映画英語 英語学習

【洋画で英語学習】「キングスマン」キレキレのスパイアクションで単語やフレーズをチェック!

投稿日:2018年10月31日 更新日:

スポンサーリンク


2015年のイギリス作品です。

スタイリッシュでキレキレのアクションが魅力のスパイ映画。

私も劇場に鑑賞にいきましたが、予告編でみた以上の衝撃を映像から感じることができました。

【キングスマン】キレキレのアクションと英国風ジョークが最高!

今回はそんな英国紳士のアクション映画から、日常英会話で使えそうな表現や単語をピックアップしていきたいと思います。

日常英会話で使いたい「キングスマン」英語

【halfway through】

半分で、途中で、の意味。

映画ではyou were halfway through trainingとなっていて「君は訓練の途中だった」と訳されていました。

主人公のエグジーがエージェントに引き抜きに来たハリーに言われたセリフで、以前、海兵隊に所属していながらも、途中で訓練を止めて除隊したことを指しています。

良い意味でも、悪い意味でも使われそうなフレーズです。

You are still half through studying

君はまだ勉強の途中だ

He quit the job even he was half through working time

まだ就業時間中にも関わらず、彼は仕事を辞めた

I'm half through eating the lunch

まだ昼食の途中だよ

【silver spoon】

裕福な環境、金持ち、恵まれた家柄、などの意味になります。

映画では、労働者階級の主人公エグジーが恵まれた階級に生まれた(ように見える)ハリーを指して言った言葉になります。

「俺もあんたみたいに裕福な環境に生まれていたら、なんでも出来たさ」

もちろんハリーは、そんな甘ったれた考えはすぐに否定しましたが・・・

I envy you were born with a silver spoon in your mouth

裕福な環境に生まれた君がうらやましいよ

He grow up with a silver spoon in his mouth

彼は恵まれた家で育った

【teach you a lesson】

教える、教訓を与える、の意味です。

tellなどの「伝える」「言う」よりも、知識や経験のある人が、そうでない人に「教える」というニュアンスのほか、「叩き込む」的な乱暴な意味もあります。

映画では、ならず者の集団にハリーがエージェント仕込みの戦闘術で「人としてのマナーを教えてやる」というシーンで使われます。

I'm gonna teach you a lesson about what life is all about

人生ってのがどんなものか、俺がたっぷり教えてやるぜ

They teach him a good lesson 

彼らは彼に良いしつけをした

4 years experience teach me bitter leassons

4年間の経験は私に艱難辛苦を与えた

【get~back on track】

正しい方向に戻る、軌道に乗る、本題に戻る、などの意味です。

映画では、悪役のバレンタインがスカンジナビア(スウェーデンのある半島)地域で人気のある王女を誘拐して、自身の計画に賛同するように迫った時のセリフの一部になります。

映画やドラマでも比較的に良く見かけるフレーズの一つですね。

I try to get my health condition right back on track

健康状態を良い方向に戻すように頑張っている

He is getting the relationship with his girlfriend back on track

彼は彼女との関係を修復しようとしている

The country gets their economy situation back on track

国は経済の建て直しに成功している

【whether ~or not】

~するかどうか、という意味です。

映画では悪役のバレンタインが、自身の計画に賛同するかどうかをスカンジナビアの首相に迫るシーンで使われていました。

このフレーズも英会話では結構使われる印象がありますね。

You have to decide whether you're on or not

乗るか乗らないか決めなければならない

I don't care whether they choose it or not

彼らがそれを選ぶか選ばないかなんて、私には関係のないことだ

She loves him whether he takes her love or not

告白が上手くいってもいかなくても、彼女は彼を愛してる

【I'll give you more than~】

~以上のものをあげる、という意味です。

映画では、監禁されていたスカンジナビアの王女が、自分を助けに来た主人公のエグジーに言った有名なセリフ「助けてくれたら、キス以上のものをあげる」の一部です。

この願いが実現した時に王女のお尻がアップで映し出されたシーンに世界中の王女ファンがどよめきました笑

I'll raise your salary more than you've imagined

君が思っている以上の額の給料を上げよう

He told me about her more than just a rumor

彼女に関することで噂以上のことを彼が私に教えてくれた

She gave me more than just a love

彼女は愛以上のものを与えてくれた

スポンサーリンク

まとめ

キレッキレのスパイアクションとともに、名セリフもたくさん登場した映画「キングスマン」。

スタイリッシュな映像も格好よく、何度となく作品を見返した人も多いと思います。

英語としては、イギリス人特有の物言いとフレーズが新鮮でしたが、ハリウッド流の舌巻英語に慣れた自分としては正直、聞き取りにくいところも多々ありましたね。

階級社会を風刺するような描写と英語表現もたくさんあって、普段よく見ているアメリカ映画とは違う文化的な香りが、なんともいえず心地よかったと思います。

そんなキングスマンのイギリス英語は発音でこそ味わってほしいのですが、セリフでもいくつか出てきているので、興味がある方は一度作品のほうを字幕付きでじっくり見てみるのも良いかも。

社会人になって英語から離れてしまったという人には、リクルートが提供するスタディサプリという英語学習ツールがおすすめです。

スマホで自分の好きな時に勉強が進められるのが忙しい人にすごく向いていて、3分ほどでも手軽に英語を学べるので毎日できて、上達も早くなります。

ドラマ形式のレッスンもあるので楽しく進められるのも長続きできる秘訣ですね。

手軽に楽しく英語に触れて、気が付けば映画英語やドラマ英語が聞き取れる日も夢ではないですよ。

スタディサプリ ENGLISH

人気カテゴリ洋楽・映画・ファッションまとめランキング

おすすめ洋楽・洋画で英語学習カテゴリ

外部記事低糖質の豆乳・糖質制限メニュー3選


スポンサーリンク

-映画英語, 英語学習

Copyright© 洋楽&映画メモランダム , 2019 All Rights Reserved.