで、それがまボンドとの関係性を熱いものにしてくれているんですね。

さらにボンドカーやスパイツールも映画を語るには見逃せないポイントですね。

ボンドの愛車アストン・マーチンほかペン型爆弾など、それらを改造するメカニック、ボンドの上司など、ボンドが属するMI6の面々の魅力も相当に高いですよ。

そんな魅力あふれるボンド作品をランクづけするとすれば、

1位:ロシアより愛を込めて(1963)

2位:カジノ・ロワイヤル(2006)

3位:女王陛下の007(1969)

4位:ゴールデンアイ(1995)

5位:慰めの報酬(2008)

のようになりますね。

ボンド作品は数が多いので(25作品)、どれを選ぼうかと迷ってしまいますが、上の5作品が自分の中では最強レベルという感じです。

何よりもボンドと言えばショーン・コネリーを真っ先に思い浮かびますし、彼の出演作の中では「ロシアより愛をこめて」が最も良かったので1位に選んでみた感じですね。

以上が007シリーズの魅力についての感想です。

残念なことに、コネリー氏は2020年10月31日に亡くなられました。

死因は肺炎や老衰、呼吸不全だといわれ、晩年は認知症を患っておられたそうです。

最後はバハマの自宅で家族のもとで静かに息を引き取ったという事。

享年90歳。

存分に生きられた見事な生涯だったと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

【ジェームス・ボンド腕時計】007映画モデルおすすめ7選

続きを見る

-スパイ, 映画/ドラマまとめ

Copyright© 洋楽・映画・英語学習ブログ , 2021 All Rights Reserved.