音楽・映画・英語学習を中心とした30代・40代向け情報発信ブログ

GONTARO BLOG

【第2回】無料ブログと有料ブログの違いについて

2020年9月10日

前回はブログを作って収益化する方法についての概要を述べました。

今回はその続きである「無料ブログと有料ブログの違い」についてです。

収益を発生させるための重要なプラットフォームであるブログの深堀をしていきましょう。


企業ブログ:無料ブログと有料ブログの違いとは?

それぞれの違いを説明していきます。

無料ブログ

無料ブログとは、企業が運営しているブログサービスです。

利用者は無料で使える代わりに、企業の宣伝と収益化のために最初から広告が挟んである仕組みになっています。

テレビの民放番組が無料で見れるのと同じ仕組みですね(企業コマーシャルで番組制作費が賄われている)

無料ブログは広告を始めから企業アカウントで仕込んでいるので、たとえクリックされたとしても、その収益は企業のアカウントになります。

企業サイトへの誘導などもあり、無料でブログを利用している内は、読者がこうした広告や誘導サイトへ流れてしまう確率がけっこう高くなります。

無料ブログでも自分で取得したアフィリエイト広告を差し込めますが、どうしても読者が目に行く場所に運営サイドの広告を挟まれているので、そちらに流れる傾向がどうしても高くなるという感じですね。

つまり無料ブログでは、

・広告の配置

・広告のサイズ

がブログ運営会社に有利なように設定されているということです。

有料ブログ

月額(年額)料金を支払い、無料ブログからバージョンアップした形になります。

メリットは、

運営側の広告表示をゼロにできる

ことに尽きると思います。

これは大きいです。

代わりに自分の広告や商品を独占的に表示できるので、利益はまるまる自分のものになります。

企業ブログでお金を稼ごうとするならば、有料ブログ化は必須ですね。

あとは独自ドメインを設定できるのも強みです。

独自ドメインについてはこちらで詳しく書いています。


無料ブログと有料ブログのどちらがおすすめ?

断然「有料ブログ」です。

広告を自分でコントロールできるのですから、圧倒的に収益の機会が増えます。

私が稼げたのは「はてなブログ」でした。

ただこれはブログサービスの質の問題というよりも、記事の内容が世の中の需要に合っていたことが大きかったと思います。

「はてなブログ」には「はてなブックマーク」というソーシャルボタンがついているので、記事がユーザーに拡散されやすくなっていたのもポイントでしたね。

その分、規約が厳しくて、アダルト系の内容や情報商材の販売などはアカウント停止される危険もありますが。

別ブログで運営していたFC2ブログは、規約がかなり緩く(サーバーがアメリカにある)、他のブログサイトで書けないようなきわどい内容を投稿しているユーザーも多い印象でした。

会費もそこまで高くないので(月額料金が300円・年額3,000円少々)、コスパの良さでははてなブログを上回る感じでしたね。

どちらもドメインパワーが強く、SEO(グーグル検索で上位に掲載されるようにする施策)効果も高いので、あとはデザインとかの好みで選ぶと良いと思います。

ほかにも多くのブログサービスがありますが、ことアフィリエイトを行うならば、個人的にはfc2ブログとはてなブログがおすすめですね。

まとめ

今回述べた内容は、あくまで収益を発生させるためのブログの知識なので、趣味で運営していくだけであれば無料ブログでも全然問題ないと思います。

むしろ運営サービスのサブドメインが入っている方が検索上位に乗りやすいので、より多くの人に読まれる可能性も高いと思います。

一方で収益を生み出すために企業系のブログで運営するのであれば、今回述べたようなことに留意することが大事だと思いますね。

では今回はこのへんで。

次回は「ブログサービスとワードプレスの比較」について述べていきます。

【第3回】ワードプレスと無料ブログの比較レビュー

続きを見る

-ビジネス・お金

Copyright© GONTARO BLOG , 2021 All Rights Reserved.