音楽・映画レビュー・英語学習・デジタル情報

イジ―ルの洋楽・映画・英語学習ブログ

ビル・エヴァンス「Walz for Debby」は累計100万枚セールスの最強ジャズアルバム!!

2015年12月9日

ジャズといえば、マイルス・デイビスをまず先に思い浮かべるジャズリスナーの方も多いと思うけど、実はビル・エヴァンスのほうが人気があったという驚きのセールス結果。

ユニバーサルミュージックが2014年10月から「期間限定」で発売している『ジャズの100枚。』シリーズのトータル・セールス(出荷枚数)が100万枚の大台を突破。その中での最高の売り上げが、圧倒的な強さでビル・エヴァンス「ワルツ・フォー・デビイ」だったことが発表された。(BARKSより)

エヴァンスが特に日本で人気のある理由は、おそらく日本人独特の繊細さや抒情的なところの好む国民性も関係していると思う。

加えてエヴァンズの愁いを含んだ、都会的でダンディなルックスも人気が出る要因なのだろう。

ビル・エヴァンスは以前にこのブログでも取り上げていて、そのときに触れた「美しく穏やか」なピアノの調べは今でも好きだし、これからもきっと変わらないと思う。

仕事でストレスがたまったときや、プライベートで悩みや心配事が重なったとき、彼の曲を聴くと本当に心から休まる気がする。

最も売れたジャズアルバムということは、それだけ多くの人の心や感性に響いたということ。

皆と同じくエヴァンスの楽曲に心震わされた一人として、これからも長く愛され続けてほしいと思う。

音楽カテゴリ

続きを見る

スポンサーリンク


-ジャズ

Copyright© イジ―ルの洋楽・映画・英語学習ブログ , 2020 All Rights Reserved.