80年代洋楽好きの音楽・映画・英語学習レビュー

洋楽・映画・英語学習ブログ

ガンズ・アンド・ローゼズ ロック・ファンク

アクセルを超える相棒となり得るか?マイルス・ケネディの「スターライト」

2010年9月8日

2010年にリリースされたスラッシュのファーストソロアルバム「Slash」からの一曲。

このファーストソロアルバムには様々なロックミュージシャンンが参加していて、スラッシュのロック界での顔の広さを思い知らせてくれる。

中でもマルーン5のアダム・レビーンやオジー・オズボーン、モーターヘッドのレミーなどの大御所もボーカルを担当していて、まさにロックの殿堂といった感じである。

【スラッシュ】マルーン5、モーターヘッドの「ゴットン、ドクターアリバイ」

日本人でもビーズの稲葉浩志がボーナストラックに参加していて、これはなかなか聴かせてくれるのだ。

今日の曲「スターライト」は、アルター・ブリッジというメタルバンドのボーカルをしているマイルス・ケネディがスラッシュのお相手で、これがかなりのハイオクターブなロックボイスの持ち主だ。

マイルスは1969年生まれのミュージシャンで、プロになる前はギターのインストラクターをやっていたほどギターの腕前の持ち主。スタジオセッション・ミュージシャンとしての顔も持っているほどの実力派。

最大の特徴が4オクターブの声量で、最初に聞いたときに「えっ?これってアクセル?」と聞き間違えてしまったほど、ハイトーンな声域を持っていて、この声にほれ込んだのか、スラッシュもアルバムで唯一複数の曲をセッションしている(2曲)。

ファーストアルバムをリリースした後に、スラッシュはマイルスと組んで2枚目のソロアルバム「Apocalyptic Love」を発表。

メンバーもマイルスと他のミュージシャンを加え、バンド名はSlash featuring Myles Kennedy and The Conspiratorsとなった。(なっ、長すぎる!)

この記事を再編集している2014年5月時点では、3枚目のソロアルバムを制作中とのこと。

旧ガンズメンバーと組んだベルベット・リボルバーもボーカルのスコットが抜けてしまって以来、活動休止中だし、久々にかつての相棒アクセルを彷彿とさせる希有なボーカリストを発見できて(しかもスコットより従順だ!)、しばらくはこのバンドにご執心となるに違いない!

【ガンズ・アンド・ローゼズ】おすすめ楽曲ランキング10選

続きを見る

【スラッシュ大阪公演レポ】最高のパフォーマンスに感動!

続きを見る

【2022】ガンズアンドローゼズ来日公演が決定!あの5年前の熱気が再び!

続きを見る

【ガンズ・アンド・ローゼズ来日公演レポート】京セラドーム大阪に行ってきた!

続きを見る


U-NEXT



-ガンズ・アンド・ローゼズ, ロック・ファンク

Copyright© 洋楽・映画・英語学習ブログ , 2022 All Rights Reserved.