洋楽・映画・グッズ・デジタル・読書レビュー

洋楽&映画メモランダム

【ガンズ・アンド・ローゼズ】アクセル・ローズが襲われそうになった件 (Axl rose's almost raped...but actually not)

2011年8月23日

前回の爽やかなデビー・ギブソン記事から一転して、めちゃ濃い~内容のタイトル記事である。 ガンズアンドローゼズのアクセル・ローズがもう少しで襲われそうになったときのお話。

それも若かりしとき、アクセルがまだ17歳だったときのこと。

故郷インディアナから出てきたばかりのアクセルは、友人イジーのいるLAにたどり着くため、ヒッチハイクの旅を続けていた。セントルイスでアクセルを乗せてくれた男の勧めで、その夜ホテルに同泊することになる。

「目を覚ましたら驚いたね。そいつは俺を襲おうとしてたんだ」

驚いたアクセルはナイフを振り上げて男に叫んだ。

「俺に近づくんじゃねえ!」

そのまま部屋を飛び出したアクセル。真夜中のセントルイスは暗く、孤独だった・・・・

「そして俺は再びヒッチハイクし始めたんだ・・・・

セントルイスというジャングルでさ

ここからガンズの「Welcome to the Jungle」の演奏が始まるのだが、イントロのギターをギターを弾くスラッシュが酔っ払っていて、まともにリフを弾けないドランクモンキー状態。

それでもバンドは曲を続けるのだけど、いやあ、さすがに客が怒ってスラッシュに座布団(アメリカにはないか!)か何かを投げつけてましたね。というか、アクセルがこんな身の上話を始めるきっかけとなったのも、バンドメンバー(ほとんどスラッシュのことか?)が飲んでて、なかなかステージに出てこなかったからなのだ。

冒頭のMCでアクセルは「俺はスタンドアップコメディーするために、ここにいるんじゃないぜ」と、バックステージに向かって皮肉言ってたのが笑えたけど。 古き良きガンズ時代のひとコマでした。

*このときのライブ動画はこちらで。そのほかのアクセルの身の上話は、MICK WALL著「W.AXL.ROSE」に詳しく載っているので、よければそちらを読んで下さいな。

ジャングルへようこそ!

During the show, slash coming late for his drunken' and Axl gave speach to audience and turned to back stage and said " I'm not here being stand-up comedian" ,then slash replied" All right! all right!" This part is really funny.

>Amazonミュージック・アンリミテッド【無料体験】

ガンズ・アンド・ローゼズの楽曲ランキングベスト10!(GunsN' Roses Best songs)

続きを見る

胸を熱くさせる!80年代洋楽ハードロック・ベスト10ランキング!(80's HR best)

続きを見る

音楽なしでは生きられない!洋楽好きに捧げる音楽ストリーミングサービス4選(music streaming best4)

続きを見る

子供から高齢者まで楽しめるアマゾンデバイス16選【比較まとめ】(Amazon device summary)

続きを見る

-ガンズ・アンド・ローゼズ

Copyright© 洋楽&映画メモランダム , 2020 All Rights Reserved.