洋楽・映画好きのレビューブログ

洋楽や映画のレビューを中心にファッション、雑貨、英語関連の情報を取り上げていきます

【ウォレント】熱いバラードがヘブンを越えるか?「アイ・ソウ・レッド」 (I Saw Red / Warrant)

スポンサーリンク




 

前回に紹介した「ヘブン」も秀逸なバラードだったが、今日のこれも負けず劣らず名曲だ。 

ウォレントはその派手な見た目から、実力のほうは「?」の印象を受けやすいバンドだったのだが、ファーストとセカンドを聞く限りは、結構イイ感じの楽曲を作る良質なHRバンドだったと思う。

実際に1,2アルバムはそれぞれ200万枚、300万枚の計500万枚を売り上げているから、時代の流れに乗ったとはいえ、やっぱりそれなりに出るべくして出てきたバンドなのだろう。

それにしてもこのバンドのバラードは歌詞が耳に残りやすい。たとえば前出の「ヘブン」では、


No matter what your friends might say (たとえ君の友達がどう言おうとも)


の箇所を今でも口ずさめるし、「I saw red」では、


I saw red, when I open up door(~を見たよ。ドアを開けたときに)


の部分が印象的。

特に後半のwhen I~のところが良い。

伸びる感じで。

いわゆる「ライム」が韻を踏んでいるだろうかな?

よく分からないけど・・・・・・

パフォーマンスが悪いという理由でクビになったと聞くが、ジェイニーレインの声と作曲の才能は本当に素晴らしいと思うので、ぜひもう一度、復帰して欲しいと思う。

 

youtu.be 

This tune is far better than "heaven" as their ballad tune. Jani Lane should come back to the band, showing a talented songwritting and live performance as he used to be.