ポップス 音楽

日本のCMでもお馴染みのキュリオシティ・キルド・ザ・キャット「ミスフィット」とその後(Curiosity killed the cat)

投稿日:2012年3月4日 更新日:

スポンサーリンク


1986年にヒットシングル「ミスフィット」で世界的に有名になった白人ファンキーグループ。

f:id:chocomale:20160424160254j:image

日本語読みで「好奇心は猫をも殺す」

これ、諺にもありますね。

「余計なことに首を突っ込むと痛い目にあう」

的な意味で。

今回はそんな「ことわざ」をバンド名にした、懐かしのグループを取り上げていきます。

キュリオシティ・キルド・ザ・キャットとは?

バンドの顔であるボーカルの名前がBen Volpeliere-Pierrotというのだけど、これも日本語読みだと「ベン・ボルペリエ・ピロット」というらしいです。。

響きがミネラルウォーターのボルビックに似てるので、ご先祖は多分フランス系だと思われます。(多分)

曲が売れ始めた当時、日本でもマクセルだかビクターだかのカセットテープのCMに「misfit」が使われていましたっけ。

カセットテープというのが、なにか時代を感じさせるのですけど、洋楽を聴き始めてしばらくすると、ダブルカセットラジカセ(!)が出始めたこともあったので、なんだかmisfitつながりで色々なことを懐かしく思い出してしまいました。

さてこのプロモビデオですが、著名な芸術家アンディ・ウォーホールが出演していたと知り(途中で大きな鏡を持った人物)、しばらくたってから少々驚きました。当時の僕は彼のことなどぜんぜん知らなかったし、今でもそんなに詳しいわけでもないので、まさに「へえ」的な感想しか持ち合わせなかったわけで。

ビデオを見たときも「なんだ、この怪しいおっさんは?」ぐらいにしか思わなかったっけ。

f:id:chocomale:20160424161724j:image

心地よい音楽とバンドメンバーのダンサブルな動きを楽しんでいるときに、急に流れを断ち切るように出てきたおっさん(アンディ)を見て、スタッフがいたずらで、そのへんを歩いてた人を出演させたくらいにしか思わなかったのはご愛嬌w

肝心のバンドのほうはその後も活動していたようだが、90年代に入って減速。

バンドは解散したようですが、ボーカルのベンは現在も活動中だそうです。

スポンサーリンク

まとめ&追記(2016年4月現在)

その後の情報がちろっと入ってきたので、軽くご紹介を。

2015年にインタビューを受けているようです。

以下が写真とそのリンク先。

1965年生まれなので、2016年の現在は50歳ですかね。

あまり変わってません。

基本的に童顔なのだろうな。

バンド解散してからもずっと音楽業界で頑張ってるよう。

今はクラブミュージックとかに精を出している感じですかね。

f:id:chocomale:20160424160256j:image

by virtuososounds.com

2011年のBMIロンドンアワーズでの写真。かつてのメンバーがそろってます。(両端は違いますぞ!アワーズの主催者か重役だ!)

f:id:chocomale:20160424160255j:image

by bmi.com

BMIはBROADCAST MUSC INC.の略。

よく分からないけど(笑)、とにかく音楽業界の受賞式かなにかなんでしょう。

とにかく皆さん元気そうです。(もう一人のメンバーはどうしたのだろう?)

I saw (or listened) them on aired Japanese TV commercial (cassette tape) in 1986. "Misfit" video contained band menbers and famous " Andy Warhol".

人気カテゴリ洋楽・映画・ファッションまとめランキング

おすすめ洋楽・洋画で英語学習カテゴリ

外部記事低糖質の豆乳・糖質制限メニュー3選


スポンサーリンク

-ポップス, 音楽

Copyright© 洋楽&映画メモランダム , 2019 All Rights Reserved.