音楽・映画レビュー・英語学習・デジタル情報

イジ―ルの洋楽・映画・英語学習ブログ

【ザ・ローリング・ストーンズ】様々な憶測を呼んだ 「悪魔を憐れむ歌」

2011年2月14日

1968年発表のアルバム『ベガーズ・バンケット』からの一曲。

後に多くのアーティストからカバーされ続けることになるこの曲は、発表当時から色々と物議を醸した。

イエス・キリストの処刑から始まり、ケネディ暗殺にいたるまでの様々な歴史的悲劇を、アフリカの民族ドラムとともに謳い上げるミック・ジャガー。

その楽曲設定は「悪魔」らしきものが戦争や悲劇を自らがもたらしたのだというもので、自らを何者かに仕立て上げて世界観を作り上げるという意味では、デビッドボウイのジギー・スターダストを彷彿とさせる。

やがてバンドはこの歌の内容とライブでの過激なパフォーマンスとともに、「悪魔崇拝者」「反体制」などという悪名を背負うことになる。

そして1969年7月2日。

それまでのバンドのリーダーだった、ブライアン・ジョーンズがバンドを脱退後、謎の水死を遂げてしまう・・・

さらに続く1969年12月6日、オルタモント・スピードウェイで行われたフリーコンサートで観客の青年がナイフで殺害される、いわゆる「オルタモントの悲劇」が起こったのだった。

このときに演奏されていた曲が「悪魔を憐れむ歌」だったという噂が流れて、ますますこの曲の悪魔性が伝説と化していくのだけれども、実際には別の歌の演奏の時に事件は起きたのだった。

しかしバンドはこの事件をきっかけに、この曲の演奏を一切やめてしまうことになるのである・・・・

その後、紆余曲折を経て、再びプレイリストにのることになるのだが、後にガンズアンドローゼズがこの曲をカバーしたことがきっかけで、バンド崩壊にむかうということを考えると、やはりなにやら因縁めいたものを楽曲に感じずにはいられない。(「悪魔を憐れむ歌」より)

曲自体は原始のリズムが効いていて個人的にはとても好きだ。

ときどき入る「フー、フー」というコーラスも何やら夜のサバンナという感じがして、すごく雰囲気があって耳に馴染むのだ。

ローリング・ストーンズの楽曲おすすめベスト10!

続きを見る

【ガンズ・アンド・ローゼズ】バンド分解のきっかけ?「悪魔を憐れむ歌」

続きを見る

スポンサーリンク


-ロック

Copyright© イジ―ルの洋楽・映画・英語学習ブログ , 2020 All Rights Reserved.