映画や音楽、関連グッズのレビューブログ

洋楽&映画メモランダム

【シンプリーレッド】ヒット曲「イフ・ユー・ドント・ミー・バイ・ナウ」から最新作「ブルーアイド・ソウル」まで(Simply Red)

2012年2月9日

f:id:chocomale:20160417052421j:image

1989年「ニューフレイム」からの大ヒッシングルカット。

ボーカルのミックのソロ・プロジェクトという呼び名が高かったシンプリー・レッドだが、実際にメンバーチェンジを幾度も繰り返し、解散する2010年には、バンドで残っているオリジナルメンバーはボーカルのミックのみという形だった。


ブルーアイドソウルな声をもつアーティスト

私が覚えてるのも彼の歌う姿だけであり、ほかのメンバーなど記憶の片隅に残ったことなどない。

まあ聞いてたのが当時MTVで「if you don't me by now」がバンバン流れてた89年当時なのだから、よほどバンドのファンでないといちいち覚えてないのも事実。

だってビデオでは、ほとんどボーカルしか映ってないのだから。

さてこの曲だが、ハロルド・メルヴィンのカバーで、オリジナルは1972年。

メローでハートウォーミングな曲調が特徴的で、それをカバーで歌うミックの独特の声と風貌とが相まり、原曲のスローなナンバーにソウリーな味付けが加わったという。

関係ない話だが、ウィキで調べるうちにバンドの度重なるメンバーチェンジの中で「屋敷豪太、鈴木賢司」なる日本人がいるのに驚いた。スタジオミュージシャンてことかな?

でもメンバー編成に入ってるのだから、レコーディングはもちろんのこと、ツアーやプロモーションなども参加してるのだろう。

やるな日本人。

そう思うと、今日のビデオのミックが一瞬だけど、葉加瀬太郎に見えてしまう自分に驚きました。

まとめ

ちなみに現在のミック(Mick Hucknall)は、こんな感じ。

f:id:chocomale:20160624212540j:image

1960年生まれということで、現在56歳ですが・・・しかしこの老けぶりは一瞬、70歳くらいに見えましたよ!というか、ロードオブザリングのフロドのおじさん役にそっくりじゃないか!!

1960年というと、日本が誇るロックボーカリスト、氷室京介さんが生まれた年でもあるのですが、見た目の老け加減はヒムロックとはえらい違いだ・・・

アジア人は白人より若く見えるというのはあるのかな?(関係ないネタですいません)

そんなミックは現在も音楽活動を続けているようで、2012年にはカバーアルバムをリリースした模様。

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン

自身の好きな曲をカバーしたアルバムのようで、彼の嗜好をより深く味わえる作品になっているのではと思います。

This tune must be the milestone for the band's long-lasting activities.Is anyone there like me to think mick is so similar to both the drum player of def lepard and axl rose of guns'n roses?

追記その1「元メンバー情報」(2015年11月)

文中に出てきた、シンプリーレッド時代のバンドメンバーの一人である屋敷豪太さんは、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」のテーマソング「progress」を演奏する期間限定バンド「コクア」のメンバーでもあるようですね。

昨日見たスガシカオ特集で初めて知りました^^(2015年11月2日)

プロフェッショナル 仕事の流儀

追記その2「新譜情報」(2019年11月)

先日タワーレコードに立ち寄ったら、シンプリーレッドの新譜が出ているのを見て驚きました。

まだ活動してたんだなと。

てっきり解散もしくは休止中だと思っていましたからね。

試聴できたので聞いてみると、これがなかなかのもの。

ジェームス・ブラウンばりのソウルフルな曲が満載で、それでいて落ち着いて聞いていられるという「大人のアルバム」仕様。

これは久しぶりに買おうかと思った作品ですね。

シンプリ―・レッド復活に乾杯です。

スポンサーリンク




-ポップス, 音楽

Copyright© 洋楽&映画メモランダム , 2019 All Rights Reserved.